芸能

フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス

海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという

海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという

 フリーアナはもちろん、タレントに女優、一般企業の広報やアロマセラピストなど、近頃の女性アナウンサーの“転身”の選択肢は多岐にわたっている。秋元優里・フジテレビ元アナウンサー(40才)は現在、同局のビジネス推進局で、海外向けビジネスの窓口を担っている。

 今年1月には、化粧品メーカーと共同で行う冷凍宅食総菜サービスのメニュー考案者の1人として会見にも登場した。充実した仕事ぶりの一方、プライベートでも転機を迎えていたようだ。

「実は秋元さん、少し前に再婚したんです。お相手は大手総合商社に勤める敏腕ビジネスマンのAさん。1回目の結婚は5才年下の後輩でしたが、今回は一回り以上年上の、“年の差再婚”なんです」(テレビ局関係者)

 2006年にフジに入社し、長らくエースアナとして報道番組を中心に活躍した秋元。プライベートでは2012年、後輩の生田竜聖アナ(35才)と結婚し、翌年長女が生まれたが、2018年の離婚劇は衝撃的だった。

「引き金は、秋元さんの“不倫疑惑”でした。もともと夫婦のすれ違いで別居していたさなかに、同じ局内のプロデューサーとの、竹林に止めたワンボックスカー内での密会を報じられたのです。秋元さんは不倫を否定しましたが、“竹林騒動”のインパクトは大きかった」(芸能関係者)

 報道から約3か月後に生田アナと離婚。秋元は『ワイドナショー』や『BSプライムニュース』など担当番組をすべて降板し、翌2019年にはアナ職からも離れた。竹林騒動から6年、前述のように業務に励む一方、再び幸せを掴んでいた。

「お相手のAさんは50代中盤で、ロマンスグレーの髪とメガネが似合うスポーツマンの『イケオジ』。総合商社で社会インフラを担当する部署の事業部長を務めています。いわば幹部クラスで、航空関連企業やIT企業などの取締役にも名を連ねているやり手です。秋元さんの10才の娘さんも彼のことをとても慕っていて、都内にあるAさんの所有するマンションで、家族3人で暮らしています」(前出・テレビ局関係者)

 4月上旬のある日、3人は自宅マンションから一緒にお出かけ。超多忙な中でも、秋元と長女との時間を大切にするAさんへの信頼は厚いようだ。フジテレビの広報は「社員のプライベートについてはお答えしておりません」と回答した。アナウンサーからの転身は成功だったようだ。

※女性セブン2024年5月9・16日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン