国内

《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感

95歳で亡くなった宗田先生

95歳で亡くなった宗田先生

 原作小説が世に出てから40年近くを経ても、今なおアニメ映画や舞台作品などに翻案され続けている『ぼくらの七日間戦争』。実写映画は1988年に公開され、宮沢りえ(51)の女優デビュー作としても知られる。原作は宗田理さんの同名ベストセラー小説で、親や教師といった大人への反発と、自立へと歩き出す中学生の姿が生き生きと描かれている。これほど長く愛されている秘密はどこにあるのか。4月8日に95歳で亡くなった宗田さんに、その約10日前の3月29日、名古屋市内の事務所で話を聞いた。【全3回の第1回】

 * * *
 宗田さんが文庫書き下ろし小説として、『ぼくらの七日間戦争』(角川文庫)を出版したのは1985年。小中学生の間で爆発的な人気を呼び、シリーズ化され、累計発行部数は 2000万部を突破している。

「もともと、子どもに向けて書いた小説ではありませんでした。主人公の“ぼくら”の仲間の親たちは全共闘世代で、学園闘争に参加した者もいました。彼らは大学生の頃に自由と解放を求めて闘ったはずなのに、社会に出て結婚し子どもをもち、世の中が落ち着いて経済的に発展したら、体制に順応するようになりました。学歴や偏差値にとらわれ、画一的な管理教育などに加担している。それを揶揄するような気持ちがありました。

 こんなことでは、子どもたちがおかしくなってしまう。国家をすべてに優先させる国家主義だった戦前と変わらない。新しい時代は作れない。そういう気持ちで書きました」

 宗田さんは、こう熱く語る。1928年(昭和3年)に生まれ、多感な時期に戦争を経験した宗田さんは、戦後、大人たちが手のひらを返して、戦前と180度違うことを言い始めたことに不信感を抱いたことが根底にある。

「主人公の英治たちは、いつも大人の言うことをすべては信用せず、自分の頭で考え、行動しています。権力を握った者だけが良い目をみて、正直者や弱者が食いものにされる。英治たちはそれを許して、ただ指をくわえて見ているだけではない。彼らの挑戦・行動力、そして友だちや隣人を思いやる気持ちは、シリーズすべてに共通していると思います」

『ぼくらの七日間戦争』に登場する子どもたちが、理不尽で身勝手な大人たちを、知恵を絞り身体を張って懲らしめる様はとくに痛快で、シリーズ共通の魅力だ。

「でも、暴力に訴えるようなやり方ではありません。いたずらで悪い大人をからかって、おもしろおかしくやっつける。これは僕のこだわりです。ときどきやり過ぎることもありますが(笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン