スポーツ

【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法

「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)

「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)

 前人未到のプロ通算113勝を誇るジャンボ尾崎(77)。1月に喜寿を迎え、今はどんな景色が見えているのか──。【前後編の前編】

 男子ゴルフ界のレジェンドは愛弟子たちへの思いを問われると、「孫みたいなもんだからね」と前置きしてこう続けた。

「みんな一生懸命だから、見ていて楽しい。オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」

“令和のジャンボ軍団”には、女子のトッププロである原英莉花(25)や2018年に開設された「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生である西郷真央(22)らが名を連ねる。アカデミーの門下生たちは、285ヤードのドライビングレンジ、パッティンググリーン、練習用バンカー、食堂・簡易宿泊施設付きクラブハウスに加え、18ホールのショートコースまで備える千葉市内の「ジャンボ軍団専用練習場」で指導を受ける。

 アカデミー生には、ジャンボのプレーを直接見た経験がない世代も増えているが、ジャンボが育てた教え子が、次世代の憧れになっている。

 2月4日に開催された7期生のセレクションには、書類選考を経た中学3年生から高校3年生までの19人が参加した。テストの参加資格は〈ハンデ5以下〉〈プロゴルファーを目指している〉という競技面に加え、ジャンボ軍団らしく〈ゴルファーらしくきちんと挨拶や礼儀が身についている者〉という条件も付く。

「毎年レベルが下がっている。今は男女ともにパワーの時代。男は300ヤードを打たないとダメ。女子もランを入れて250は欲しい。それだけ打てる子は2~3人かな」

 飛距離にこだわり続けた自身のプレーに重ねているようにも聞こえた。ジャンボが続ける。

「目標というのは超えられるし、超えなくちゃいけない。どう超えるか自分で考えないと」

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン