ライフ

柔道整復師・酒井慎太郎先生と風吹ケイの「3分体操」 肘・手・足のトラブル改善を目指す「正中神経伸ばし」

「朝方にしびれを感じやすいそうです」

「朝方にしびれを感じやすいそうです」

「さかいクリニックグループ」の代表で、“ゴッドハンド”の異名を持つ柔道整復師・酒井慎太郎先生の指導のもと、「筋トレ」を趣味にするグラビアアイドルの風吹ケイさんが実践する「健康寿命を100歳まで伸ばす3分体操」。今回は、肘・手・足のトラブル改善を目指すために「正中神経伸ばし」を実践します。

 親指、人差し指、中指、薬指の中指側半分、手のひらのいずれかに、しびれ・痛みが現われる疾患が、「手根管症候群」です。朝方にしびれやすいのが特徴。

 手首にあるトンネル状の組織・手根管には腱や手指の曲げ伸ばしを担う正中神経が走っています。仕事・家事・運動による手首の使い過ぎで太くなった腱や、厚くなった靭帯が、手根管の中で正中神経を圧迫したり、刺激することで症状が起こります。

 しびれ・痛みが激しい場合は、手首を固定して動かさないことが基本。セルフケアとしては、筋肉をゆるめて血流を良くするマッサージがおすすめです。

 以下に、「正中神経伸ばし」のやり方を紹介します。

【1】低い台やイスの座面に手のひらを置く

 低い台やイスを用意し、指や手のひらにしびれ・痛みのある側の手のひらを、指先が体側にくるように置く。体を後ろに引いて腕をまっすぐに伸ばす。

【1】低い台やイスの座面に手のひらを置く

【1】低い台やイスの座面に手のひらを置く

【2】手首から肘に向かってマッサージ

 反対側の手で、手首から肘にかけての筋肉を押したり揉んだり、円を描くようにしてマッサージを1分続ける。しびれ・痛みを感じるたびに行なってよい。

【2】手首から肘に向かってマッサージ

【2】手首から肘に向かってマッサージ

【手首ぶらぶら体操も効果的】

 軽度であれば、胸のあたりで両肘を曲げ、脱力して手をぶらぶらと10~30秒振り続けると、しびれ・痛みが和らぐ。

軽度であれば、胸のあたりで両肘を曲げ、脱力して手をぶらぶらと10~30秒振り続けると、しびれ・痛みが和らぐ

軽度であれば、胸のあたりで両肘を曲げ、脱力して手をぶらぶらと10~30秒振り続けると、しびれ・痛みが和らぐ

「朝方にしびれを感じやすいそうです」と教えてくれた風吹ケイさんが実践している動画はYouTubeで公開中(https://youtu.be/Emsls6zD0lk)。

【プロフィール】
酒井慎太郎(さかい・しんたろう)/東京都北区王子の「さかいクリニックグループ」代表。千葉ロッテマリーンズアカデミー元公式メディカルアドバイザー。柔道整復師。全国からの難治の腰痛や膝痛の施術を行なっている。海外講演も行ないYouTubeチャンネルも開設、著書100冊以上。

風吹ケイ(ふぶき・けい)/1999年4月5日生まれ、大阪府出身。B105・W63・H95。趣味はサウナと筋トレ。最新情報は公式X(@kei_fubuki_)、Instagram(@kei_fubuki_)。小学館よりデジタル写真集『風吹ケイ 愛の息吹』、1st写真集『幕開』が発売中。

撮影/下城英悟

※週刊ポスト2024年5月17・24日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン