芸能

鈴木おさむ氏の“SMAP小説”で描かれなかった、木村拓哉と中居正広の衝突と距離感

木村拓哉と中居正広の仲は

木村拓哉と中居正広の仲は

 3月で放送作家を引退した鈴木おさむ氏(51才)がSMAPをモチーフにした小説『もう明日が待っている』(文藝春秋)を上梓。あくまで小説という体裁で、SMAPというグループ名も登場しないが、登場人物は「リーダー」「タクヤ」「ゴロウチャン」「ツヨシ」「シンゴ」と、聞けば顔が浮かぶような名ばかりである。しかし、描かれなかった“タブー”があるという。【前後編の後編。前編を読む

3月29日に木村は来なかった

《あなたに、今日、一つ、公開オファーをさせて頂きます》

 鈴木氏は3月1日配信の「AERA dot.」の連載コラムで、木村拓哉(51才)に向かってこう呼びかけた。内容は、鈴木氏がパーソナリティーを務めるラジオ番組『JUMP UP MELODIES』(TOKYO FM)の3月29日放送回に、木村に出演してほしいというもの。

 木村は4月から始まるドラマの撮影があるので実現は難しいことを承知の上で、《あなたとお仕事をしてきた20年以上。常に1%の奇跡を信じて仕事をしてきました》、《午後2時台、空けています》と綴り、公開オファーに踏み切った。「1%の奇跡を信じる」は、過去に重要な場面で鈴木氏が見せた演出と重なる。

「2016年12月の『スマスマ』最終回では番組中に生放送のパートを作り、メンバーの登場を待ちました。このときの心境を、のちに鈴木さんは『SMAPと番組を作るときに面白いのは、1%の奇跡を信じること』と語りました。結局、最終回にメンバーは誰も来ませんでしたが、引退を控えた鈴木さんは『今度こそ1%の奇跡を信じたい』という一心で木村さんを待ったのでしょうね」(テレビ局関係者)

 小説で何度もタクヤに触れた鈴木氏。自身の引退を前に木村と直接話し、振り返り、お礼をしたいという気持ちがあったのだろう。だが3月29日に木村が番組に出ることはなかった。

 SMAPのありのままの姿を残そうとした鈴木氏だが、いくら小説とはいえ、さすがに書けない話もあったはずだ。解散以来、メンバー5人が顔を揃えることがないことと、同書にメンバーの関係が深く書かれていないことで、鈴木氏の“配慮”を察するSMAPファンは少なくない。中でも最大のタブーは同書でタクヤとリーダーと書かれた2人の関係だろう。

「木村さんが結婚した2000年頃から、アイドルとしての方向性をめぐって2人の関係はギクシャクしはじめ、中居(正広・51才)さんとの仲に悩み、木村さんが『スマスマ』の収録を休もうとしたこともあったそう。SMAP解散前後には関係性がさらに悪化。スマスマの最終回以降、2人は公の場で一緒になっていません。

 2023年4月に中居さんがMCを務める『まつもtoなかい』(フジテレビ系)に香取(慎吾・47才)さんがゲスト出演した際、2人はMCの松本人志さんを含めて木村さんの話で盛り上がったそうですが、中居さんの配慮で最終的にカットされました。まだテレビで彼のことを話すのは難しい、ということかもしれません。一筋縄でいかない2人の関係に第三者が口を挟むのは難しい状況です」(別の芸能関係者)

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト