芸能

【主演映画『碁盤斬り』で武士役】草なぎ剛、“笠”が似合うと自画自賛「江戸時代に生まれていたら、もっと人気が出たんじゃないかな」

主演映画『碁盤斬り』で時代劇に挑戦

主演映画『碁盤斬り』で時代劇に挑戦

 主演映画『碁盤斬り』で15年ぶりの時代劇に挑戦した草なぎ剛(49才)。自身の代表作になったと胸を張る本作は、公開を前にイタリアで開催された「第26回ウディネ・ファーイースト映画祭」で、批評家により選出される「ブラック・ドラゴン賞」を受賞し、早くも世界で話題に。放送作家でコラムニストの山田美保子さんがその撮影秘話を直撃。草なぎが語る。

不器用で頑固一徹な格之進にイライラした

 撮影は1年と3か月くらい前だったかな? その直後にNHK連続テレビ小説『ブギウギ』に入ったと思います。花粉が飛びまくっていた時期に撮っていた記憶がよみがえりますね。

 先に『碁盤斬り』で武士の誇りを賭けた復讐に挑む頑ななキャラクターを演じていたから、『ブギウギ』での羽鳥(善一)さんは、あんなふうにフワッとした雰囲気を醸し出す人に仕上がったのかもしれない。音楽が大好きで、どんなときも前向きで、明るく進んでいく羽鳥さんと、囲碁だけを武器にリベンジしていく浪人……。1年を通じて、まったく異なる正反対な役がやれたのはすごくおもしろかったね。

 今回、映画でぼくが演じた柳田格之進は不器用で頑固一徹。彼の最後まで清く生きようとする心がけみたいなものはいまの時代には考えられないし、到底追いつけなかったり、掴んだりすることもできないレベルなんで、最初は「どうして?」と思ったし、途中でもイライラさせられっぱなしでした。

 でも演じていて悪くはなかったですね。ほとんど順撮りをしていたこともあって、最後は清々しい気持ちにさえなりました。

 ぼくが演じる復讐を描いた作品というと、ドラマの『〜戦争』シリーズ(カンテレ・フジテレビ系)と重ねるかたは多いかもしれませんが、今回の役は武士なのでイメージはずいぶん違います。

 でもぼく、こんなに笠がなじむヤツはほかにいないっていうぐらいすごく似合ってて(笑い)。もしも江戸時代に生まれていたら、もっと人気が出たんじゃないかな?と思うぐらいで……。令和の時代でも笠をかぶって歩こうかなというほど気に入ってますよ。日傘男子ならぬ笠男子!(笑い)

 それにぼくはヴィンテージのデニムとかギターとか古いものが好きだから、頭の中で古い人の役を演じられるんだと、おまじないのように信じるようにしていました。“保険”をかけていたというワケじゃないんだけれど、演じていて少し不安になったとき、そういうことを考えましたね。撮影が行われた京都にも必ず古いものを持参して途中で握りしめたり、においを嗅いで気持ちを安心させていました。世界観は違うんだけれど、気持ち的にそれでずいぶん助けられていたかな?

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン