芸能

【たまご肌vsマシュマロ肌】美肌のレジェンド・綾瀬はるかを猛追する永野芽郁 「日焼けは徹底的に対策」「睡眠時は加湿器2台を使用」

永野芽郁と綾瀬はるか

永野芽郁と綾瀬はるか

 透き通るように白い美肌の持ち主である永野芽郁(24才)が、人気スキンケアブランド「SK-II」のグローバルアンバサダーに起用された。

「永野さんはアンバサダー就任にあたっての撮影に、ファンデーションを使わず、素肌で挑みました。撮影前は、入念な肌のお手入れに加え、少しの日焼けもしないようロケのときはもちろん、短時間の外出の際も日傘を手放さなかったそうです」(芸能関係者)

 SK-IIの“顔”といえば、14年間アンバサダーを務める綾瀬はるか(39才)の印象が強い。抜擢されたのは25才のときで、主演を務めたドラマ『ホタルノヒカリ2』(2010年・日本テレビ系)の放送直後だった。

「『ホタルノヒカリ』の主人公・蛍は、何をするにも“面倒くさい”が口ぐせで、家ではいつもジャージー姿の“干物女”キャラ。それでも徐々に自分の殻を破り、恋に仕事に成長するという物語でした。役とともに、綾瀬さん自身も見違えるような大人の女性になり、彼女の“たまご肌”は、干物を脱皮した美しさを象徴。それ以来、美肌といえば綾瀬さんというイメージが定着したのです」(美容誌編集者)

 そんな綾瀬を猛追する永野の抜擢は、“ついに世代交代か”と思いきや、さにあらず。

「綾瀬さんも引き続きアンバサダーを務めます。永野さんは、より若い世代の消費者にアプローチするために起用されたそうです」(前出・美容誌編集者)

 就任にあたって永野は「まさか私が」と驚いた様子だったそうだが、彼女の肌の美しさは誰もが認めるところ。頻繁に美容誌の表紙を飾り、誌面では「国宝級の肌」「最強美ハダ」などと注目されてきた。

「永野さんは美肌キープへの意識が高いことでも知られています。日焼けを徹底的に避けていて、ロケなどで万が一、直射日光を浴びたら、できるだけ早めに化粧水でパッティングし、クールダウンするそうです。また、お風呂から上がったらすぐにシートマスクでパック。さらに寝るときには加湿器を2台同時に使い、湿度を70%以上にキープすることを意識して、乾燥を避けているそうです」(前出・美容誌編集者)

 別の美容誌関係者に言わせると、綾瀬が毛穴が見えないつるっと輝く「たまご肌」ならば、永野はくすみゼロの「マシュマロ肌」なのだという。

「永野さんはまだ20代。彼女が年を重ねて、どのような肌質になっていくのかが楽しみです。なんといっても綾瀬さんは昨年、肌年齢が実年齢マイナス11才の27才と診断されました。綾瀬さんをしのぐ芸能界の美肌クイーンになるには、かなりの努力が必要かもしれません」(前出・美容誌編集者)

 レジェンドと新星のまぶしすぎる競演が始まった。

※女性セブン2024年6月6日号

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン