芸能

《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出

人気が続く千鳥

フジテレビでの起用が続く千鳥

 春の番組改編期に向けて新番組が続々と発表されているが、テレビ業界で注目が集まったのは8年ぶりに復活するフジテレビの『すぽると』。「キャプテン」として千鳥が起用されたのだ。これまでも千鳥を多くの番組で出演させきたフジテレビ。さらに起用が進む背景とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 フジテレビが8年ぶりにスポーツ番組『すぽると』を復活させ、新たに千鳥が「キャプテン」という肩書きで出演することを発表しました。

 千鳥の2人は高校時代、大悟さんが野球部、ノブさんがサッカー部に所属していたものの、これまではスポーツ番組の印象が薄く、実際に「レギュラー出演は初めて」という意外なキャスティング。ただ大谷翔平選手らの世界的な活躍に加えて、今夏にパリ五輪が開催されることも含め、期待の大きさがうかがえます。

 注目すべきは、「2月9日から同じフジテレビの『酒のツマミになる話』MCに大悟さんが就任したばかり」というタイミングであること。松本人志さんの活動休止に伴う対応ですが、大物の代役となるポジションに起用されたところに評価の高さがうかがえます。

 フジテレビはその他でも千鳥が出演するレギュラー番組を3つ放送。しかもその『千鳥のクセスゴ!』『千鳥の鬼レンチャン』『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(カンテレ制作)は、いずれも冠番組である上にゴールデン・プライム帯で放送されています。さらに、『千鳥のクセスゴ!』『千鳥の鬼レンチャン』の2番組は、休日で視聴者の多い日曜夜の放送であり、“局の看板タレント”という位置付けがわかるでしょう。

 ちなみに民放他局のレギュラー番組を見ていくと、『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)、『ぴったり にちようチャップリン』(テレビ東京系)、『相席食堂』(ABC)、『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)、『千鳥かまいたちアワー』(日本テレビ系)は、すべて深夜帯の放送であり、フジテレビの起用が突出している様子がうかがえます。

 さらに、千鳥は昨夏も4年ぶりに復活した『FNS27時間テレビ』の総合司会に起用されたほか、大型お笑い特番の『お笑いオムニバスGP』や『THE MANZAIマスターズ』にも出演しました。なぜフジテレビだけこれほど千鳥を重用しているのでしょうか。

テレ朝と日テレは深夜帯のみで放送

 まずフジテレビ系列における出演番組の開始時期をあげていくと、それぞれレギュラー放送は『千鳥のクセスゴ!』が2020年10月、『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』が2021年4月、『千鳥の鬼レンチャン』が2022年5月にスタート。

さらに2023年も7月に『FNS27時間テレビ』の総合司会を務め、2024年も2月9日に『酒のツマミになる話』のメインMC就任、3月31日に『すぽると!』のキャプテン就任と、2020年代は毎年新たな起用があることに気づかされます。

 これはフジテレビが「2020年代に入って千鳥をバラエティの軸に据えて勝負している」ということ。その背景には2020年春の視聴率調査リニューアルがありました。これによって「番組制作はスポンサー受けのいいコア層(13~49歳)の個人視聴率重視」という方針に変わり、スポンサー営業する上で千鳥がそのシンボルになっていったのでしょう。

 一方で対照的なのがテレビ朝日。2019年4月に月曜深夜帯でスタートした冠番組『テレビ千鳥』を2020年10月に日曜プライム帯の22時25分に移動したものの、わずか1年半後の2022年3月に木曜深夜帯へ再移動しました。番組内容と放送時間帯の相性があるとは言え、テレビ朝日は他のレギュラー番組も含めて千鳥をゴールデン・プライム帯で起用していません。

 また、日本テレビは2021年1月に『千鳥かまいたちアワー』(初期の番組名は『千鳥vsかまいたち』)を日曜昼の時間帯でスタートさせ、同年10月に土曜深夜帯へ移動して現在まで放送を続けています。

同番組は“千鳥とかまいたちの共演”を前面に押し出したコンセプトであり、これはフジテレビ『千鳥の鬼レンチャン』と同じ図式。しかし、フジテレビは日曜ゴールデン帯を選び、日本テレビは土曜深夜帯での放送を続けているところに、千鳥に対する位置付けの違いを感じさせられます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン