国際情報

《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」

亡くなったシャニさん

亡くなったシャニさん

 イスラム組織ハマスに拘束されたドイツ系イスラエル人女性、シャニ・ルークさん(享年22)の遺体がガザから回収され、5月20日までに埋葬された。シャニさんはハマスの攻撃対象となった音楽フェスの参加者のひとりで、彼女が裸に近い状態で連行される映像は、世界中の人々に強いショックを与えた。

 ある意味で、ハマスの越境攻撃による犠牲の象徴とも言える存在のシャニさん。イスラエルで行われた彼女の葬儀には、数百人の弔問客が参列したという。国際ジャーナリストが語る。

「イスラエル軍によると、シャニさんとほかの男女2人の人質の遺体は5月16日夜にガザ地区のトンネルで発見されたそうです。シャニさんの父親は、『深いトンネルの寒い場所に安置されていたようで、遺体の状態は非常に良好だった』と海外メディアで語っています。シャニさんはタトゥーアーティストで、自身も体にタトゥーを彫っていました。父親は、『(遺体は)肌の色もタトゥーもきれいに見える』とも話しています」

出回っていた生存情報

 前出の動画の中で、シャニさんの足は不自然な方向に折れ曲がり、ぴくりとも動かなかった。そのためネット上では“すでに亡くなっている”と見る人々が多かったが、彼女の生存情報が出回っている時期もあった。

「ハマスによる越境攻撃の直後、シャニさんの母親であるリカルダ・ルークさんは、『娘が生きているとの情報を受け取った。頭部に重症を負い、ガザの病院に入院していると聞いた』とドイツのタブロイド紙『ビルト』で語っていました。

 しかし、それから1週間以上が経っても進展がなく、リカルダさんは『私たちは生存情報を疑い始めている』と『ビルト』で涙ながらに話しました。そして10月末には、イスラエル国防軍を通じて、娘の死を知ったそうです。DNA鑑定により、発見された頭がい骨の一部がシャニさんのものであることが確認されたといいます」(前出・国際ジャーナリスト)

 家族たちは、“シャニさんはハマスの戦闘員に頭を撃たれて死亡した”と捉えている。弟であるアミット・ルークさんは、イギリスのニュース専門局「スカイ・ニュース」の取材に対して、「(死の知らせに)安心した」と答えていた。また、父親のニッシムさんも「それほど苦しまずに死んだことがわかってよかった」とインタビューで語っている。

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン