芸能

爆笑問題が語る“ネット世論”との向き合い方 太田光「気にしないヤツはダメですよ。社会と繋がっているのが大衆芸能だから」

ネット上の世論も気にするという太田光

ネット上の世論も気にするという太田光

 テレビ、漫才、ラジオで時事問題に臆することなく斬り込んできた爆笑問題。時に炎上を経験しながらも、政治や社会問題を笑いに変えてきた太田光(58)と田中裕二(59)は、変わりゆく時代の中で、どのように出演番組と向き合っているのだろうか。聞き手は“テレビっ子”ライターのてれびのスキマ氏。【全3回の第3回。第1回から読む

 * * *
──時事問題も扱うバラエティ番組『サンデージャポン』(TBS系)は2001年に放送が開始しています。

太田:元々『サンジャポ』は、時事ネタにはコメントしないという話でMCを受けていたんだよね。当初は、くだらない話題が多い番組だった。でも『スタメン』と『太田総理』があって、徐々にニュースにどう思っているのかを言ってもらいたいというスタッフの要請があって、自分の意見も話すようになりました。

田中:常々感じますが『サンジャポ』は真面目な番組になってきていますよね。昔はバラエティが中心だったけど、今は自民党の裏金問題に圧倒的に食いついている。世の中の動きがそうだから、仕方ないですけど。

──太田さんの発言からは、世間で叩かれて窮地に立たされている人を救いたいスタンスを感じます。『サンジャポ』では時間が足りなくて誤解されがちですよね。

太田:まあでも誤解でもないんだよね。「信者を擁護している」って言われたけど、確かに擁護はしているんだよね。この問題に限らず、そこにしか居場所がない人、何かを信じなければ生きていけない人は一定数いる。彼らにある日突然「解散しろ」って言うのは理不尽じゃないのってこと。だからそれが果たして誤解かって言うと誤解でもないんだよね。切り取りとか時間の問題でもなくて、5分話して誤解されることを5時間話せば誤解されないかと言われればそうではないでしょう。真意のすべてが伝わるわけじゃない。

──田中さんも意見を言いたい時はありませんか。

田中:僕もたまに言いたくはなりますけど、下手なことを言っちゃうといろいろなところに迷惑がかかるから一切言わないです。

──田中さんが『サンジャポ』の進行で気をつけていることはありますか。

田中:デーブ・スペクターくらいですね(笑)。生放送なのにデーブさんが自由に話に入ってくるから、時間が足りなくてCM中にスタッフと話して調整するのが大変と言えば大変。

太田:デーブさんはああ見えて、ちゃんと構成考えて入ってくるけどね。実は流れを一番わかっている。

──放送後、SNSに視聴者からの意見や感想が数多く見られますが、ネット上の世論は気にされますか。

太田:もちろん気にしますよ。見てもろくなことはないっていうのはわかっているんだけど、気にしないほうが無理。漫才がウケたか気にするのと同じように、自分が出た番組がどのように世間に受け止められたかというのは気にします。気にしないヤツはダメですよ。社会と繋がっているのが大衆芸能だから。

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン