国内

【卵子凍結の希望と落とし穴】指原莉乃、バービー、福田麻貴らが公表 キャリアアップの支えになる一方、身体的・金銭的な負担も

(写真/PIXTA)

指原莉乃ら卵子凍結を公表している芸能人も(写真/PIXTA)

「いまはもっと仕事がしたい」「子供のことは仕事が落ち着いてから考えたい」──そんな女性のライフ・キャリアプランを支え、出産の可能性を広げる「卵子凍結」がいま注目されている。しかし、それは本当に新時代を生きる女性にとって“希望の光”なのだろうか──。

 出産とキャリアの両立に悩む女性を、県を挙げて応援したい──。1月末、山梨県が健康な女性を対象に、卵子凍結費用の一部を助成する方針を固めた。昨年末には東京都でも、小池百合子都知事自ら全国の自治体初の試みとして同様の助成事業を公表。想定の5倍以上となる約1650人の申請があったと話題になった。

 出産ジャーナリストの河合蘭さんが言う。

「以前から、病気の治療などで妊娠しにくくなる女性を対象に卵子凍結は行われていましたが、健康な女性が将来に備える『ノンメディカルな卵子凍結』については、否定する論調が強かった。しかし、不妊治療の大変さが知られ、東京都の助成制度が開始されたり著名人の公言も出始めたことから、少しずつ社会が容認するようになっています」

 とりわけ多くの人が注目するきっかけになったのは昨年11月、タレントの指原莉乃がX(旧ツイッター)に行った投稿だ。

《31歳になりました 今年も今のところ結婚願望なし、卵子凍結済みで生活してます》という元アイドルによる突然の“表明”が大きな話題を呼んだのだ。

 働く女性の増加につれ“子供をいつ産むか”はいまや一大テーマになっており、「子供はほしいけど、キャリアも大事にしたい」と考える働きざかりの女性は、「仕事を諦めて産む」か「産まない」の2択を迫られる。近年では医学の進歩もあり40才以上のいわゆる“高齢出産”も珍しくなくなった。そして、未受精卵を保存できる「卵子凍結」により、新たな選択肢が広がりつつある。

若いときに採取すれば精神的な安心に

SNSで卵子凍結を公表

SNSで卵子凍結を公表

 極めて不規則な生活と激務を強いられる芸能界において、卵子凍結を公表したのは指原だけではない。お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー(40才)や、お笑いトリオ「3時のヒロイン」の福田麻貴(35才)は「なるべく若い卵子を使った方が妊娠の可能性が高くなるから一応保険として、しておこうと思って」「(保存したことにより)逆にいま、仕事がんばろうって気持ちになった」と理由とともに卵子凍結を行ったことを表明した。

 スポーツ界では、スノーボードの竹内智香選手(40才)が卵子凍結し、北京五輪に挑んだ。

 女性の働き方や役割が多様化し、晩婚化が進む現代において、河合さんは「出産のタイムリミットがある女性にとって、選択肢が増えたのはいいこと」だと指摘する。

「卵子は年齢とともに老化し、個数も減っていく故に、30代後半を過ぎると妊娠のハードルは高くなります。そのため“子供を産みたいけれどキャリアは大事だし、パートナーも見つけないといけない”と焦っている女性が多くいるのが現実であり、彼女たちにとって福音と言えるでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト