中田敦彦一覧/3ページ

【中田敦彦】に関するニュースを集めたページです。

水道橋博士は宅建資格者、石坂浩二は不動産鑑定士!「住宅芸能人」を調べてみた
水道橋博士は宅建資格者、石坂浩二は不動産鑑定士!「住宅芸能人」を調べてみた
連日テレビなどで活躍する芸能人。トーク番組で調理師や教員、武術の有段者など資格を有していることを披露するところを目にした人も多いはず。それぞれ、イメージ通りのものもあれば、意外性を感じる資格を取得している人もいる。なかには住宅・不動産に関連する資格を持っている人も。ここでは「住まい」に関する資格を持った俳優、アイドル、お笑い芸人などを紹介しよう。まず、住宅・不動産関連の資格で思い浮かぶ代表的なものとして宅建主任者(宅地建物取引主任者)がある。これは住宅の仲介を行う不動産会社を経営するために必要な国家資格で、俳優の石坂浩二や芸人・浅草キッドの水道橋博士などが資格を持っている。石坂氏はさらに不動産の経済的な価値を評価できる不動産鑑定士の国家資格も持っているそう。宅建主任者と並んでメジャーな資格に建築士がある。1級と2級の2種類があり、大型の建築物でも設計できるものが一級、設計できる建物の規模に制限があるものが二級となっている。一級建築士の資格取得者はいないものの、二級ならお笑い芸人のアントキの猪木が有資格者だ。住宅を購入する際にお世話になることがあるファイナンシャル・プランナーの資格を持っている芸能人もいる。ラジオなどでお馴染みのフリーアナウンサー・生島ヒロシのほか、オリエンタルラジオ中田敦彦と結婚したタレント福田萌も2級ファイナンシャル・プランニング技能士を取得している。芸能人や著名人のプロフィールを見る機会があれば、資格欄に注目してみてはいかがだろうか。今までと違った見え方・印象を抱くことができるかもしれない。
2013.01.28 23:00
SUUMOジャーナル
福田萌と田中みな実 オリラジ挟んで結婚会見でプチバトル?
福田萌と田中みな実 オリラジ挟んで結婚会見でプチバトル?
 ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子…、様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開する『メルマガNEWSポストセブン』。6月8日配信の最新号18号では山田美保子氏が、オリエンタルラジオ中田敦彦と福田萌の結婚会見で起きた“妙なハプニング”に言及する。 * * * オリエンタルラジオの中田敦彦がタレントの福田萌と結婚。慶應義塾大学卒と横浜国立大学卒の高学歴夫婦…とキレイにまとまるハズだった会見をブチ壊した(!?)のは、TBSの田中みな実アナウンサーである。 同局のカメラを引き連れて、「TBSテレビです」と質問に立ち、「(相方の)藤森(慎吾)さんに結婚を伝えたときの心境を教えてください」と切り出したのだ。「感慨深いものがありましたね。彼とは友人期間を含めて……」と、にこやかに答え始めるも、場内の異変に「アレッ?」という表情になった中田。新郎新婦に向けられていたカメラが一斉に田中みな実アナの方に向けられたからに他ならない。 その後も、「藤森さんは結婚について、しっかり考えていると思いますか?」「いつかコンビで幸せになれるといいですね。そのときはぜひよろしくお願いいたします」と「頑張った質問」(中田敦彦談)を続けた田中みな実アナ。会見のオイシーところを全て持って行くのが『サンデージャポン』(TBS系)の“伝統”とはいえ、これには、それまで満面の笑みを浮かべていた福田萌の表情までも曇らせた。 おさらいだが、「みんなのみな実」こと田中みな実アナに二股交際疑惑がもちあがったのは5月半ばのこと。『サンデージャポン』の男性ADと東京ミッドタウンで花見デートを楽しむ様子が写真誌に撮られた直後、同番組に度々出演し、ロケでも共演しているオリラジ藤森慎吾との交際報道が出たのである。ふたりはイタリアンレストランで複数回、食事をし、頻繁にメールのやりとりをしているという。翌週の『サンジャポ』で、田中みな実アナは二股交際を全面否定。藤森も電話出演して交際を否定したが、本当のところは、相方の中田敦彦も「わからない」そうな。※メルマガNEWSポストセブン18号
2012.06.08 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン