鎧塚俊彦一覧

【鎧塚俊彦】に関するニュースを集めたページです。

勝間和代さんインタビュー:“汚部屋“が一転、一番快適な場所に! 人生が変わったきっかけとは
勝間和代さんインタビュー:“汚部屋“が一転、一番快適な場所に! 人生が変わったきっかけとは
経済評論家として、働く女性の代表的存在としても大活躍中の勝間和代さん。多忙を極める裏で、かつてはモノがあふれ収拾のつかない状態だった「汚部屋」を、「家が一番快適」というまでに蘇…
2019.11.19 07:00
SUUMOジャーナル
妻に先立たれた夫たちが「基金」設立にかける想い
妻に先立たれた夫たちが「基金」設立にかける想い
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、先日設立された「川島なお美動物愛護基金」と妻の遺志を継ぐ夫たちの想いを…
2017.10.01 07:00
NEWSポストセブン
松居一代の「離婚会見」FAXと仏壇放置に船越英一郎呆然
松居一代の「離婚会見」FAXと仏壇放置に船越英一郎呆然
 次々と更新するブログや、YouTubeへの動画投稿をきっかけに注目を集めている松居一代(60才)。夫・船越英一郎(56才)は、すでに離婚調停を申し立てている。6月7日、約1か月半ぶりに更新さ…
2017.07.06 16:00
女性セブン
がん患者 治療中断した方が25%長生きするという調査結果も
がん患者 治療中断した方が25%長生きするという調査結果も
 全米で75万部のベストセラーになったノンフィクション『死すべき定め』(アトゥール・ガワンデ著、2014年)では、がんで余命わずかと宣告された女性が妊娠・出産を経て闘病する模様などが描…
2017.02.04 16:00
女性セブン
故川島なお美さん 5千万円の墓にはロマネコンティ像
故川島なお美さん 5千万円の墓にはロマネコンティ像
 梅雨の合間の突き抜けるような青空の下、参列者のワイングラスに注がれたのは「Chateau Le Pin POMEROL」の1992年物。年間8000本ほどしか生産されない希少な赤ワインで、1本40万円前後とされ…
2016.06.17 07:00
女性セブン
鎧塚俊彦氏の想い強い 川島なお美さんの納骨できず
鎧塚俊彦氏の想い強い 川島なお美さんの納骨できず
 東京・六本木の高級タワーマンションから出てきた男性は、朝日を浴びながら、真っ直ぐに職場へと足を進める──。女優・川島なお美(享年54)が胆管がんで亡くなって5か月。夫の鎧塚俊彦氏(50…
2016.03.03 16:00
女性セブン
川島なお美 「女性の年齢の単位は才ではなくカラットです」
川島なお美 「女性の年齢の単位は才ではなくカラットです」
 愛のキューピッド=男と女を結びつける縁結びの天使…川島なお美さん(享年54)とパティシエ・鎧塚俊彦さん夫妻の場合は、愛のキュー“B”ッドだった。 放送作家のすずきBさんは、10年前、自身…
2015.12.19 16:01
女性セブン
川島なお美「墓守フレンズ」の輪 急逝で何も決まっておらず
川島なお美「墓守フレンズ」の輪 急逝で何も決まっておらず
 死んだ後にどんな墓にどう入るべきか──。そんな悩みを抱えている人も多いだろうが、今年9月にわずか54歳の若さで死去した女優・川島なお美も、生前に自らが入る墓の購入を検討していた。 東…
2015.12.16 16:00
週刊ポスト
鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々
鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々
 9月に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)の手記『カーテンコール』(新潮社)が出版された。そこには、2013年8月に胆管がんを告知されて以降の闘病生活が綴られている。がんを治…
2015.12.13 07:00
女性セブン
川島なお美による「迷医」の見分け方 患者の目を見ないなど
川島なお美による「迷医」の見分け方 患者の目を見ないなど
 9月に胆管がんで亡くなった川島なお美(享年54)の手記が出版された。『カーテンコール』(新潮社)と題されたその手記には、2013年8月に胆管がんを告知されて以降の闘病生活が克明に記され…
2015.12.12 07:00
女性セブン
がん発覚直後の川島なお美 東洋医学に関する本を大量に読む
がん発覚直後の川島なお美 東洋医学に関する本を大量に読む
 9月に胆管がんで亡くなった川島なお美さんの手記が出版された。生前綴られたその闘病記には、「絶対に自分で治す」という強い覚悟が焼きついていた。がんの告知から2年。膨大な書物でがんを…
2015.12.10 16:00
女性セブン
手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】
手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】
 年間1.8万人の死者を出し、日本人のがん死亡数の第6位に位置する「胆管がん」。今年9月、激やせの末に亡くなった川島なお美さんを襲ったのもこの病だった。今、彼女の胆管がんの「最善の治療…
2015.11.06 07:00
女性セブン
亡妻の下着、捨てるか残すか 処分しないと再婚できない例も
亡妻の下着、捨てるか残すか 処分しないと再婚できない例も
 9月24日に亡くなった女優・川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦氏は、死の前日まで夫の誕生会を密かに計画していたことを妻の携帯電話を見て初めて知り、〈遺品を整理していて妻の愛情を改めて感じ…
2015.10.30 07:00
週刊ポスト
死別した妻が美人であればあるほど男性は再婚できぬ確率上昇
死別した妻が美人であればあるほど男性は再婚できぬ確率上昇
 胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明か…
2015.10.08 16:00
週刊ポスト
妻と死別した男性 2~3年で新たなパートナーを探す例が多い
妻と死別した男性 2~3年で新たなパートナーを探す例が多い
 胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)は、昨年1月の手術前夜、夫の鎧塚俊彦氏(49)に「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」という遺書を綴ったとテレビ番組で明か…
2015.10.07 07:00
週刊ポスト

トピックス