• TOP
  • 稲尾和久

稲尾和久一覧

【稲尾和久】に関するニュースを集めたページです。

1980年の巨人投手陣を牽引した江川卓(左)と西本聖の両エース(時事通信フォト)

1980年代の巨人投手陣を牽引した江川卓と西本聖の凄さ

 緊急事態宣言の全国的な解除を受け、2020年のプロ野球の開幕が6月19日に決定した。2020年代のプロ野球の幕開けであり、令和になってから最…

2020.05.28 16:00  NEWSポストセブン

投手としてだけでなく、打者としても活躍した関根潤三さん(写真:時事通信フォト)

近鉄パールス消滅の危機を救った関根潤三さんの打者転向

 戦後の混乱期にプロ野球選手となり、近鉄で投手、打者として活躍した関根潤三さんが4月9日、老衰のため逝去した。93歳だった。 大谷翔平…

2020.04.13 16:00  NEWSポストセブン

金田、ダル、木田勇、原辰徳他 1年目からスゴかった10人

金田、ダル、木田勇、原辰徳他 1年目からスゴかった10人

 長嶋茂雄や松坂大輔の鮮烈なデビューが印象に残っている人も多いかもしれないが、球史を紐解けば、1年目から大活躍した選手は少なくない。…

2020.04.03 07:00  週刊ポスト

金田正一からキツいプロの洗礼(共同通信社)

長嶋茂雄、清原和博、松坂大輔 いかにすごい新人だったか

 プロ野球界では、1年目から華々しくグラウンドで活躍したヒーローたちがいる。なかでもデビュー時の衝撃が大きかったのが、長嶋茂雄、清原…

2020.03.31 07:00  週刊ポスト

プロでの活躍が楽しみな佐々木と奥川(撮影/藤岡雅樹)

奥川・佐々木はどうなる? 超高校級投手のプロ入り後の…

 今年のドラフトの目玉として注目を浴びる星稜・奥川恭伸投手と大船渡・佐々木朗希投手。こうした高校野球でのライバル関係は、「田中将大…

2019.09.05 07:00  週刊ポスト

米田哲也氏「稲尾和久は常時150kmですべて低めに投げた」

米田哲也氏「稲尾和久は常時150kmですべて低めに投げた」

 1936年に7球団で「日本職業野球連盟」としてスタートした日本のプロ野球。80年以上にわたる歴史のなかで一軍公式戦に出場した選手は約6700…

2019.08.14 07:00  週刊ポスト

プロ野球OBが選んだ歴代No.1投手「分かっとる。ワッハハハ」

プロ野球OBが選んだ歴代No.1投手「分かっとる。ワッハハ…

 プロ野球OBによる「史上最高の選手は誰か」という投票結果をまとめた『プロ野球史上最高の選手は誰だ?』(宝島新書)が話題だ。105人のOB…

2019.08.09 11:00  週刊ポスト

「令和の怪物」と称される大船渡・佐々木朗希投手(写真:時事通信フォト)

大船渡・佐々木朗希は昭和33年の稲尾和久並みの酷使だった

 7月25日に行なわれた高校野球の岩手県大会の決勝戦・花巻東対大船渡で、最速163キロを誇るエース・佐々木朗希投手は登板せず、大船渡は敗…

2019.07.28 16:00  NEWSポストセブン

本塁打数歴代4位の「ミスター赤ヘル」こと山本浩二もランクインせず(写真:時事通信フォト)

歴代プロ野球選手の人気投票、あの選手が上位に入らない…

 12月24日、『プロ野球総選挙~レジェンド選手編~』(テレビ朝日系)が放送された。今回は、既に引退した選手のみで一番すごい選手を決め…

2018.12.27 16:00  NEWSポストセブン

金田正一氏 乱闘では「味方の選手までワシを踏んでやがった」

金田正一氏 乱闘では「味方の選手までワシを踏んでやが…

 プロ野球の歴史をひもとくと、乱闘どころか暴動と呼ばれるような事件も起きている。1974年5月23日、平和台球場での太平洋―ロッテ戦で、ロ…

2018.04.08 07:00  週刊ポスト

歴代最高投手総選挙1位の金田氏「当たり前だろうが!」

歴代最高投手総選挙1位の金田氏「当たり前だろうが!」

 テレビ朝日が1月、『プロ野球総選挙』という番組を放送したが、その結果は、投手部門の1位が今春、MLB・エンゼルスへの入団が決まった大谷…

2018.02.07 11:00  週刊ポスト

巨人・高橋監督 「引退即監督」の弊害はどこまであるか?

巨人・高橋監督 「引退即監督」の弊害はどこまであるか?

 球団ワーストタイ、42年ぶりとなる11連敗を喫した巨人。2年目を迎えた高橋由伸監督への風当たりも当然ながら強くなっている。開幕からセカ…

2017.06.07 16:00  NEWSポストセブン

大谷翔平は「金田+張本」「稲尾+王」「ダル+イチロー」?

大谷翔平は「金田+張本」「稲尾+王」「ダル+イチロー…

 これまで大谷翔平(22、日本ハム)の二刀流を評価するにあたって引き合いに出されてきたのが、メジャーリーグで唯一、「10勝+10本塁打」…

2016.10.27 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】平岡陽明氏 『ライオンズ、1958。』

【著者に訊け】平岡陽明氏 『ライオンズ、1958。』

【著者に訊け】平岡陽明氏/『ライオンズ、1958。』/角川春樹事務所/1600円+税 1番センター高倉、2番ショート豊田、3番サード中西、4番…

2016.09.12 16:00  週刊ポスト

天覧試合から60年、秘話を明かす

阪神・藤川球児の「火の玉ストレート」誕生秘話

 プロ野球の世界では「野茂英雄のフォーク」や「堀内恒夫のカーブ」など、数々の「決め球」が存在する。しかし、取材を進めると「変化球が…

2016.08.26 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス