芸能

年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」

超セレブと言われてきたが、実は「白鳥の水かき」のような人生だった。

超セレブと言われてきたが、実は「白鳥の水かき」のような人生だった。

 36歳にして年商25億円の会社の経営者であり、4人の子供の母。インスタグラムのフォロワー数42万人超。夫は元ダンス&ボーカルグループの黒木啓司さん。高校時代にスカウトされて芸能界入りし、パリ社交界デビューも経験。

 そんな華々しいキャリアと実績を持つのに、「私の人生は挫折の連続だったんです」とおだやかな表情で話し始めた起業家の宮崎麗果さん。「宮崎さんが紹介した物は動く」と各業界からも注目され、同世代の女性達を中心に絶大な支持を得るインフルエンサーはどう生まれたのか。

・・・・・・・・・・・・・・・

「私はコリアンクォーターなので小学校はインターナショナルスクール、12歳からは父の教育方針でアメリカのテキサスで暮らしていました」

 祖父が日本に新聞社を立ち上げ、父親はその社長を引き継ぎ参議院議員も務めた一家。両親は教育熱心だった。

「アメリカではアジア人への人種差別も経験しました。でも、高校から日本の学校に編入したときはもっとつらかった。英語が母国語のようなものだったので日本語がわからず、周囲となじめなくて部活や学校行事にも参加できずに、ひとり勉強するしかありませんでした」

 物心ついた時から家庭では、世界情勢について広く知り、考えるよう習慣づけられていたという。

「夕食の時に、環境や戦争など人類が抱える問題について、家族でディベートするんですよ。私負けず嫌いな性格なんですね、苦にはならないどころか、子供ながらに楽しかったし、そんな経験はいまも役立っています」

 人と関わる中では苦しい思いをすることもあったが、勉強は努力を重ねれば結果が出る。帰国後、16歳でスカウトされて芸能の仕事を始めてみると、日本語が不得手なことも個性として認めてもらえて、「居場所ができた」とホッとしたという。

 しかしその後、さらに怒涛の人生が続く。10代から20代は不安定な人間関係や恋愛パターンを繰り返し、第3子を妊娠中の30歳の時に2回目の離婚。

 しかも、出産までの経過は順調とはいえなかった。「この子は無事に産まれないかもしれません」と医師に宣告され入院。死産の恐怖に怯えながら、診察で心音を聞いてはなんとかホッとする日々だった。

「手に職もなければ職歴もない、何もできないシングルマザーの妊婦になってしまったんです。それまで私の人生は、学校から逃げ、芸能の仕事もパッとしないまま結婚に逃げ、結婚からも逃げ、自分と向き合うことからも“逃げっぱなし”の人生だったんです。

 でも、追い詰められると、人間は強くなる。子供たちを育てることだけは逃げたくありませんでした。その時に、“仕事をしよう、雇ってくれるところがないなら、自分で会社をつくろう”という道がはっきりと見えたんです」

 病院のカフェで商談、病室で起業

「接待交際費でゴルフ代やキャバクラ代が認められるのに、ベビーシッター費が認められないのはなんでだろう? って思うんですよね」と母親ならではの視点で軽やかに社会への疑問を。

「接待交際費でゴルフ代やキャバクラ代が認められるのに、ベビーシッター費が認められないのはなんでだろう? って思うんですよね」と母親ならではの視点で軽やかに社会への疑問を。

 資金も人脈もない、しかも入院中の妊婦にできること・・・・・・。考えたのが、好きで得意な美容関連のコンサルタントとマーケティングの仕事だった。販売やPRの戦略を考えるのは、オフィスを借りなくても、人を雇わなくてもできる。

「ネットで調べてハンコを作るところから、定款を作成したり、登記申請したり・・・・・・お金がないので、病室でできることは全て自分でやって起業しました。SNSで営業し、クライアントさんとの打ち合わせや商談は病院の下にあるカフェで。ほんとに必死でした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン