芸能

沢田研二、中森明菜との音楽番組共演オファーがあったとライブで暴露 最後の共演は1987年、明菜の名曲『少女A』には因縁

『沢田研二ショー』で共演した明菜(左)と沢田(1983年)

『沢田研二ショー』で共演した明菜(左)と沢田(1983年)

 1980年代前半、中森明菜と沢田研二のテレビ番組共演に、お茶の間は釘付けになった。だが1987年を最後に共演はなくなり、明菜は休養と復帰を繰り返した。沢田は彼女の姿をどんな思いで見つめていたのか。明菜が復帰するこのタイミングで、再び共演の計画が持ち上がった。

 歌姫復活の日が、近づいている。7月12~14日の3日間にわたり、中森明菜(58才)がファンイベントを開催。彼女がファンの前に姿を見せるのは、2017年12月のディナーショー以来、約6年半ぶりだ。同イベントを皮切りに、コンサート活動やメディア露出の再開を期待する声は大きい。そんななか、明菜の“盟友”から気になる発言が飛び出した。

「6月30日に相模女子大学(神奈川県)のホールで開催されたジュリー(沢田研二・76才)のライブで、音楽番組のゲストとして彼に出演依頼があったと話し始めたんです。テレビ番組のオファー話は過去にも何度か口にしたことがあるのですが、この日はいつもより冗舌で。するとどこかうれしそうに、“共演相手が中森明菜だ”と明かしたんです。ジュリーと明菜ちゃんの共演がまた見られるの!?とライブ会場がザワつきました」(ライブを鑑賞したファン)

 実は明菜と沢田には不思議な縁がある。1967年のデビュー以降トップアイドルとして人気を博していた沢田は、1982年9月にリリースした『6番目のユ・ウ・ウ・ツ』を最後にヒットチャートの最前線から“後退”してしまう。

「沢田さんと入れ替わるように登場したのが、“花の82年組”と呼ばれる1982年デビューのアイドルたちでした。なかでも明菜さんの人気は高く、同年7月に発売したセカンドシングルの『少女A』が大ヒット。沢田さんが『6番目の~』を発売した9月に、当時2大音楽番組だった『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)と『ザ・ベストテン』(TBS系)に初出演して、一気にトップアイドルへの階段を駆け上がったんです」(芸能関係者)

 それだけではない。『少女A』をめぐっても、明菜と沢田には因縁があった。

「『少女A』は、もともと沢田さん用に書き下ろされた歌だったのですが、沢田さんサイドが却下したことで、明菜さん用に改作されたんです。もし沢田さん側がボツにしていなければ、その後の明菜さんの活躍はなかったかもしれません」(前出・芸能関係者)

 明菜の快進撃を、当時の沢田は本誌『女性セブン』(1983年4月14日号)のインタビューで次のように語っていた。

《ここ2、3年はアイドルラッシュが機関銃のタマのようでしょ。そこへ、ちょっと遅れてきた大物(=明菜)がもうひとり現れた。元祖アイドルのぼくとしては、身のおき場に困って、あわてふためいているんですよ》

 沢田が明菜を特別に意識し始めたこの頃、ちょうど2人が意外な形で初共演を果たす。その舞台は、1983年4月に始まった音楽バラエティー番組『沢田研二ショー』(TBS系)。2回目の放送に明菜がゲストとして招かれ、番組内のコント風のドラマで顔を合わせた。初老の刑事を演じた沢田に、補導されるツッパリ少女役が明菜だった。

「当時、明菜さんは17才で、沢田さんは34才でした。バラエティー番組の企画とはいえ、明菜さんは初めての役者仕事だったので、相当緊張していたそうです。収録当日は誰よりも早く現場入りして、マネジャー相手に何十回も台本の読み合わせをしていました。でも撮影が始まると明菜さんは次第に余裕を取り戻して、アドリブで沢田さんのことを“おじさん”と呼ぶなど大物ぶりを発揮していました」(当時を知るテレビ局関係者)

 撮影後、沢田は《彼女にはエネルギーが感じられていいね》(『週刊明星』1983年3月31日号)と明菜の魅力を振り返っていた。その後2人は音楽番組で何度か共演したが、1987年末のNHK紅白歌合戦を最後に同じステージに立つことはなくなった。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン