スポーツ

《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)

大谷翔平の新居暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)

 グラウンドの内外を問わず注目を集めるのは、スーパースターの宿命なのだろう。大谷翔平本人も、それは理解していたはずだ。だが、日本のテレビメディアの暴走で、大切な存在にまで危険が及ぶとなるとそうはいかない。大谷の目に宿るのは怒りの炎──。【前後編の前編。後編を読む

《あの日のキャッチボールを 僕は覚えている。》。6月16日の「父の日」に、大谷翔平(29才)が登場するJALの広告が、彼の故郷である岩手県の花巻駅と花巻空港で限定公開された。元社会人野球の選手だった父・徹さんと大谷の思い出を想起させるメッセージからは、家族への強い思いが伝わってくる。

 真美子夫人(27才)という生涯の伴侶を得たことで、「家族を守る」という決意は一層強くなったはずだ。それだけに、大切な人を危険にさらす行為を、見過ごすことはできなかったようだ──。

《大谷翔平から、日本テレビとフジテレビが「出禁処分」を下されていた》

『現代ビジネス』が6月12日、そんな一節のあるニュースを配信した。記事によると、日本テレビとフジテレビの報道が大谷の逆鱗に触れ、2局の取材パス(許可証)が凍結されたという。

 発端は、大谷がロサンゼルス市内に785万ドル(約12億3000万円)の新居を購入したこと。5月に地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』が第一報を伝えると、国内外のメディアがこぞって報じた。

 昨年末、ロサンゼルス・ドジャースと10年総額7億ドル(約1015億円)という超大型契約をし、さまざまな企業とスポンサー契約も結ぶ大谷の一挙手一投足が注目されるのは、致し方ない面もある。だが──。

「大谷選手の日常生活を知りたいという視聴者が多く、テレビ局は新居の様子を連日報じました。その中で視聴者の興味をひこうとして行きすぎたのがフジテレビと日本テレビ。特に大谷選手が怒り心頭に発したのはフジテレビの報道だったようです」(在米ジャーナリスト)

 5月23日放送の『Live News イット!』では、《大谷12億“LA御殿”全容は?》と題して特集した。

「こちらが、大谷選手が購入したとされる豪邸です」

 男性レポーターは、新居前から外観を映しながらそう話した。続けて取材班は家の裏手にまで回り、鬱蒼とした木のすき間から見える敷地内のバスケットゴールの映像を“パパラッチ”。元バスケットボール選手だった真美子夫人を引き合いに出し、「大谷選手も真美子さんと一緒にバスケを楽しむのでしょうか!」と伝えた。さらに大谷の怒りを買ったとされたのは、近隣住民へのインタビューだ。

「番組では付近を歩いていた人に話を聞き、『大谷がご近所さんなんて!』と驚きの声を引き出していました。彼らは大谷選手の新居だとは知らなかった様子で、取材班が新居の所在を暴露したに等しく、プライバシー上、非常に問題があります」(テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン