スポーツ

《大谷翔平の巨額通帳管理》重大任務が託されるのは真美子夫人か 日本人メジャーリーガーでは“妻が管理”のケースが多数

大谷翔平の妻・真美子さんの役目とは

大谷翔平の妻・真美子さんの役目には巨額通帳の管理も含まれるのか(写真/AP/Aflo、ZUMA Press/Aflo)

 かつての“金庫番”は、桁違いの契約金やどんどん舞い込むスポンサー料に目がくらみ、総額26億円もの「大谷マネー」をだまし取った。「もう同じ轍は踏まない」──大谷翔平(29才)が頼りにするのは真美子夫人(27才)だ。

 大谷らしい、粋なプレゼントだった。

「5月12日の母の日にちなんで公開されたJALの広告に大谷さんが登場しました。彼の地元、岩手県の花巻駅と花巻空港、地元紙の岩手日報にだけ掲示されたもので、大谷さんの写真に『今日、野球ができることを母に感謝します』とお母さんへのメッセージが添えられていました」(地元メディア関係者)

 思えば大谷は常に「家族の輪」を大切にしてきた。いま、その中心には、真美子夫人の姿がある。5月9日に更新した自身のインスタグラムでも、大谷は家族への思いと地元愛をあらわにしていた。

「大谷さんは岩手県の伝統工芸品・南部鉄器の鉄瓶と夫婦湯呑の写真を投稿しました。南部鉄器は黒い漆塗りが特徴的ですが、近年ではカラフルな製品も登場しており、大谷さんが投稿したのは球団のチームカラー、ドジャーブルーを彷彿とさせる青色のもの。投稿には『ありがとうございます』という言葉が添えられているので、結婚祝いとして贈られたものでしょう。

 大谷さんが投稿して以降、製造元の工房には世界中から注文が殺到し、発送は5月13日現在で約1年先の2025年4月下旬以降だとか。さすがの影響力です」(前出・地元メディア関係者)

 2月に結婚を発表した当初は、「お相手は日本人女性です」と詳細を明かさなかった大谷だが、3月に開幕戦が行われた韓国で夫婦ツーショットを披露した後は、真美子夫人の存在を積極的にアピールしているようにも見える。

「大谷さんは真美子夫人を周囲に披露したい気持ちが強いようで、5月2日に行われたチームのチャリティーイベントでも自分から『妻の真美子です』と紹介して回っていましたよ」(在米ジャーナリスト)

 いまは明るい笑顔を振りまく真美子夫人だが、3月下旬に元通訳の水原一平被告が解雇されたことは彼女の日常にも影を落とした。

「水原被告に英語での会話を頼っていましたからね。これまでバスケ一筋だった彼女は留学経験などはなく英語はあまり得意ではないそうですが、それでも『その服素敵だね』『あなたも素敵よ』といったスモールトーク(ちょっとした世間話)をほかの選手の奥さまたちと楽しんでいます。臆することなく自分から積極的にコミュニケーションを取れるようなので、英語力もめきめきと上達するのではないでしょうか」(前出・在米ジャーナリスト)

 アメリカ生活に慣れた頃には、妻としてのさらなる「重大任務」が待ち受けているという。

「真美子夫人が大谷さんの通帳管理を担うのではないかといわれています。『一平ショック』を払拭するためにも、金銭管理体制の早急な立て直しが必要ですからね。実はこれまでメジャーで活躍してきた日本人選手たちも、通帳管理は妻が担ってきたケースが多いんです」(別の在米ジャーナリスト)

 例えばイチロー(50才)の妻・弓子夫人(58才)はかなりのやり手として知られている。

「弓子夫人はイチローさんの資産管理会社の代表を務めています。税金対策として、会社の所在地を全米で最も税率が低いネバダ州に置いたのは弓子夫人の案だとか。

 さらにイチローさんは現役時代の報酬の一部を引退後に受け取る契約を締結。節税になるうえ、契約時に年利5%という条件を付けたので、利息分が報酬に上乗せされるメリットもあるそうです。こうした資産管理術は弓子夫人の手腕によるものだといわれています」(前出・在米ジャーナリスト)

 現役メジャーリーガーでデトロイト・タイガースに所属する前田健太投手(36才)の財布のひもを握るのも妻の早穂さん(38才)だ。

「『彼が頑張って稼いできてくれたものだから、無駄にしたくない』と常々周囲に語っており、堅実に管理しているそうです」(前出・在米ジャーナリスト)

 これまで大谷の資金管理を担ってきたのは彼の家族、そして水原被告だった。

「特に大谷さんの母親が中心になって管理してきましたが、監視の目が行き届かず、結果的に水原被告につけ込まれることになってしまった。当面は代理人であるバレロ氏や税理士のフローリッチ氏を中心に資産管理をするとみられます」(前出・在米ジャーナリスト)

 一方、真美子夫人が通帳管理において圧巻の手腕を見せそうだと話すのは、真美子夫人の知人だ。

「彼女の祖父はかつて大手金融機関に勤めていましたし、兄もアパレルブランドを経営しているので、彼女も数字に強いともっぱらです。実業団時代は、チーム全体を俯瞰し常に周囲をサポートするタイプ。分析力にも優れており、コーチからは頭がよいと評価されていました。泥くさいプレーも率先して行う、縁の下の力もちのような存在でしたし、地味で面倒な作業をやりきる素質があると思います」

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン