芸能

【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待

昨年9月にはマスクを外した素顔を公開

昨年9月にはマスクを外した素顔を公開

 予期せぬ形で飛び出した、まさかのラブコールは波紋を呼んだ。グループの周年を控えた彼女の心境の変化か、はたまた単なるリップサービスか──。泥沼の法廷闘争に発展した離婚劇から約3年。家庭裁判所で一度も目を合わせず、生涯二度と交わることはないと思われていた元夫婦の関係に大きな変化が起きている。2021年2月に離婚が成立した音楽プロデューサーの小室哲哉氏(65才)と、globeのボーカルKEIKO(51才)である。

 5月6日に生放送された大分のラジオ番組『JOY TO THE OITA+』(OBSラジオ)で、マーク・パンサー(54才)と番組に呼ぶゲストについてトークしていたときのこと。KEIKOが突然「いちばん最初は小室哲哉さんにしますか(笑い)」と発言し、マークが「ワォ! ついに!」と驚きの声を上げたのだ。

「離婚成立後にKEIKOさんが小室さんに言及することはほとんどなく、リップサービスだとしてもいままでなら考えられないこと。打ち合わせにはまったくなかった突発的な発言だったようで、ラジオ番組のスタッフも青ざめていたそうです」(番組関係者)

 2011年にくも膜下出血で倒れ、芸能活動から遠ざかっていたKEIKOが活動を再開したのは一昨年の冬。globeファンの間で幻の未発表曲として知られる『WHITEOUT』のレコーディングに臨み、昨年1月から地元大分でラジオ番組のレギュラー出演を始めた。

「未発表曲の新録はglobeのデビュー1万日目を記念したアルバムのために録り直したもので、小室さんとは別々でレコーディングを行ったそうです。ラジオで復帰したKEIKOさんが、以前と変わらぬ様子で快活に話していることも大きな話題になりました」(芸能リポーター)

 2018年1月に小室氏が引退会見で明かしたKEIKOの病状は、世間が思う以上に重く、誰もが復帰は困難だという印象を受けた。

「小室さんはKEIKOさんが『音楽に興味を持たず』、『小4の漢字ドリルをやっている』などと説明し、会見では介護疲れを強調していました。不倫疑惑を釈明するための会見は、小室さんが音楽活動から身を引くことを宣言したため、途中から引退会見に様変わり。世間の同情を集めたのです」(前出・芸能リポーター)

 ところが、これにKEIKOの周囲は猛反発。小室氏がほとんど介護らしいことをしていなかった実態が親族によって明かされ、リハビリを乗り越えたKEIKOが問題なく日常生活を送っていることも報じられた。

「会見で小室さんはKEIKOさんと『目を見てしっかり話し合う』と言っていましたが、その後2人が直接会うことは一度もありませんでした。離婚成立後、直筆のメッセージを公開したKEIKOさんの文字は力強く、マスコミの直撃取材にもしっかり受け答えするなど、小室さんの説明と食い違う状況が次第に明らかになっていったのです」(前出・芸能リポーター)

 引退後も、乃木坂46に楽曲を提供するなど裏方としての活動を続けていた小室氏は、2021年10月に「いましばらく音楽をやらせてください。働かせてください」と復帰を宣言。手始めに今年40周年を迎えたTM NETWORKを“再起動”し、今年5月のイベントでは浜田雅功とのユニット「H Jungle with t」も復活させた。

「2022年に理化学研究所の研究員に就任するなど、むしろ引退前より活動は精力的。この5月7日に放送され、TMの3人で出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では、ボーカルの宇都宮隆さん(66才)が『年齢的にも周年はもうあんまり考えない方がいい』と弱気に話していたのに対し、小室さんは『もう1年は大丈夫。目標になります』と意気軒昂。今後もさまざまなイベントや番組に出演する予定があるそうです」(音楽関係者)

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン