• TOP
  • 芸能
  • 三田寛子 中村芝翫を支える貫禄の「あくび姿」

芸能

2016.11.09 16:00  女性セブン

三田寛子 中村芝翫を支える貫禄の「あくび姿」

女将として奮闘する三田寛子

 不倫報道も話題となった歌舞伎役者の八代目中村芝翫(51才)。その妻である三田寛子(50才)の貫禄ある姿をキャッチした──。

 ウェイターが客席の横まで旬の食材をのせた重厚なワゴンを押してくる。ブランド牛、豚の希少部位、天然の魚介類…。「お好みの食材をお好みの調理法で」──。1人3万円はくだらない都内の超高級イタリアン。11月上旬の夜11時半、政治家や財界人も御用達のこの店にやってきたのは、中村橋之助改め、八代目中村芝翫一家。その日は襲名披露興行の2か月目『吉例顔見世大歌舞伎』の初日だった。

「芝翫さんと奥さんの三田寛子さん、それに3人の息子さんたちも一緒でした。スーツ姿の男性陣に対して、三田さんはお着物姿。息子さんたちも歌舞伎役者なので、話題はもっぱら仕事のことばかり。三田さんは男性陣の話に耳を傾けながら、疲れていたのでしょうか、眠そうな目をこすっていましたね」(居合わせた客)

 5人が店を出たのは深夜1時半過ぎ。お疲れモードの三田はゆったり歩きながら大あくび。その間に夫と息子の男性陣4人は足早に車に乗り込み、ガードレールの切れ目までわざわざ車を移動して、さっと三田をエスコート。彼女は悠然と車に乗り込むと自宅へと帰っていった。

 1991年に芝翫と結婚した三田は、女優としてのキャリアを捨て、“梨園の妻業”にいそしんできた。

「義理のお母さんからお手伝いさんを紹介されたけれど、“全部自分で頑張ってみます”と1週間ほどで女将さんを『独り立ち』したというのは有名な話です。
 

関連記事

トピックス