芸能

《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり

別居を認めたMEGUMI

女優として活躍中のMEGUMI

 今、女優として各方面から引っ張りだこなのがMEGUMI(42才)だ。昨年末、離婚したばかりだが、仕事は順調そのもの。女優として現在ドラマ3作に出演中。そんな彼女の女優としての魅力について、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが解説する。

 * * *
 ドラマにバラエティにCMにと見ない日がないMEGUMI。今期はなんと3本の連続ドラマに出演中だ。

 まずは局内外でその配信数が大注目されている「オシドラサタデー『東京タワー』」(テレビ朝日系)だ。毎回、TVerで250万前後も配信されているため、1~5話までのトータルは5月20日現在で、1079万回。同局でのドラマ視聴ランキングでトップに君臨している。

 MEGUMIの役は、娘の比奈(池田朱那)の家庭教師、大原耕二(Travis Japanの松田元太)に誘惑され、惹かれ、落ちる人妻、川野喜美子。2005年に公開された映画『東京タワー』では寺島しのぶが演じた役である。ちなみに松田の役は嵐の松本潤だった。そしてもう1組の“年の差不倫カップル”として岡田准一が演じた役は今回、King & Princeの永瀬廉が、黒木瞳が演じた役を板谷由夏が演じている。

 まだドラマの全貌が発表される前、「誰がやるのだろう」ともっとも話題になっていたのが“2組目”のカップル。つまり、松田元太とMEGUMIである。松田は『酒のツマミになる話』(フジテレビ系)で掛け算九九が完璧に言えないことが話題となり、他のバラエティ番組からのオファーが増え、ついには4月から『ぽかぽか』(同)の月曜レギュラーになった。

 そんな“バラエティ班”の松田が、若い恋人(なえなの)がいながら見せるMEGUMIを誘惑するシーンの“ギャップ”とも言えるセクシーさに松田ファンたちは驚愕。当然、二人の禁断の愛には大きな代償が待っているのだが、地味目な主婦が娘の家庭教師からの誘惑に敗北し、どんどん妖艶に、大胆になっていく様をMEGUMIは好演している。妻に興味を示さず、当然、愛も冷めて行く銀行員の夫・川野裕介役を、おいでやす小田が演じているのもリアルかつ絶妙なキャスティングだ。

クドカン作品ではハチャメチャでセクシーなドタバタ劇

 妻役・母役といえば、『おいハンサム!!2 』(東海テレビ・フジテレビ系)でのMEGUMIも地味な主婦だ。木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈という3姉妹と、職場でも自宅でも男前な夫・吉田鋼太郎、それぞれの職場の同僚や、恋人、元カレらが織りなす「恋」と「家族」と「ゴハン」をめぐるコメディーだ。で、深夜帯にひっそり(!)やっていたハズのに、2シリーズ目が始まり、なんと6月21日には劇場版が公開予定だ。プロデューサーは元フジテレビでヒット作を多数手がけ、『ヒント』設立後も多くの大ヒットドラマや映画に関わる山口雅俊氏なので、細部にわたって計算し尽くされた映像で観る者を魅了し続けている。

関連記事

トピックス

過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
高齢者運転免許自主返納サポート協議会発足式で発表されたロゴマーク。2008年、警視庁(時事通信フォト)
免許返納はしたけれど…… 運転をやめたことで認知症の症状が出始めることも
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン