ライフ

脚の切断もある「包括的高度慢性下肢虚血(CLTI)」でも血液の浄化で改善の道が拓く

CLTIの補助治療として吸着型血液浄化器レオカーナが登場(イラスト/いかわやすとし)

CLTIの補助治療として吸着型血液浄化器レオカーナが登場(イラスト/いかわやすとし)

【週刊ポスト連載・医心伝身】下肢閉塞性動脈疾患の最重症な病態が、包括的高度慢性下肢虚血(CLTI)だ。創傷や潰瘍、壊死、神経障害などを生じ、血行再建治療でも症状が改善しないことも。そこでCLTIの補助治療として吸着型血液浄化器レオカーナが登場した。これは血液を体外に出し、血中のLDLコレステロールとフィブリノーゲンなどを吸着させ、再び体内に戻すことで、創傷治癒率の向上を促す。

 脚の血管の狭窄や閉塞による下肢閉塞性動脈疾患は動脈硬化や糖尿病、慢性腎疾患などの増加に伴い、患者数が増加傾向にある。

 主な症状は安静時の脚の痛みや間欠性跛行(歩くと足が痛くなり、休むと歩ける)などで、治療は血管拡張やステント留置、バイパス手術などを実施し、血流を確保しながら症状を緩和させる。しかし、最重症のCLTIでは血行再建をしても効果が得られにくいケースが多い。

 順天堂大学医学部附属順天堂医院・足の疾患センターの田中里佳教授に聞いた。

「CLTIでは血管の内側が石灰化して硬くなるため、血管拡張やステント留置、バイパス手術が難しくなり、血流の改善が見込めない患者さんがいます。そうなると虚血になり、創傷や潰瘍、壊死を起こしてしまい、最悪の場合は脚の切断を余儀なくされる症例も少なくありません。そこで動脈硬化の原因であるLDLコレステロールやフィブリノーゲンなどを吸着し、体内に戻す吸着型血液浄化器レオカーナが開発されました」

 レオカーナは透析と同じような仕組みだ。一度、血液を体外に出して、浄化器内に設置された特殊なシートでLDLコレステロールとフィブリノーゲンなどを吸着し、浄化された血液を体内に戻す。

 下肢の末梢血管は赤血球1個がようやく通るくらいの細さのため、LDLやフィブリノーゲンなどの血漿成分は引っ掛かりやすく、その先で虚血を起こしやすい。これらをレオカーナで除去し、血液をサラサラにすることにより、末梢血管にも血流が再開通するようになるわけだ。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン