国内

小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」

並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)

並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)

 7月7日投開票の東京都知事選は、「女帝」こと小池百合子・現都知事(71)と「仕分けの女王」と呼ばれた蓮舫・参院議員(56)の事実上の一騎打ちとなっている。2人に共通するのは、並々ならぬ上昇志向でここまでのし上がってきた点。“蹴落とされた者たち”が、2人の「怖さ」と「弱み」を語った。

仕返しを無慈悲でできる特異な能力

石原慎太郎・都知事のもとで副知事を務めた浜渦武生氏

石原慎太郎・都知事のもとで副知事を務めた浜渦武生氏

 小池氏を古くから知る人物は、「いつ表明するのか」と周囲を焦らし「東京大改革3.0」とぶち上げた出場宣言のやり方を「いかにも彼女らしい」とこう評した。

「小池は自分が出馬表明しないでいれば、メディアが蓮舫を叩くだろうと、ジーッと待っていた。先にやったら叩かれるから、自分が有利になった時にやる。蓮舫は蓮舫で、今後の東京をどうするという公約を小池が出してから、『私はこうです』と違った政策を出すつもりでしょう」

 そう語るのは石原慎太郎・都知事のもとで副知事を務めた浜渦武生氏だ。

 浜渦氏は小池氏の父・勇二郎氏が衆院選に出馬(落選)した際に選挙を手伝った縁で、小池家と古くから親交があった。以前は「百合ちゃん」と呼んでいたが、今では「小池」だ。

 元側近が学歴詐称問題を告発するなど、周囲から人が次々に離れていく体質をこう指摘する。

「小池の手法は利用できる者は利用する、騙された奴が悪い。常に過去を否定し、今がどうあるか、どうすべきかだけを考える人。それを親父さんから徹底的に教え込まれた。親父さんと同じだと思ったのは最初の16年の都知事選の時、彼女は街頭演説で対立候補の鳥越俊太郎氏(がんサバイバー)を『病み上がりの人』と言ったのに、『言っていない』とシラを切り通した。あれはすごかった。親父さんも中曽根康弘さんや石原慎太郎さんを利用し、『嘘も百回言えば本当になる』と言っていた」

 浜渦氏自身、小池氏に蹴落とされた一人だ。

 小池氏は都知事に就任すると、石原都政の「築地市場移設問題」を批判し、浜渦氏は都議会の百条委員会で厳しい追及を受けた。

「前任者の活動を否定するのが新しい人の在り方ではありますが、小池家の教えは、過去の全否定です。まず石原さんがターゲットにされ、次に私が標的に選ばれた。実は、小池が都知事選に出る前、私に電話があったんです。選挙を手伝ってほしいというお願いだったようですが、私は電話に出なかった。その意趣返しもあったのかもしれない。都民ファーストの当時のメンバーは、『百条委員会で浜渦をやっつけろ』と指示を受けたと言っていました。そういう仕返しを無慈悲でできるところも彼女の特異な能力の一つでしょう」

 そして今回の選挙戦をこう見る。

「自民党は立憲や共産と組むわけにはいかないから選択肢は小池しかないですが、彼女自身は国政に転じたいと思えば東京でなくとも、神奈川でも千葉でも当選できる。自民党と全面的に手を組むのか組まないのか──それが彼女の運命の分かれ道となるでしょう」

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン