国内

「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか

 4月22日発売の「週刊ポスト」は、付録もグラビアも充実、大増ページのゴールデンウィーク合併特大号。メイン特集は「資産寿命100歳」を実現する11人の賢者の知恵。人生100年時代を生き抜くコツを徹底研究しました。自民党裏金議員の「落選運動」、大物ヤクザの獄中手記、プロ野球座談会、ついに上陸した「薬局で買える肥満薬」の実力とリスクなど、気になる話題満載です。そして、ギャンブル禍にハマって被告人に堕ちた水原一平氏の「不当解雇訴訟」の情報が飛び込んできて――。

今週の見どころ読みどころ

◆ロスで直撃! 水原一平の「不当解雇訴訟」と「消されたマリファナ歴」
大谷翔平が世界で絶大な人気を誇るのは、前例のない野球の実績に加え、一点の曇りもない人間性によるところが大きい。真美子夫人と結婚するまで、その隣でパートナーとして並び賞賛されたのが水原一平・通訳だった。巨額のギャンブルと詐欺が発覚して「裏の顔」が明かされたが、現地で取材すると、かつての同級生や雇い主の証言で、その半生にはギャンブルだけではない、これまでのイメージと異なる姿が浮かび上がった。

◆今こそ国民の怒りをぶつけよう 裏金&醜聞議員「落選運動リスト」を公開する
世界各地では、選挙で「当選させる」ための運動だけでなく、「落選させる」活動が活発に行われている。日本でも法的に許されている。その例にならい、本誌はこれまでの不祥事や対応から「落選させるべき23人の国会議員」を慎重に選び、リストと根拠を公開する。当然、岸田首相、麻生副総理、萩生田前政調会長も含まれる。先日の韓国総選挙で与党を大敗させたのも落選運動だった。

◆特定危険指定暴力団・工藤会幹部の獄中手記「総裁と会長はヤクザの天才だ」
一般市民にまで暴力を向けたことで唯一の「特定危険指定暴力団」になっている北九州本拠の工藤会は、現在、総裁や会長以下、幹部が軒並み訴追されて苦境にある。本誌は、東京外語大に通っていたエリート人生から同会幹部になった男の獄中手記を入手した。そこには、自身の転落人生、工藤会への思い、そして、世間を震撼させた数々の暴力事件の背景が克明に記されていた。

◆<追悼>曙が角界を去った本当の理由は、あのアイドルとの破談と後援会解散だった
惜しまれつつ54歳でこの世を去った曙は、外国出身力士として初の横綱に上り詰め、若貴と空前の相撲ブームを築いたにもかかわらず、引退後すぐに角界を去って格闘家に転じた。その裏には、本誌が長く追及してきた親方株をめぐるカネまみれの体質があり、夢だったとされる後進の指導を諦めざるを得ない事情があった。

◆学歴詐称問題が再燃しても小池百合子は「女性初の総理大臣」に突き進む
『文芸春秋』で元側近が学歴詐称に関して証言し、7月の都知事3選にも黄信号が灯ったと言われる小池氏。ところが当人は疑惑を意に介さず、たそがれの自民党を見て国政復帰に意気軒高だという。次期総選挙で「ファースト国政進出」を果たし、その後、政権入り、重要閣僚、総理大臣へとつなげる青写真が見えてきた。

◆ついに日本上陸した「薬局で買える肥満薬」は本当に痩せるのか
処方なしで購入できる肥満薬「アライ」が発売された。たちまち品薄になるなど話題沸騰だが、そもそも「効く」のか、どんな人に向くのか、副作用はないのか、疑問は尽きない。食べた脂肪分の吸収を25%も抑えるというから痩せる期待は高まるが、実は飲んでも効かない人、飲んではいけない人もたくさんいる。さらに、「オムツが手放せなくなる」といった副作用も。

◆トップ女優10人それぞれの闘い 春ドラマを彩るヒロインたちの「とっておき秘話」
今クールのドラマで注目される女優10人の最旬秘話を一挙公開する。NHK朝ドラの伊藤沙莉はじめ、吉高由里子、篠原涼子、石原さとみ、今田美桜、川口春奈、杉咲花、広瀬アリス、松本まりか、堀田真由が登場。

◆江本孟紀×中畑清×達川光男が早くも修正!(笑)「セ・リーグの順位予想はやり直す」
評論家の大半が連覇を予想した阪神の不調で、今年のセ・リーグは混戦模様。本誌恒例のENT座談会が急遽招集され、ご意見番3人がその原因と今後を語り合った。中畑氏は佐藤輝明について「全く変わっていない」と苦言を呈し、江本氏は「岡田監督は慌てていない」と擁護した。広島びいきの達川氏はシーズン前に「巨人優勝」を予想したが、なんとこちらも「前言撤回」を表明した。

◆<総力12ページ>資産寿命を100歳まで延ばす11人の金言
仮に75歳まで働くのが当たり前の時代に突入したとしても、「人生100年」を生き抜くには残り25年もの時間を年金と蓄えで暮らさなければならない。一部の成功者だけがそれを実現するのでは困るのだ。誰でも安心して長生きできる知恵を示す。出口治明、森永卓郎、荻原博子、北村庄吾ほか11人の専門家が勢ぞろいした。

◆JR東日本が満を持して設立する“Suica銀行”が金融界を震え上がらせた
日本最大の鉄道会社であるJR東日本が銀行業への進出を決めた。「JRE BANK」を支えるのは、1億枚発行するSuicaの巨大顧客層だ。しかも、いきなり「乗車券4割引き」「ATM無料」「高速バス無料」「ホテル割引」など仰天のサービス内容を発表し、既存の金融機関を震え上がらせている。同社の狙いと利用者のメリットを徹底取材した。

◆<保存版>医学博士が教える「健康診断結果の正しい読み方」完全図解
健康診断は受けているのに、その結果はほとんど見ていないという人も少なくないだろう。血圧、血糖値、コレステロール値だけに気を取られてはいけない。実は大事な「AST」「HbA1c」「ヘモグロビン」にご注目を!

◆<特別付録>そのまま書き込める「生前整理ノート」
「終活」をする人は増えているが、何をすればいいのか、どう残せばいいのかわからないという声が多い。相続やお墓、遺品整理のノウハウを報じてきた本誌が、これまでの知見を結集して生前整理ノートを作成した。財産や口座、メールアドレスやサブスク契約などの整理、家族に残したい言葉や依頼、死後の希望など、これさえあれば必要なことがすべてサクサク書ける。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン