唐橋ユミ一覧

【唐橋ユミ】に関するニュースを集めたページです。

唐橋ユミに初ロマンス発覚 メガネ外してデートする相手は?
唐橋ユミに初ロマンス発覚 メガネ外してデートする相手は?
 10月7日、日曜日の夕方6時頃、東京・渋谷の人混みを仲睦じく歩く男女の姿があった。ボーダー柄のTシャツにハーフパンツ姿の男性が手をつなごうとするが、小柄な女性は笑顔で振り払う。さらに男性は肩や腰に手を回そうとするものの、女性が「ダメよっ、もうっ」とばかりに振り払うが、その表情はにこやかそのもの。 女性は「日曜朝のメガネ美女」として知られるフリーアナウンサー・唐橋ユミ(43)だ。この日の午前中は、キャスターを務める『サンデーモーニング』(TBS系)の出演を終えたばかり。リラックスした様子の唐橋は、白いTシャツにジャンパースカートというラフな服装で、トレードマークのメガネを外し、出演時とは雰囲気がガラリと違う。 本人は自著で〈メガネを外すことは下着を脱ぐのと同じくらい恥ずかしい〉(『わたしの空気のつくりかた』より)と綴っていたが、テレビでは見せることのないメガネなしの表情も魅力的だ。 お相手の男性は、映像監督・脚本家の成瀬活雄氏(55)である。1997年に映画『不機嫌な果実』で監督デビューし、ドラマ『嫌われ松子の一生』『小さな巨人』(ともにTBS系)などの脚本も手掛けてきた。 この日は、渋谷の大衆居酒屋で食事をした後、歩いて帰路についた2人。帰り道になると、成瀬氏が唐橋の腰に手を回したり、頭や首を撫でたりしても、彼女が拒む様子はなかった。そして2人は同じマンションへ寄り添いながら吸い込まれていった──。「成瀬さんのトークイベントで唐橋さんが司会をしたり、ツイッター上でやりとりをしたりと、以前から2人は親しかった。昨年12月頃、唐橋さんの住むマンションに成瀬さんが引っ越す形で同棲生活が始まったようです」(芸能関係者) 冒頭のデートの2日後の夜、2人がマンションに帰ってきたところを直撃した。 この日も唐橋はメガネを外しており、お酒が入っているのか、少しトロンとした表情。記者が交際について質問すると、唐橋は「ごめんなさい」と2回繰り返し、かばうように彼女に寄り添う成瀬氏に促されながら、マンションに入っていった。 その後、唐橋は所属事務所を通じて「チャンスを逃すのはまずい年頃なので、そっと見守ってください!」と回答。成瀬氏の事務所は「プライベートなことは関知しておりません」と答えた。 この“初ロマンス”、きっと番組のスポーツコーナーで隣に座る張さん(張本勲氏)も、“あっぱれ”を贈るはず。※週刊ポスト2018年10月26日号
2018.10.13 16:00
週刊ポスト
メガネを外した唐橋ユミ 心許す男性に腰や肩に手を回される写真
メガネを外した唐橋ユミ 心許す男性に腰や肩に手を回される写真
「日曜朝のメガネ美女」として知られるフリーアナウンサー・唐橋ユミ(43)。本人は自著で〈メガネを外すことは下着を脱ぐのと同じくらい恥ずかしい〉(『わたしの空気のつくりかた』より)と綴っていたが、心を許す男性の前ではやはり、雰囲気がガラリと違う。 10月7日日曜日の夕方、渋谷。仲睦まじく歩くボーダー柄のTシャツにハーフパンツ姿の男性は、映像監督・脚本家の成瀬活雄氏(55)である。 この日は、渋谷の大衆居酒屋で食事をした後、歩いて帰路についた2人。帰り道になると、成瀬氏が唐橋の腰に手を回したり、頭や首を撫でたりしても、彼女が拒む様子はなかった。そして2人は同じマンションへ寄り添いながら吸い込まれていった──。 唐橋の住むマンションに成瀬氏が引っ越す形で同棲生活が始まったのは昨年12月頃だという。※週刊ポスト2018年10月26日号
2018.10.13 15:55
週刊ポスト
元関脇・琴錦と唐橋ユミのBS番組で相撲がもっと楽しくなる
元関脇・琴錦と唐橋ユミのBS番組で相撲がもっと楽しくなる
 角界が揺れる中、「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、BSの番組で軽妙なトークを披露している朝日山親方(元関脇・琴錦)について、尾崎氏がつづる。 * * * BSフジ『大相撲がっぷり総見』。朝日山親方と唐橋ユミのたのしい掛け合い、細かい説明が勉強になるので大好きな番組だ。 弟子不足に悩まされていた朝日山部屋。以前から勧誘していた少年達にはことごとく振られたが、追うのをやめてみたところかえって志願者が来るようになったそうで現在は六名になり来年は三、四名入門予定者がいるという。今どきの少年には、古い兄弟子がいないぶんのびのび過ごせる朝日山部屋が選ばれるのかもしれない。 九月場所、枝川親方が体調不良のため、朝日山親方が審判を務めた(紋付きが採寸して作ったのにもかかわらず大きすぎて座ると襟元が浮いてしまい、テレビを見た呉服業の知人から『みっともない』と指摘されたそうだ)。そのことから十一月場所前の放送では「審判のお仕事とは?」とのQ&Aコーナーがあった。「自分の担当時間に会場入りすればいい」は×。十両と幕内の取組を編成する会議が毎日十一時より行われるので、自分の担当する取組が遅かったとしても十一時までには必ず入っておかなければならないとのこと。 十両と幕内前半・後半の三部は基本的に審判部が全員で審判する。それに加えて幕下以下の取組でも一日一回は審判をするので一日に二回審判をすることになる。それにあてはまらないケースとして朝日山親方が挙げたことが、私には興味深かった。 朝八時半からの序ノ口を担当した審判はもう帰ってもよいとされているそうだ(映像での確認をするビデオ室係になれば残らなければならない)。以前国技館で八時半に土俵下に座っている佐ノ山親方(現九重親方)のむくんだ顔を見て、ウッワー眠そう、と思った。 ほんの少し前の現役中、大関千代大海は夕方五時半を体内時計の中心としてたたかっていたのだから八時半はきつい(寝ぼけまなことは対照的にソフトモヒカンはビシッときまっていて、中学時代九州一の不良であったことを思い出させた)。 引退直後の新米親方であるからして早朝から夕方までやる事がびっちりあるに違いないと思い勝手に「お疲れ様でございます」と頭を下げたのだが、今回の朝日山親方の話からすれば十一時前に解放される朝一はむしろおいしい役目ではないか。私だったら朝一を毎日担当したい、できればビデオ係なしで。「取組の進行は審判が行う」は〇。十両の土俵入りは二時半なので、幕下の取組は二時二十九分に終わるのが理想。幕下以下は待った(蹲踞から仕切りまでの一連の所作)を一度して立つことになっているが、審判が時計を見ながら進行を計り、早すぎる場合には呼び出しに塩を用意させ通常は行わない塩まきをさせる時もある。 取組までの時間が幕内四分、十両二分と決められているのだ、と朝日山親方は審判部で仕事をするようになるまで思っていたのだそうだが(私もそう思っていた)、実際は懸賞の数と時刻を考慮し待ったの回数を変え、呼び出しにはタオルを渡させる(力士に向けて最後だとの合図)、行司には「時間いっぱいです」と伝える手信号を出しているとのこと。「審判席に持ち込んではいけないものがある」は×。紋付きのたもとに取組表と赤鉛筆。出ることはできないが携帯電話、持っていても飲めないけれど飲み物などが入れられている。朝日山親方が入れられているものとして挙げ、しかし食べることができないとは言及しなかった飴玉。もしかして土俵下でコロコロと飴を食べている親方がいるのではないかと気になってしょうがない。 初日の四日前にチェックしたらまだチケットが売れ残っていたからゼロ泊で福岡に行こうかと思ったが、テレビで落ち着いて審判の様子を観察することにした。朝日山親方のおかげで相撲のおもしろい見方がまた増えてしまって、ちょっと困っている。※週刊ポスト2017年12月8日号
2017.11.30 07:00
週刊ポスト
唐橋ユミ 福島風評被害乗り越え実家の日本酒が世界一を獲得
唐橋ユミ 福島風評被害乗り越え実家の日本酒が世界一を獲得
「『福島から世界一』を目標に頑張ってきましたから、チャンピオンに選ばれた瞬間は自然と涙がこぼれました」 そう喜びを語るのは、7月16日に英国・ロンドンで開かれた世界最大級の国際ワイン品評会であるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の日本酒部門で「チャンピオン・サケ」を受賞した「ほまれ酒造」(福島県喜多方市)の唐橋裕幸社長だ。 応募876銘柄の頂点に輝いたのは「会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸」。南国の果実のような華やかな風味と、酸味と甘みのバランスが高く評価されたという。 世界一までの道のりは険しかった。2011年の福島第1原発事故以降、風評被害に苦しめられた。「『友人からお宅の酒をもらったんだけど、飲みたくないから着払いで送り返したい』とか『家が汚染される』と言われたこともありました。海外のお客さまから『体調が悪くなったのはお宅の酒のせいじゃないか。放射能検査証を送れ』と求められたことも。 米も水も検査は徹底して、安全には最大の注意を払っています。今回の受賞で福島の酒が安心というだけでなく、美味しい酒だと知ってもらうことが風評被害払拭に繋がると期待しています」(唐橋社長) そんな唐橋社長の妹は、フリーアナウンサーの唐橋ユミ(40)だ。彼女は同社が商品化した「会津ほまれ化粧水」を使っていることをラジオ番組で語るなど、会津ほまれのPRに一役買ってきた。兄の快挙に、こんなコメントを寄せた。「私が見る初めての兄の涙に、若くして蔵を継いだ兄の苦労を感じました。何かを変えなきゃとチャレンジした結果が世界へ打って出ることでした。それが最高の形で実を結んだ。今回の純米大吟醸酒はすべて手造りで、造り終わる頃には杜氏さんは精根尽き果てると聞きます。杜氏さんはじめ社員のみなさんの力が結集したお酒です。本当においしいので、皆さんもぜひ飲んでみてください!」※週刊ポスト2015年8月14日号
2015.08.05 07:00
週刊ポスト
バナナマン日村と熱愛の神田愛花アナ そのスタッフ評とは?
バナナマン日村と熱愛の神田愛花アナ そのスタッフ評とは?
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、バナナマン日村とまさかの熱愛が発覚した神田アナの素顔に迫る! * * * 驚いた。恋愛にも結婚にも縁がないというイメージだったバナナマンの日村勇紀と、元NHKで、2012年からセント・フォースに所属しているフリーアナ、神田愛花の熱愛が“フライデー”されたのである。 二人は既に半同棲中。双方の所属事務所も認めているというのだからさらに驚いた。 私は、4月14日オンエアの『踊る踊る踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の収録(3月末)で、初めてナマ神田を見ている。 日本テレビアナウンサーの小熊美香、『news every.』(日本テレビ系)でエンタメコーナーなどを担当し、『~さんま御殿!!』スペシャルの“女芸人VS女子アナ”企画には不可欠の伊藤綾子、そして、『情報ライブ ミヤネ屋』(同)を卒業し、フリーになりたての川田裕美と共に神田はやってきた。 小熊が白い半袖ニット、伊藤と川田は長袖のブラウスという女子アナらしい装いのなか、神田愛花はピンク、オレンジ、イエローを大胆に配したノースリーブのワンピース姿。ネイルのベースはナチュラルだったがブラウンのドット(水玉)を多数散らす…という、かなり挑戦的なファッションでやってきたのだ。 オープニング、明石家さんまが初登場者を紹介する際も、さんまサンが「神田愛花さん」と言い終わるか終わらないかのタイミングで、やや食い気味に「ご無沙汰してます、さんまサ~ン」と、およそ元NHKらしからぬハイトーンボイスで御挨拶。 かつて明石家さんまが『27時間テレビ』(フジテレビ系)の名物企画「さんま・中居の今夜も眠れない」内で、好みの女性をランキングする「ラブメイト」で神田愛花は4位に選ばれているのである。 この「ラブメイト」に選ばれることは、綾瀬はるか、井上真央、北川景子クラスの女優であっても嬉しいことだと聞く。当時NHKのアナウンサーだった神田にとっても、天にも昇るような体験だったと思われる。 そのとき、明石家さんまと結婚するのではないかと思ったという神田愛花。「でも、その先のコトは選んでいただけなかった」と自己紹介時に言ってのけた彼女に、柴田理恵、友近、いとうあさこら、おなじみの“女芸人軍団”の表情がピクッとなったのを私は見逃さなかった(笑い)。 そんな神田愛花を見た『~御殿!!』のスタッフは、「いいのが来た」だった(笑い)。女子アナらしく高いプライドをもち、しかし、脇がゆるめで、けっこう怖いモノなし…。「これは伊藤綾子の再来かもね」と我々女性スタッフも神田愛花にはおおいに期待をした。 その期待に違わず、収録中、神田愛花は、いとうあさこを「おキレイですし…」と言い、さんまサンから「あん?」と聞き返され、「おキレイでした」と、まずは上から目線&心にもない(?)発言。NHK時代、『爆笑オンエアバトル』の司会を1年間していた神田は、顔見知りの芸人が多数いるようだった。 いまから思えば、これが日村とつながる大きなヒント。そして、この日の『~御殿!!』では、神田がコメントしたイントネーションに対し、ハリセンボンの近藤春菜が「クールポコさんみたいですよねぇ」とツッコむ場面も見られたのである。 柴田理恵が「目も悪くないのにメガネをかけているキャスターがいる」「オジサン受けのためにやっている」「私は毎週見ている…」と名前こそ出さなかったものの『サンデーモーニング』(TBS系)の唐橋ユミを思わせる“メガネ女子”批判をしたときのこと。 そのフォローにまわったのか、神田は「私もあります」とカットイン。自分は肩書きに必ず「元NHK」と付いてしまうので、勉強(下調べ)していないときや、中身が追いついていないと思ったときはメガネをかける…と勇気ある発言をしたのである。 さんまサンからは「コントやないか」とツッコまれ、元TBSのアナウンサーで、日本初の女性ニュースキャスターでもある吉川美代子さんからは、「勉強しなさいよ、メガネかけてる暇があるなら」と叱られた神田愛花。そのコメント中、「………あるんですよ~」と言ったイントネーションがクールポコ似だったのだ。 神田愛花がクールポコの真似をしていたかどうかは定かではないが、ここにもまた日村と交際しているヒントが隠されていたのかもしれない…。 一方、バナナマンの日村勇紀は、相方の設楽統が『ノンストップ!』(フジテレビ系)を始め、情報番組やバラエティーをメーンで仕切り、「キャスター」という肩書きを手に入れようとしているなか、健康を顧みず、「日村会」メンバーと飲み歩いている話をよく聞く。特にホリプロコムの後輩でもあるスピードワゴン井戸田潤は「日村さんはホントに後輩想い」「ホントに優しい人」と言い、日村に呼び出されれば何時でも、どんな遠くからの帰りでも飲み会に参加している。 そんな日村をカレシに選び、半同棲し、もしかしたら結婚もあるかもしれない神田愛花。 勝手ながら、『~御殿!!』的には、もっと、そのキャラクターをいじり、育てていきたかったのだが、日村との熱愛発覚で神田愛花のイメージは劇的にアップしてしまった。日刊スポーツには「世のブサイクに『勇紀』与えた」との見出しが躍った。 女子アナと結婚する芸人には内村光良、大竹一樹、天野ひろゆきを始め、人気者が多いが、妻の好感度が上がったという話はあまり聞かない。そんななか、明石家さんまにも認められ、日村を救った神田愛花の人気はこの先、上がってしまいそうだ。 まぁ、それでもいいのだけれど(苦笑)、“第2の伊藤綾子”だと思っていた私は少々ガッカリしている…。
2015.04.18 07:00
NEWSポストセブン
民主党・渡部恒三氏の後継者候補に唐橋ユミアナ急浮上説出る
民主党・渡部恒三氏の後継者候補に唐橋ユミアナ急浮上説出る
 消費増税を巡って政局は大混乱。9月にも解散総選挙との予測も流れ、各党は水面下で候補者探しに奔走中だ。 そんな中、『サンデーモーニング』(TBS系・日曜8時~)のスポーツコーナーで、おじさまのハートを鷲づかみにしている唐橋ユミキャスター(37)に民主党が選挙の出馬要請をしたという情報が入った。 民主党関係者が明かす。「出馬を依頼したのは、渡部恒三議員です。彼は今年の5月で80歳になりますからね。本人も『(次の衆院選に)出たら笑われる。できるだけ若い人に任せたい。30代、40代の人がいい』と話すなど引退をほのめかし、後継者探しを始めています。 そこで、今回唐橋さんに白羽の矢がたった。キャスターとして人気があるだけでなく、彼女の知性や行動力なども評価してのことのようです」 渡部氏は福島4区選出の議員で、初当選の1969年から通算14期、長年にわたって地盤を守り続けてきた超大物議員のひとり。選挙区である福島4区には、唐橋アナの故郷・喜多方市も含まれている――。 前出の関係者が続ける。「渡部さんは今年に入ってから、息子さんを通じて唐橋さんと食事の場をセッティング。そこで、『君のような人にぜひ頑張って欲しい』と出馬を打診したようです」 唐橋アナを直撃すると、「地元のパーティーで渡部さんにお会いしたことはあります。大勢の人がいるお酒の席で『福島を頼む!』と冗談でいわれたりはしましたけど、出馬の依頼はないですよ(笑い)。第一、私は、そんな器じゃありません」 と、会ったことがあると認めたものの、出馬要請については否定した。※週刊ポスト2012年4月20日号
2012.04.09 07:00
週刊ポスト
漢方ブーム 医師の89%が漢方薬処方し人気薬局は1か月待ち
漢方ブーム 医師の89%が漢方薬処方し人気薬局は1か月待ち
 ananに始まり、唐橋ユミが漢方ブームを加速させているという。このブーム、女性が中心というが、実はオヤジ世代にも波及。なんと、医師の約9割が漢方薬を処方、人気薬局には1か月待ち現象まで起きているという。ネット文筆家の奈良巧氏が報告する。 * * * 漢方が本格ブームだというのだ。anan特別編集「漢方ブック」が出て、結構売れてから1年半近くになる。 今年3月24日(土)に放送されたNHK「ここが聞きたい名医にQ」。テーマは「漢方で解消!冷え・痛み・女性の悩み」だったが、司会の唐橋ユミに惹かれてついつい見てしまったオッサンも多いことだろう。(http://www.nhk.or.jp/kenko/drq/archives/2012/03/0324.html) このブーム、女性が中心というが、実はそうでもないようだ。薬局で買える薬も、実は漢方が多くなっている。 おなかの脂肪が多い方にという「ナイシトール」だが、これは防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)という漢方薬処方。同様に肥満改善薬と言われている「ビスラットゴールド」も8種類の生薬を使った、大柴胡湯(だいさいことう)だ。 驚いてはいけない、扁桃腺にヌリヌリする「のどぬーるガラゴック」も、駆風解毒湯(くふうげどくとう)という漢方のエキスが主成分だ。 さて。身近な薬局ではなく、病院ではどうだろう。昨年10月に日本漢方生薬製剤協会が発表した「漢方薬処方実態調査」によれは、漢方薬を現在処方している医師は89%(2008年調査では84%)に上っているという。(http://www.nikkankyo.org/topix/news/111114/jittaichousa2011.pdf) お医者さんの9割近くが、漢方薬の処方をしている、というわけだ。とはいえ、処方の量は西洋薬92%対漢方薬8%だが、一般のお医者さんに行って、漢方薬が処方される、というのはちっとも不思議ではない。 実は私も先日、板橋の病院に花粉症で行ったときに「漢方薬出しておきましょう、使ってみてください」と「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」を処方され、毎日3回、顆粒の薬をせっせと飲んでいたところだ。 調べてみると「漢方製剤の記載を含む診療ガイドライン」(日本東洋医学会)によれば、全ての漢方薬の中で、たったふたつだけ、A評価「行うことを強く推奨」のものがある。「小青竜湯」(しょうせいりゅうとう)疾患:通年性アレルギー性鼻炎「麦門冬湯」(ばくもんどうとう)疾患:  咳感受性の亢進している気管支喘息  このふたつは、日本東洋医学会が太鼓判を押している薬、というわけだ。 気管支も弱い私は、この「麦門冬湯」の処方も受けてこんどは毎日生薬を煎じて飲んでいる。女性特有の悩みを治すと思っていた漢方薬ブームだが、肥満、花粉症、気管支喘息など、オッサン世代にもじわじわと浸透中、というわけだ。【参考情報】 東京の帝国ホテルの中にある漢方薬局「薬石花房幸福薬局」(やくせきかぼうこうふくやっきょく)が人気。私も処方をお願いしようと思ったが、3週間~1ヶ月ほど待ちなので断念。 東京の品川にある「薬日本堂」(http://www.nihondo.co.jp/)では「漢方セミナー」を常時行なっている。圧倒的に女性が多いが、20人にひとりくらいは、いい年をしたオッサンを発見。 隣接する「薬日本堂」漢方ブティックで「漢方相談」を受けて、ゼンソクの薬も処方してもらった。(麦門冬湯は1日735円、29日分だと2万1315円になる計算) 漢方薬局では、保険適用にならない。「漢方のお医者さん探し」などで検索すると、保険適用のお医者さんが探せる。
2012.04.04 16:00
NEWSポストセブン
福島県出身・唐橋ユミ 「世は無常」と自分を納得させる日々
福島県出身・唐橋ユミ 「世は無常」と自分を納得させる日々
「震災以降、日々原発のニュースが流れてきて、“どこに気持ちを落ち着けたらいいのだろう”という生活がずっと続いています。どんなに考えても答えは出なくて、『この世界は無常なんだ』と、ひたすら自分を納得させる毎日です」 昨夏に本誌週刊ポストのグラビアを飾った際、故郷の福島を思う苦しい胸の内を明かしていた、フリーキャスターの唐橋ユミ(37)。 東日本大震災から1年の節目に彼女は何を思うのだろうか――。「被災地の瓦礫が撤去される前後を見比べると、この1年は早かったなと思います。ですが福島に関しては、景色はそんなに変わらないところでも、取り巻く環境は原発事故で一変してしまいました。収束宣言が出されても原子炉は不安定な状態が続いていて、完全な収束はまだ先でしょう。時の流れがスローに感じて、もどかしくてなりません」(唐橋=以下同) 震災当日は都内で地下鉄を利用しており、駅のホームに降り立つ瞬間に激しい揺れに襲われたという。大波にさらわれた小舟に乗っているような恐怖を覚え、とっさに脳裏をよぎったのは、福島に暮らす家族や友人の顔だった。 地元の喜多方市は比較的被害が少なく、実家の造り酒屋「ほまれ酒造」も実質的な被害は少なかったが、5月上旬にようやく福島へ戻ると被害の大きさに言葉を失ったという。「巨大水槽を誇る『アクアマリンふくしま』は水槽が割れ、あんなにたくさんいた魚が全部いなくなって、館内が砂だらけになっていました。地元の方々の話も忘れられません。子供を持つ40代の男性は、『放射能は安全だか、危険だか、わからないことばかり。ただひとつわかっているのは、“死ぬまでつきあっていくんだ”ということだ』と、話されていました」 テレビ番組『サンデーモーニング』(TBS系)のスポーツキャスターを務める一方で、パーソナリティも務める彼女は、ラジオ番組『吉田照美ソコダイジナトコ』(文化放送)で、震災について語ってきた。この震災ほど「マイクが恋しいと思ったことはなかった」という。正確な情報を、迅速にリスナーに届けたい――。現地で取材をするジャーナリストにヒヤリングをし、震災直後から被災地の生の声を伝えてきた。「早い段階から現地でガイガーカウンターが振り切れた話などを伝えていたので、当初は『煽らないでほしい』とか『ラジオを聴かなくなった』という反発もありました。私自身福島の人間なので、葛藤はあったんです。でも徐々に現地で取材する方々の証言が正しいとわかってきて、直視するようになった。情報が開示されていくとリスナーも戻ってきてくれました」撮影■樂満直城※週刊ポスト2012年3月9日号
2012.03.04 07:00
週刊ポスト
ノースリーブワンピ姿で微笑む眼鏡をはずした唐橋ユミさん
ノースリーブワンピ姿で微笑む眼鏡をはずした唐橋ユミさん
日曜朝の『サンデーモーニング』(TBS系)のスポーツコーナーで野球評論家・張本勲氏の隣で微笑んでいるメガネ美女・唐橋ユミ(37)が『週刊ポスト』9月5日号でグラビアを披露した。グラビア撮影はほとんど初めてだった彼女。写真家の渡辺達生氏のフレンドリーな雰囲気に、時間が経つにつれて自然な笑顔が出てくるように。着物を着たカットが実家のお父さんから好評だったそう。掲載直後は、Twitterなどで話題になるなど、彼女のポテンシャルを感じる作品になった。【プロフィール】 からはし・ゆみ 1974年10月22日生まれ。福島県出身。身長155cm。大学卒業後、テレビユー福島の報道部に勤務。2004年に退社し、現在、テレビ『サンデーモーニング』(TBS系)、『ここが聞きたい!名医Q』(NHKEテレ)、ラジオ『吉田照美ソコダイジナトコ』(文化放送)、『広告の番組』(テレビ東京系)に出演している。また、城西国際大学の非常勤講師も務めている。撮影■渡辺達生※週刊ポスト2012年1月1・6日号
2012.01.08 07:00
週刊ポスト
唐橋ユミ 『サンデーモーニング』で相撲ネタをよく提案する
唐橋ユミ 『サンデーモーニング』で相撲ネタをよく提案する
「スポーツ行きましょうか」日曜の朝、9時頃、『サンデーモーニング』(TBS系)司会の関口宏氏のこの言葉で、張本勲氏やゲストと共に現われる赤いナイロールの愛しの君、唐橋ユミさん。「当日の朝は3時45分に起床、シャワーをあびて迎えのクルマに飛び乗って、5時に局に入ります。6時からスタッフミーティング、原稿やVTRの確認、関口さんから質問があれば調べ、あっという間に8時で本番です」時に彼女がスポーツコーナーで披露する手作りのフリップ。放送前々日の金曜にネタ出し。スポーツだけじゃなく、1週間のニュースから選ばれる。「大好きなんで、相撲ネタやりませんかってよく打診するんですけど、なかなか(笑い)」運良く選ばれれば、金曜の夜までに大まかに作り、土曜日にプレゼン。OKが出てからようやく本格的な作り込みが始まる。「手作りがあるとどうしても寝るのは12時過ぎになっちゃいますね」これ以外にレギュラー番組を週2本、さらに月~金のラジオ番組も抱える。「ニュースを録画することが多いですね。あと自分の番組も。レコーダーはリビングに置いてるんですが、たまる一方で。実家にいる頃から、お風呂やキッチンにテレビがある生活に憧れていたんです」※週刊ポスト2011年12月2日号
2011.11.27 07:00
週刊ポスト
唐橋ユミ スコアが悪いと自分の世界に入るゴルファーが苦手
唐橋ユミ スコアが悪いと自分の世界に入るゴルファーが苦手
現在、『サンデーモーニング』(TBS系)、『ここが聞きたい! 名医にQ』(Eテレ)などのテレビ番組のほか、ラジオ『吉田照美ソコダイジナトコ』(文化放送)で“ゴルフジャーナリスト”の上杉隆氏と共演し、城西国際大学の非常勤講師も務める唐橋ユミさんは、ベストスコア105のゴルフ女子。女性の立場から見た「モテるゴルフ」を語ってもらった。* * * 仕事場と違う顔が見えたときはポイントが高い。職場では常にクールな人が「あいつド下手だからカートの陰に隠れた方がいいよ」と身を隠すのを見て、こんなところがあるんだと思ったことがある。茶目っ気があるというか、ゴルフは違う顔が見えるから楽しいですね。ファッションもそう。ついついウェアに目がいっちゃいますね。海外で買ってきたかわいい刺繍のシャツとか着てたりすると、「こんな可愛いところがあるんだ」と見直してしまいます。クラブカバーやちょっとした小物でも、かわいいのを持っていると、「会社の机の上と違うじゃないの」と、がぜん興味が湧いてきますね。ただ、ゴルフウェアによっては、結構お腹が出ているなと気がついたりすることもあるので要注意です。もうひとつ、スコアが悪いと自分の世界に入ってしまうゴルファーはイヤですね。お昼休みもひとりだけ黙ってしまう。こういうゴルファーは周りを不幸にします。私もこういう人と一緒に回ったことがあるんですけど、ゴルフの後は遠い存在になってしまいました……。ゴルフが上手でなくても、前向きで笑いを誘うゴルファーは好感が持てる。下手なゴルファーは仲間意識が芽生えますしね。どうせ同じ時間を過ごすなら、笑顔で芝生の上を歩きたいですね。※週刊ポスト2011年11月18日号
2011.11.10 16:00
週刊ポスト
メガネ女子アナ続々登場! 秋元優里、大橋美歩、青木裕子他
メガネ女子アナ続々登場! 秋元優里、大橋美歩、青木裕子他
現在、日本人の2人に1人が近視とされ、6000万人がメガネを所持している時代。「中学生の時点で半数が視力1.0未満」という文部科学省のデータもある。パソコンやネットの普及もあってか、日本人の視力は下がる一方だが、もちろんそれは華やかな女子アナ界でも同じこと。「オフではメガネ」という女子アナが急増中のようだ。最近ではフリーアナウンサーのアヤパンこと高島彩(32)が「第24回日本メガネベストドレッサー賞」を受賞し、『サンデーモーニング』キャスターの唐橋ユミ(37)が真っ赤なメガネをトレードマークにして人気を得るなど、再びメガネブームが巻き起こっている。高学歴な女子アナたちのメガネ率は高く、街に出る際もただの“変装道具”としてではなく、メガネファッションを満喫している様子。不思議と知的イメージもアップする女子アナたちのメガネエピソードを紹介しましょう!●大橋未歩(33・テレビ東京) 自身のブログで愛用の黒縁メガネ姿を披露し、「かわいすぎる!」と話題になったことも。もっと番組収録でもかけてほしいです。●青山祐子(38・NHK) NHK夜のニュースを担当してきた彼女は、オフのときはメガネが基本という。高級そうなメガネがキマるセレブ婚アナだ。●大島由香里(27・フジテレビ) 「メガネっ娘&メガネ男子コンテスト」取材の際にメガネ姿を披露し、ファンを萌えさせた過去もある。●青木裕子(28・TBS) 「よくメガネを壊すので普段はコンタクト派」だそう。赤坂サカスで購入した5250円のメガネを愛用中とか。●小倉弘子(37・TBS) コメンテーターとして番組に出演する際はだいたいメガネを着用する彼女。TBSを代表する、ザ・メガネ美女だ。●秋元優里(27・フジテレビ) プライベートではサングラス、通勤はメガネと使い分けている。たまには『ニュースJAPAN』でもメガネ姿を披露してほしいです。●中野美奈子(31・フジテレビ) メガネ着用率の高いフジ女子アナ。もちろんナカミーもデスク勤務時はメガネが基本。視力が低く、朝起きた時は「メガネ、メガネ~」だとか。※週刊ポスト2011年11月4日号
2011.10.27 07:00
週刊ポスト
唐橋ユミに「女教師風の眼鏡をかけてほしい」とリクエストも
唐橋ユミに「女教師風の眼鏡をかけてほしい」とリクエストも
「すごく緊張しましたが本当に楽しかった! でも、ポーズのバリエーションも少ないし、まだまだですね。色々とご指導いただいたので、家で復習します(笑い)」 こう話すのは、9月5日発売の『週刊ポスト』グラビアに登場した、人気急上昇中のメガネ美女・唐橋ユミ。日曜朝の『サンデーモーニング』(TBS系)のスポーツコーナーで野球評論家・張本勲氏の隣で微笑んでいる、あの美女だ。 報道色の強い彼女だが、ドラマ出演するなど、仕事の幅も意欲的に拡大。今回は初めて週刊誌の表紙&グラビア撮影に挑んでくれた。「30代に入って、近頃自分を飾らなくなりました。歳を重ねて肩の力も抜けたのかな。仕事でも自分らしさを出せるようになりました。 吉田照美さんとの朝のラジオ番組も大きいですね。素の自分が伝わりやすく、言葉にも自然と、より力がこもります。ラジオならではの濃い情報が満載なので、ぜひ聴いていただきたいです。 メガネも私らしさのひとつ。これをきっかけに顔を覚えてもらえたので大切なアイテムです。たまに『女教師風のメガネをかけてください』なんてお便りがきたりして(笑い)、注目していただいているんだなと、感謝しています」※週刊ポスト2011年9月16・23日号
2011.09.11 07:00
週刊ポスト
唐橋ユミの「巨乳」騒動に実父 「あれで巨乳の部類?」
唐橋ユミの「巨乳」騒動に実父 「あれで巨乳の部類?」
 毎週日曜朝、『サンデーモーニング』(TBS系)で「喝」を飛ばす野球評論家・張本勲氏の隣で微笑むメガネの美女・唐橋ユミ(36)。彼女がGW中にツイッターで「私は巨乳ではありません」とツイートした内容がネット上で話題となった。 そんな唐橋アナの実家は、福島・喜多方で大正7年から続く老舗酒造会社の『ほまれ酒造』。同社の看板商品「会津ほまれ」の名を知る人は多いだろう。余計なことと承知しながら、おそるおそる三代目社長を務める父・幸市郎氏を直撃したところ、豪快に笑い飛ばした。「あの子が巨乳メガネで人気だって? 知らなかったなァ! あれで巨乳の部類に入るんですかねェ(笑い)。メガネは、一度チェ・ジウさんと打ち合わせしている時に、“メガネの方が似合うよ”といっていただいて、それからかけているみたいですね」 唐橋アナの人気は絶大で、店には熱烈なファンが多く訪れるという。先日は唐橋アナのサイン入り「会津ほまれ」プレゼントキャンペーンを実施したところ、大好評だったとか。「月曜から金曜までラジオに出させていただいている関係で、ラジオのファンの方が多いです。4月からは新しい番組も始まったし、ユミの認知度が上がってきているのかもね」 福島といえば大震災に加えて原発事故の被害が直撃しているが、「むしろ全国から“福島を応援しよう”という声をいただき、ありがたい限りです。ユミも余震がある度に連絡をくれますが、無事で頑張っていますよ」 最後に、唐橋アナの結婚について聞くと、「今、何歳だっぺか……36だな。いやァ、それは本人が決めることだからなァ」※週刊ポスト2011年5月20日号
2011.05.11 07:00
週刊ポスト

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン