芸能

最新芸能記事のRSS

くっきーら濃い目芸人と女優のCM増加 カギは「非炎上」

2018.08.22 07:00

 さまざま移り変わるCMの流行。そんな中で最近目立つのが、女優と芸人が共演するCMだ。そこにはどんな

 さまざま移り変わるCMの流行。そんな中で最近目立つのが、女優と芸人が共演するCMだ。そこにはどんな狙いが隠されているのだろうか。

◇濃いキャラ続々…美女と野獣

 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が3姉妹を演じるUQコミュニケーションズのCM。その新作にはコロコロチキチキペッパーズの2人が登場。スマホにまつわる悩みを抱えて「やっべーぞ」とナダルが震える後ろで、相方の西野は恐竜にくわえられるというシュールな作品だ。

 ソフトキャンディ『ぷっちょ』の新商品『ぷっちょボール』のCMに、橋本環奈とともに起用されているのは野性爆弾くっきー。橋本の頭の中の妄想ということで、巨大なぷっちょボールを模した風船から飛び出す。
 
 くっきーはまた、人気の動画アプリ『Tik Tok』のCMに、モデルで女優の黒木麗奈とも共演。『ぷっちょ』では橋本と直接の共演がなく、残念がったというくっきーだったが、今作では黒木と恋人気分でデートしている。

 広末涼子が出演するサントリー『ノンアルチューハイ のんある気分』。彼女が訪れた旅館で、マッサージ師となって現れるのがロバート秋山竜次だ。

ほかにも、大手うどんチェーン店『丸亀製麺』のCMで、うどん店の女将として出ている松岡茉優とやり取りするのは、飛脚役のジャングルポケット斉藤慎二。

 これら芸人の顔ぶれを見てわかるのは、いずれの顔ぶれもかなり濃い目であることだ。

 身長178cm、坊主頭でハイトーンボイスのコロチキ・ナダル。白塗りモノマネで知られるくっきー。ウエディングプロデューサーから明治の偉人まで、あらゆる人物に憑依するロバート秋山。ジャンポケ斉藤は顔からして濃い。女優だけであればCMへの記憶が薄まってしまう中、こうしたアクの強さで視聴者に強烈な印象を残すことができる。また「美女と野獣」ではないが、その対比は見る側に程よい「違和感」を与えてくれる。

◇“濃い”芸人の共通点とは?

 今回、紹介した4人の芸人に共通することは、強烈なキャラを持ちながらも、炎上しにくいキャラであるということだ。くっきーは、戸田恵梨香の前で、彼女の白塗りメイクをして現れても、またSexy Zoneの中島健人の似顔絵ということで30才以上も年の離れていそうなメガネをかけた中年男性を描いても、むしろ好感を持って受け入れられている。

 ロバート秋山も、各界のエンターティナーに憑依する「クリエイターズファイル」で、小生意気な子役を皮肉たっぷりにまねようとも「バカにしてる」とはならない。また、コロチキ・ナダルは、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、目上の者には媚びへつらい、後輩には厳しい本性を暴露されるなど「ひんしゅく行為」を暴露されても、むしろ「面白い」と歓迎されているむきもある。ジャンポケ斉藤も見た目は暑苦しく、また、あまり内容のない話を喋ったあとでも「ハイ~!」とシメて、笑いに変えるなどスキルの高さはテレビ業界では実は高く評価されている。

“濃い”芸人の起用は、そのクセの強さを生かし「違和感」を狙いながらも、大手企業のCMである以上、炎上までいかない程度の話題作りを狙ったものと言える。

◇逆パターンも、お笑いの付加価値要素

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP