前田愛一覧

【前田愛】に関するニュースを集めたページです。

『いだてん』には構造改革が必要か
勘九郎、“いだてん走り”の陰に1日8kmランと妻による栄養管理
 6日にスタートし、宮藤官九郎氏の脚本で話題を集めているNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』。大雨の中、五輪予選のマラソン大会を、規則正しいフォームで、頭から血を流したような姿で疾走していく。顔面を真っ赤に染めながら、すさまじい形相でゴールする男の姿に、お茶の間の視聴者たちは息を呑んだ ――。 北野武(72才)に星野源(37才)、綾瀬はるか(33才)らスターたちの共演や時代をまたいだ脚本など、見どころ満載の同作だが、中でも「圧巻!」と注目を集めたのは歌舞伎俳優・中村勘九郎(37)演じる主人公・金栗四三の精悍な体つきと、走るときの美しいフォームだ。 以前は歌舞伎俳優らしく、ガッチリとしていた体が、本物のマラソンランナーと見まごうばかりの引き締まった体となっていたのだ。ドラマではプロ顔負けのランニングフォームを見せていた勘九郎だが、かつては走るどころか「歩くことすら大嫌い」だったという。 一家の知人が驚きのエピソードを明かす。「勘九郎くんは小学生の頃から“タクシー通学”をしていたんです。歌舞伎の名門に生まれた彼は、小学校高学年のころから多い時には30万円ものお年玉をもらっていた。それを全部タクシー代につぎ込むほどの“歩行嫌い”。高校もほぼタクシーで通っていて“電車に乗ったことは数えるほど”なんだそうです(笑い)」 だが大河の主演、しかも伝説のマラソン選手という大役の前にはそんなことも言ってはいられない。「日本初の五輪に出場したマラソン選手」という今回のオファーを受けた勘九郎は、役作りのため、マラソン指導者の金哲彦氏の下で徹底的な「肉体改造」を開始したという。 番組関係者が話す。「2017年夏ごろから、週に3日、1日8km走ることをノルマにしていた。さらには、マラソンランナーらしい体形にするために、エアロバイクを購入し、漕ぐことにより、太く逞しい“役者の脚”から、しなやかな“ランナーの脚”へと変えていった。体を絞るためにジムにも通い、有酸素運動のほか、大嫌いだったウォーキングにも取り組んだそうです」 その甲斐あって、勘九郎の体重は5kg落ち、22%あった体脂肪率も一時は9%にまで減ったという。 本人の努力はもちろん、妻で女優の前田愛(35)の“内助の功”もあった。前出の関係者が続ける。「撮影は昨年4月にスタートしましたが、歌舞伎の舞台が休みになる訳ではない“大変じゃないの?”と聞くと、“体調管理は、妻がしてくれていますから大丈夫です”とノロけていた(笑い)」 なかでも前田が力を入れていたのが、食事の栄養管理。「愛ちゃんは“体重を落とさず体脂肪を落とす”ことを心がけ、炭水化物を抜き、肉を中心としたメニューを作っていた。でも舞台があるときには“持久力が落ちちゃいけないから”と効率的に糖分が取れる食材を探したり、調理も食感を変えて食べ応えを出したりと、随所に工夫をこらしていたそうです。これには姑の好江さんも“愛ちゃんのおかげで雅行(※勘九郎の本名)の体ができている”と褒めていたほどです」(前出・知人) ドラマで見せた“いだてん走り”の秘密は、愛妻との二人三脚だったようだ。
2019.01.20 16:00
NEWSポストセブン
前田愛の献身妻ぶりに絶賛の声 料理店で夫を立てる目撃情報も
前田愛の献身妻ぶりに絶賛の声 料理店で夫を立てる目撃情報も
 6日に第1話が放送され、好評を博しているNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』。大河ドラマ主演という大役を務めるのは、歌舞伎役者の中村勘九郎(37才)だ。父の故中村勘三郎さん(享年57)も『元禄繚乱』(1999年)で主演しており、父子2代で大河の主演を務める。 今年は、足の速さは誰にも負けない主人公同様、そして干支の猪のごとく勢いよく駆け抜け、活躍を見せてくれそうだ。そんな勘九郎を支え、“デキた妻”と評されるのが前田愛(35才)だ。 1月9日に配信されたNEWSポストセブンの記事「NHK大河主演、中村勘九郎を支えるデキすぎ妻・前田愛」では、夫不在でもしっかりと梨園の妻を務める様子を伝えた。 歌舞伎の名門『中村屋』と『成駒屋』は、大晦日に都内の老舗蕎麦店で過ごすのが50年以上続く恒例行事だが、昨年は、勘九郎は『紅白歌合戦』の審査員など多忙のため不在。この日は、勘九郎の弟・中村七之助(35才)、勘三郎さんの夫人・好江さん(59才)、姉で女優の波乃久里子(73才)、中村芝翫(53才)の母である雅子さん(82才)らで過ごしたという。 毎年、芝翫の妻・三田寛子(52才)が雅子さんをエスコートするのが恒例だったが、この日は不在の中村芝翫夫妻に代わって、前田が高齢の雅子さんをサポート。夫不在の中、前田は7才と5才の息子の面倒を見ながら、“梨園の妻”の務めをしっかりと果たしていたと、常連客の証言が紹介されている。また、歌舞伎関係者も前田について「デキすぎた妻だと評判です」と証言している。 この記事に、ネットでも前田を絶賛する声が相次いでいる。「子役のときから芸能界で活躍されてたのに、結婚を機に表舞台には出てこない。元芸能人で、ここまで完璧に“梨園の妻”に徹する方も珍しい。本当に立派だと思う」「大河は色々な方が主演されてますけど、勘九郎さんの奥様は本物の内助の功。旦那様の人気を利用してまで世に出てこようとされる奥様もいる中で、控え目で献身的で素晴らしい。でも奥様も才能のある女優さんとして復活される時を期待してしまう」「妻としても大変だが、梨園の後継ぎの母はもっと大変そう。(略)結婚前に実母を亡くし、大変な努力をされたと思いますが、謙虚な姿勢を持ち続けているところに好感が持てました。歌舞伎座のロビー等でお見掛けしてもずば抜けて綺麗だし、奥さまのお陰で勘九郎さんの男振りも上がると思います」 また、前田の献身は勘九郎の愛があってこそ、とのコメントも少なくない。「一方的に奥さんだけが尽くしてるように書いてるけど、裏ではちゃんと旦那さんもフォローしてるんだと思うよ じゃなきゃ長くは続かないし それぞれの立場で頑張ってるだけだと思うけどな」「昔は童顔で幼いイメージしかなかったけど、結婚後色気が出てきてびっくり。幸せなんだろうね。大変な世界に飛び込みながらも愚痴を溢さないのはすごい」 そんな前田のかいがいしい妻ぶりを示すこんな目撃情報もある。「都内の肉料理店に行ったときのことなんですが、隣のテーブルで勘九郎さん一家が食事をしていたんです。個室ではなく、一般客に混じって周りを気にせず普通に食事をしていたので驚きました。その時、勘九郎さんはテーブルの奥に座っていて、前田さんは勘九郎さんと向かい合った通路側に座っていました。“女性は奥じゃないの?”と一瞬、思ったんですが、その後、前田さんがメニューを勘九郎さん優先にしていて、子供の世話をしながら夫も立てて料理を取り分けていたりする様子を見て、これが“梨園の妻”なのか、と妙に納得したのを覚えています」(店の常連客) 10代の頃から8年の交際を実らせて結婚したふたり。歌舞伎役者にしては珍しい一途な勘九郎。「今後も浮気しないで愛さんを大切にしてほしい」との声も多々あり、そのまま真っすぐ道を駆け抜けるのかもしれない。
2019.01.12 07:00
NEWSポストセブン
NHK大河主演、中村勘九郎を支えるデキすぎ妻・前田愛
NHK大河主演、中村勘九郎を支えるデキすぎ妻・前田愛
 父子2代で「NHK大河ドラマの主演」という大役を務めるのは、中村勘九郎(37才)。NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で勘九郎は、初めてオリンピックに参加した金栗四三(かなくりしそう)を演じ、前半の主人公を務める。亡き父、故中村勘三郎さん(享年57)も『元禄繚乱』(1999年)で主演を務めた。2019年は勘九郎にとって、飛躍の年になりそうだが、その陰で、妻の前田愛(35才)の献身的な働きがあった。 歌舞伎の名門『中村屋』と『成駒屋』は、東京・日本橋にある老舗蕎麦店でひとときを過ごすのが大晦日の恒例となっている。「1年を振り返りながら談笑し、卵焼きやあさりをつまみ、最後にはお蕎麦で締めるというのが毎年の行事となっています。もう50年以上続いていますが、今年は少し例年と様子が違ったようです。勘九郎さんは『紅白歌合戦』の審査員を務めるなど多忙だったため来ていませんでした。中村芝翫さん(53才)の姿もありませんでした」(常連客) その日訪れたのは、勘九郎の弟・七之助(35才)と妻の前田たちだった。勘三郎さんの夫人の好江さん(59才)、姉で女優の波乃久里子(73才)、そして好江さんの母で、中村芝翫の母でもある雅子さん(82才)の姿もあった。 その傍ら、高齢の雅子さんをサポートしていたのが、前田だった。「その日、勘九郎さんがいない中で、お子さんの面倒を見ながら雅子さんもサポートするという“梨園の妻”の務めをしっかりと果たしていました。毎年、芝翫さんの妻の三田寛子さん(52才)が雅子さんをエスコートするのが恒例でしたが、今回は三田さんがいらっしゃらず、前田さんが積極的にお手伝いをしていました」(前出・常連客) 子役出身の前田は、2009年に勘九郎と結婚して以来、長くいた芸能界と距離を置き、内助の功に徹してきた。「結婚直後から贔屓客の名前を覚えて梨園の妻としての務めを果たし、勘九郎さんを支えながら2人の男の子を産み育て、そして、一切、愚痴を言いません。中村屋の男性は代々、鍵を持たずに出かけるため、勘九郎さんの帰りがどんなに遅くなっても、鍵を開けて待っています。デキすぎた妻だと評判です」(歌舞伎関係者) 夫の活躍の裏に、妻の八面六臂の支えがあるようだ。※女性セブン2019年1月17・24日号
2019.01.09 07:00
女性セブン
三田寛子は息子といま、どんな関係なのか
梨園の妻序列で三田寛子優位 麻央、前田愛の下に紀香
 歌舞伎役者には名跡によって「格」があるように、梨園妻にも“序列”がある。それを決めるのは「夫の格」と「嫁いだ順」とされる。 現在の梨園の格付けの頂点は、人間国宝・坂田藤十郎(85才)と、その妻で参院議長まで務めた扇千景さん(84才)だろう。扇さんは、さながら“梨園のゴッドマザー”だったが、さすがに藤十郎は重鎮として息子や孫の世代の活躍を見守っている。「最近までは人間国宝・中村吉右衛門夫人の知佐さん(61才)が『彼女の意向で配役が決まる』と噂されるほど力を持っていました。大名跡・尾上菊五郎夫人の富司純子さんらも“格と年季”でヒエラルキーの最上位にいましたが、役者の高齢化に伴って世代交代が進んでいます」(歌舞伎関係者) 大御所世代が一歩引くことによって、舞台で花形を務める世代が台頭しつつある。そうした状況でにわかに影響力がクローズアップされ始めたのが、中村芝翫(51才)の妻である三田寛子(51才)だ。「当代の人気役者だった中村勘三郎が他界し、大名跡『中村歌右衛門』を継ぐはずの兄・福助は2013年に脳内出血で倒れてから復帰のメドがついていない。三田さんは名実ともに歌舞伎の名門『成駒屋』・『中村屋』系列の頂点に立つ芝翫の妻ですから、“梨園妻の次代のドン”と目されます。しかも、結婚26年目で経験も充分。男の子を3人産んで、みな歌舞伎役者として立派に育っている。とくに長男の橋之助は次世代のエースの呼び声も高いんです」(前出・歌舞伎関係者) 一方で、藤原紀香(45才)の夫で、直系の御曹司ではない片岡愛之助(45才)の格はそれほど高くなく、名門中の名門「成田屋」の御曹司・市川海老蔵(39才)や、将来、勘三郎を継ぐことになる中村勘九郎(35才)には遠く及ばない。このため、愛之助の妻である藤原紀香は、海老蔵の妻・小林麻央(34才)や勘九郎の妻・前田愛(33才)ら、年下の梨園妻より低いランクになる。「麻央さんは病床にありますし、前田さんもまだまだ若い。しばらくは、“良妻賢母の梨園妻といえば三田”と呼ばれる時代が続くのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)※女性セブン2017年6月29日・7月6日号
2017.06.20 16:00
女性セブン
zz
三田寛子 中村芝翫を支える貫禄の「あくび姿」
 不倫報道も話題となった歌舞伎役者の八代目中村芝翫(51才)。その妻である三田寛子(50才)の貫禄ある姿をキャッチした──。 ウェイターが客席の横まで旬の食材をのせた重厚なワゴンを押してくる。ブランド牛、豚の希少部位、天然の魚介類…。「お好みの食材をお好みの調理法で」──。1人3万円はくだらない都内の超高級イタリアン。11月上旬の夜11時半、政治家や財界人も御用達のこの店にやってきたのは、中村橋之助改め、八代目中村芝翫一家。その日は襲名披露興行の2か月目『吉例顔見世大歌舞伎』の初日だった。「芝翫さんと奥さんの三田寛子さん、それに3人の息子さんたちも一緒でした。スーツ姿の男性陣に対して、三田さんはお着物姿。息子さんたちも歌舞伎役者なので、話題はもっぱら仕事のことばかり。三田さんは男性陣の話に耳を傾けながら、疲れていたのでしょうか、眠そうな目をこすっていましたね」(居合わせた客) 5人が店を出たのは深夜1時半過ぎ。お疲れモードの三田はゆったり歩きながら大あくび。その間に夫と息子の男性陣4人は足早に車に乗り込み、ガードレールの切れ目までわざわざ車を移動して、さっと三田をエスコート。彼女は悠然と車に乗り込むと自宅へと帰っていった。 1991年に芝翫と結婚した三田は、女優としてのキャリアを捨て、“梨園の妻業”にいそしんできた。「義理のお母さんからお手伝いさんを紹介されたけれど、“全部自分で頑張ってみます”と1週間ほどで女将さんを『独り立ち』したというのは有名な話です。  とにかく、歌舞伎の世界にはいろんな慣習やしきたりがあって気を使うことばかり。三田さん、後援会を通じてチケットを買ってくれた人に対しては、わざわざ客席にまで挨拶に行くんです。普通は番頭さんの仕事なんですけど、女将さんで後援者の名前と顔と座席まで覚えているのは相当すごいことです。 しかも3人の男の子を育てながら、免許を持っていない芝翫さんの仕事の送り迎えまでしていたんですから、スーパーウーマンですよ」(梨園関係者) 近藤サト(48才)や前田愛(33才)、小林麻央(34才)など芸能界から梨園の世界に飛び込んだ例は少なくないが、生半可なことではない。最近では藤原紀香(45才)が梨園の妻デビューを果たしたが、さっそく“荒波”にタジタジになっているという。三田は妻業を完璧にこなしているだけではない。「子供に手がかからなくなってからは、テレビの仕事も再開しました。バラエティーにも情報番組にも引っぱりだこで、最近は旦那さんよりもよく見かけますよ」(テレビ局関係者) 女将さん業に加えてタレント業も。真夜中の大あくびも納得の多忙さだ。今年9月、『週刊文春』で芝翫の不倫が報じられたときも“貫禄”を見せつけた。「三田さん、めちゃくちゃ怒ったんですよ。でも怒った理由は『不倫してたから』ではなかった。どうも三田さんのことだから、旦那さんに女性の陰があることは薄々…。ところがそれが世間にバレてしまった。『ワキが甘い!』って怒ったみたいですよ」(前出・梨園関係者) 不倫報道直後の堂々の1人会見で三田の株はいっそう上がり、襲名興行のチケットも完売が相次いだ。「尾上菊五郎さんや市川左團次さんが芝翫さんの不倫いじりをしてテレビで何回も取り上げられてましたけど、三田さんとしても“ニンマリ”なんじゃないですか。“転んでもタダじゃ起きない”のが、これまたすごいですよ」(前出・梨園関係者)「不倫は芸の肥やし」──。※女性セブン2016年11月24日号
2016.11.09 16:00
女性セブン
三田寛子
三田寛子 夫の「中村芝翫」襲名で梨園の地位はより盤石に
 2009年に中村勘九郎(34)と結婚した前田愛(32)。“梨園の妻”どうしで前田を妹のように可愛がるのは、中村橋之助(50)の妻・三田寛子(50)だ。前田の義父である故・中村勘三郎と橋之助は義兄弟なので、前田と三田は親戚となる。梨園関係者は言う。「結婚後は芸能活動を大幅に減らし、和洋中の料理教室に通って料理をマスターしたほか、茶道、華道、書道、絵画の習い事まで習得。ご贔屓筋の顔と名前もすぐに覚え、女将さんとしての能力も評価も高い。同じく芸能界から梨園入りした愛ちゃんのことを陰ながらサポートしています」 いま三田は梨園妻としての転機を迎えている。夫・橋之助が10月に大名跡である「八代目中村芝翫(しかん)」を襲名する。これによって梨園における三田の地位はより盤石になるという。「一門の大黒柱だった勘三郎はすでに他界。『市川團十郎』に次ぐ大名跡『中村歌右衛門』の襲名が決まっていた兄・中村福助は2013年に脳内出血で倒れて以来、いまだ病床で、復帰のメドは立っていない。つまり橋之助が『芝翫』を継ぐことで、三田さんは名門『成駒屋・中村屋』一門の妻の座のトップとなる」(同前) 二代目市川猿之助の甥で、歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏もこう評する。「いま、梨園で評価がうなぎ登りなのは三田さんです。橋之助さんの芝翫襲名も三田さんの内助の功があってこそ。きっと本人に言ったら『そんなことないです。嫌だぁ~』とおっしゃると思いますけど(笑い)」 最近、三田は出演した番組で「着物とかもお客さまよりもいい物を身につけちゃいけないって(中略)どういう時に何を着るかがわからないんですよ、TPOが。いまだに怖いですね、間違えそうで」と、「梨園の裏側」をぶっちゃけた。「この行為は掟破りです。でも、爆弾発言をしても大きな問題にならないということは、三田さんの梨園での存在感が高まっている証拠です」(前出・梨園関係者)※週刊ポスト2016年7月8日号
2016.06.30 16:00
週刊ポスト
「梨園の妻」となった藤原紀香を待ち受ける試練とは
「梨園の妻」となった藤原紀香を待ち受ける試練とは
 人間国宝・尾上菊五郎(73)の妻である富司純子(70)、2009年に中村勘九郎(34)と結婚した前田愛(32)、市川海老蔵(38)の会見で乳がん闘病が明らかになった小林麻央(33)。“梨園の妻”たちは、いずれも結婚と同時に芸能活動をほぼ休止し、裏方として夫を支えている。 この対極にあるのが女優・藤原紀香(44)だ。今年3月、片岡愛之助(44)と入籍した彼女は、結婚会見で「今後、(女優の)仕事は続けますが最優先順位は、彼の健康面、歌舞伎の仕事のサポートです」と“女優継続宣言”した。 これには他の梨園妻たちから「あれで役者の妻が務まるのかしら」と冷ややかな声があがったという。「女優が梨園入りすると、決まって言われるのが、『女優だから頭が高い』。深々とお辞儀をすれば『顔が見えない』と叱られる。理不尽ですが耐えなければならない」(梨園関係者) それだけではない。紀香にはさらなる試練が待ち受けている。「梨園では妻の『位』は、『夫の格』と『嫁いだ順』で決まると言われ、芸能界での“格”とは全くの別物です。 愛之助はテレビでは人気者ですが、養子縁組で歌舞伎界入りしているため、海老蔵ら名門の御曹司たちと比べると格は落ちる。また紀香さんは新参者ですから、“いちばん下”の扱いになる。 芸能界ではトップスターの紀香さんが年上の富司さんや三田さんはともかくとして、麻央ちゃんや愛ちゃんをたてることができるのか疑問です」(同前)※週刊ポスト2016年7月8日号
2016.06.29 16:00
週刊ポスト
当時、放射線治療を受けながら手術に備えていたという
「梨園の妻」の重責 200以上の演目にも精通する必要あり
 市川海老蔵(38)は妻・小林麻央(33)の乳がん闘病を告白した会見で、昨年11月の長男・勸玄くん(3)の「初お目見え」の際、麻央が病院から歌舞伎座へと通っていたことを明かしながら、彼女の気概についてこう語った。「覚悟を決めた上で向かったわけです」 自らの命を削ってでも、お家の未来を占う一大事を見守る。それほど“梨園の妻”は重責を担っているのだ。二代目市川猿之助の甥で、歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏が話す。「歌舞伎の世界では『舞台は夫の職場、ロビーや客席は妻の仕事場』と言われている。妻は裏方に回り、体調管理、スケジュール管理はもちろん、ご贔屓筋の名前、顔、プロフィールも全部覚え、話を振られてもすぐ答えられるように200以上にわたる歌舞伎の演目にも精通していなくてはならない。またお家の伝統を守るために後継者も産まなければならない」 350年の歴史ある「成田屋」こと市川宗家の妻として海老蔵を支え、お世継ぎも産んだ麻央は“梨園の妻”としての役割を十分果たしている。だが、そんな麻央も結婚(2010年)当初は“洗礼”を受けていた。「麻央ちゃんはとても若い娘さんとは思えないような地味な水色の着物をよく着ていて、他の梨園妻たちから『ドラえもんみたい』と陰口を叩かれていた」(成田屋関係者) 当時、周囲から麻央の“ライバル”とされていたのが、2009年に中村勘九郎(34)と結婚した前田愛(32)だ。「同世代な上に“梨園入り”の時期も近い。一緒にロビーに立つと、先輩梨園妻やご贔屓筋からは『愛ちゃんの方が着こなしが綺麗』とか『愛ちゃんの方が堂々としている』と、何かと比較されていた。その影響からか、いまでも2人の関係はどことなくぎこちないと言う人もいます」(同前)※週刊ポスト2016年7月8日号
2016.06.29 07:00
週刊ポスト
勘九郎の長男・七緒八 野田秀樹の娘と足拍子や刀持って見得
勘九郎の長男・七緒八 野田秀樹の娘と足拍子や刀持って見得
「父が愛して大切にしてきた演目ですから、またここでできるということでありがたい気持ちでいっぱいです」 3月8日から東京・赤坂ACTシアターで始まった『赤坂大歌舞伎』への思いをこう語った中村勘九郎(31才)。 同公演は、昨年12月に亡くなった勘九郎の父・勘三郎さん(享年57)が、“歌舞伎を初めて見るお客さんにもわかりやすいもので、すそ野を広げる”というコンセプトで、2008年から始めたもの。天国の勘三郎さんの思いが届いたかのように、初日から、会場には10代、20代の若者が目立った。その人気は凄まじく、追加公演のチケットもほぼ完売して、連日立ち見客が出る盛況ぶりだ。 初日には、4月末に第2子出産を控える妻・前田愛(29才)の姿もあったが、偉大なる父の死後、悲しみに暮れる勘九郎を支えたのは“家族”だった。特に2才になった長男・七緒八くんの存在は大きかったと、勘三郎さんと35年来の親交があった友人の浅草・文扇堂の店主・荒井修さんは言う。 四十九日には、こんな心温まるシーンがあったという。「七緒八は、同じ年頃の野田(秀樹)さんの娘さんと手をつないで、ふたりで足拍子をしたり、刀を持って見得をしたりするんですよ。もう見事な役者ぶりで。みんなが“中村屋!”って大向こうをかけると、嬉しそうな顔をするんですよ。七緒八のお陰で、四十九日は和やかな雰囲気になりましたね」(前出・荒井さん) 勘九郎も七緒八くんの成長が楽しみのようで、荒井さんに会うたびに、「また七緒八の見得がうまくなりました」 なんて嬉しそうに報告するのだという。※女性セブン2013年3月28日号
2013.03.18 07:00
女性セブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン