芸能

《ブラタモリ終了》『いいとも!』共演歴の長い勝俣州和が明かす、タモリの“引き際の美学” 「人生の流れに逆らうことをしない人」

『いいとも!』レギュラーとして10年以上、タモリと共演したタレントの勝俣州和

『いいとも!』レギュラーとして10年以上、タモリと共演したタレントの勝俣州和

 昨年春に終了した『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)に続き、NHK『ブラタモリ』の終了が発表された。タモリ(78)をテレビで見る機会は大きく減る。何気ないタモリの一言に、「生きるのが楽になった」という共演者は少なくない。その言葉は、とかく生きづらい今の時代にこそ、求められているのかもしれない。【前後編の後編。前編から読む

「どの番組の視聴者もおれを見たいわけじゃない」

 タモリの元付き人で、お笑い芸人の岩井ジョニ男(49)は、芸風についてのこんな言葉を聞いたという。

〈おれは自分の才能で番組をやっているわけじゃないんだ。『いいとも』だったら、今旬のお笑い芸人やタレントが出ている。『タモリ倶楽部』だったら、旬の文化人、『ミュージックステーション』なら人気のアーティスト。どの番組の視聴者もおれを見たいわけじゃない。だから長く続くんだ〉(「女性セブン」2014年4月10日号)

 ビートたけしや明石家さんまとの違いをタモリ自らが述べた言葉だが、タモリには別の凄みがある。『笑っていいとも!』(フジテレビ系)での共演経験が長いタレントの勝俣州和(58)が続ける。

「ゲストと2人だけのトークで沈黙が流れても、決して慌てないのがタモリさんの凄いところです。逆にその沈黙を楽しんでいるところがあって、ゲストが焦って発した一言を拾って、たちまち笑いに持っていってしまう。合気道で“気”を動かすみたいなものですよ」

 こうしたタモリ節は、博覧強記ともいえる「知識量」に裏打ちされているのだろう。知識といっても、趣味の坂や地質構造のほか、「アルミホイルの表がツルツル、裏がザラザラはなぜ?」といった雑学にまで及んでいるからすさまじい。

『タモリ学』の著書があるライター・てれびのスキマ氏によると、タモリはこうも語っている。

〈我々のテレビ番組に対してもすぐ『低俗だ』『バカバカしい』『下品だ』と決めつけるのは、知識のない証拠〉〈どんなものでも面白がり、どんなものでも楽しめる、これには知性が絶対必要〉

関連記事

トピックス

松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
里崎智也氏が「みられるための戦略」を語り尽くす(撮影/田中智久)
【野球YouTube動画総再生回数No.1】里崎智也が明かす“みられるための戦略”「テレビで言えないけど、話したいことが山のようにあった」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン