女子高生コンクリート詰め殺人事件一覧

【女子高生コンクリート詰め殺人事件】に関するニュースを集めたページです。

(共同通信社)
かつて報道は加害者追ったが、人権尊重から被害者取材に変化
 2019年7月18日、アニメ制作会社『京都アニメーション』(京都市伏見区)の第1スタジオに男が侵入し、ガソリンをまいて放火。この京アニ事件では、被害者の実名報道について議論が起こった。 犯罪の被害者と加害者、それぞれについての報道はどう変わっていたのだろう。「被害者学」の第一人者で元常磐大学学長の諸澤英道さんに聞いた。「かつては、阿部定事件(1936年、東京で発生。割烹料理店の中居だった阿部定が、店の主人で愛人の男性を殺害した猟奇的事件)や永山則夫連続射殺事件(1968年、当時18才の永山則夫が4都道府県で4人を殺害した事件)など、事件に犯人の名前がついていたことに象徴されるように、マスコミは加害者側を追いかけていました。 ところが、加害者の人権を尊重すべきだと弁護士がガードし始めてから、加害者への取材が難しくなったため、被害者側の取材に移行したという経緯があります」 1980年代になると、過剰な被害者報道が問題になった。「『富山・長野連続女性誘拐殺人事件』(1980年、富山県で発生。女子高生、20才のOLが相次いで誘拐・殺害された事件)、『女子高生コンクリート詰め殺人事件』(1988年、東京で発生。女子高生が40日間にわたり拉致監禁の後に殺害されコンクリート詰めにされ遺棄された事件)などがそうでしたが、事実と反して、被害者に落ち度があるように報じられたり、被害者のプライバシーを暴く報道に非難の声があがりました。1980年代は報道のあり方が問題になった転換期です」 1990年代に変化の兆しが見えてきて、2000年に発覚した事件で大きな変化があったという。「新潟少女監禁事件という、小学4年生の女の子が連れ去られ、約10年にわたって監禁されていた事件です。この時にマスコミは、救出された被害者の自宅から半径数百m以内には近づかない、という報道協定を結びました。被害女性の周辺取材を控えたことは大きな変化です」 しかし、今も事件や事故、災害が起きるたびにメディアスクラムは起こる。それが「近年のメディア不信の原因の1つになっている」と指摘するのは、マスコミ論が専門の、元専修大学教授で文芸評論家・権田萬治さん。「多くのマスコミが一斉に殺到し、事件や事故の当事者やそのご家族の社会生活を妨げ、精神的苦痛を与えてしまうことがメディアスクラムです。あまりに過熱した取材が報道被害を生み、それがメディア不信へとつながります。 代表取材(報道陣の中から選ばれた代表のみが取材にあたり、他の報道陣にその内容を伝えること)にしたり、時間や記者の人数を制限するなどして、メディア側も解決策を探っていますが、必ずしも充分とはいえません」 前出の諸澤さんは解決策の1つに、欧米で行われている「スポークスマン制度」を挙げる。「大事なのは被害者のためのスポークスマン=代弁者が必要だということ。例えば、弁護士は適任でしょう。今の日本で問題なのは、被害者情報を警察が一括で掌握していることです。 欧米諸国は違います。例えばアメリカでは、国の予算で被害者を支援する民間の組織があります。多くの州の警察署内に“支援者の部屋”があって、事件が起きると警察官とともに現場に臨場し、被害者に寄り添い、支援します。支援者は警察に対して文句や注文もつけますし、スポークスマンの役割を果たしています。 日本にはそういう制度はありません。警察組織の中に被害者支援要員をつくり、警察官がその役割を担っていますが、あくまで警察官ですから代弁者にはなり得ません。また、被害者支援センターというものが各都道府県にありますが、被害者からの信頼が非常に低く、期待するような働きにはなっていません。 欧米の被害者支援センターのスタッフは、半分以上が元被害者です。事件や事故から生活を取り戻す力になりたいと支援を買って出た人ですから、被害に遭った人の気持ちがよくわかる。その点、日本の被害者支援センターは、センターの方針によるのでしょうが、元被害者はほとんどいません。被害者のなんたるかを知識として知っていても、実際には不満の声が続出しています。日本における被害者支援センターが欧米のそれのように、すぐに被害者に寄り添うスポークスマン足り得れば、いくつかの課題は解消される可能性はあると思います」※女性セブン2020年2月20日号
2020.02.12 07:00
女性セブン
再犯率高い日本 刑務所の矯正指導アプローチに課題あり
再犯率高い日本 刑務所の矯正指導アプローチに課題あり
 約30年前、検察に「わが国の犯罪史上においても、稀にみる重大かつ凶悪な犯罪」と言わしめた日本中を震撼させた「東京・綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」。 事件発生は1988年11月25日午後8時半頃。アルバイト先から埼玉県三郷市の自宅へと帰宅途中だった女子高生(当時17才)が突然、拉致された。 犯行グループの主犯格の少年A(当時18才)は、中学の後輩のB(当時17才)とC(当時15才)、D(当時16才)と共に、たまり場だった東京都足立区綾瀬の住居2階に少女を連れ込んだ。この家はCが両親と同居する自宅だった。 以降、少女は約40日間の監禁生活で、筆舌に尽くしがたい残虐行為の数々を受けることになる。 逮捕後、犯行グループ4人は法廷で涙を見せた。裁判の結果、少年たちを更生させようと、Aが懲役20年、Bが懲役5年以上10年以下、Cが懲役5年以上9年以下、Dが懲役5年以上7年以下で量刑が確定した。 しかし、彼らが健全な社会復帰をすることはなかった。かつての少年たちは、出所後4人中3人が再び罪を犯したのだ。最近でもここでいうCこと湊伸治(45才)が32才の男性を刃渡り8cmの折り畳み式ナイフで刺したなどとして、殺人未遂容疑で逮捕された。◆犯罪者の社会復帰が難しい時代『犯罪白書』(平成28年版)によれば、出所から5年以内に刑務所に戻る確率は、覚せい剤49.4%、窃盗45.7%、傷害・暴行36.1%に達する。強姦・強制わいせつ(24.1%)や殺人(10.3%)という凶悪犯罪でも、1~2割は刑務所に戻ってくるのだ。 臨床心理学者の矢幡洋さんは、「日本の刑務所は矯正指導のアプローチに課題がある」と指摘する。「日本の更生プログラムは、『幼少期の環境に犯罪の原因があった』として、誰か母親役を立てて母子関係の再構築を目指すというような、『心を入れ替えれば再犯しない』という精神重視的な考え方が大きい。 一定の効果はありますが、『私は親に愛されなかったので犯罪に走った』と犯罪の正当化にもつながります。アメリカでは、『カッとなったら10数える』『怒りを自己採点する』など、より実践的なアプローチを教えます。心ではなく、誰かに危害を加えたくなった際の具体的な改善策を教えるので、成果がわかりやすい。再犯防止には、こうしたアプローチの方が適していると思います」 犯罪者は刑務所という社会から隔離された場所から、出所後いきなり一般社会に戻されることになる。“こういう場合はこうする”という実践法を身につけないと、社会復帰の際に苦労する。「今はインターネットで顔写真や名前が暴露され、それが半永久的に残る。犯罪者の社会復帰が難しい時代です。受刑中に社会で生きていく方法を身につけないと、出所後の行き場がなく暴力団やアウトローに近づき、再び犯罪に走るリスクが高まる。服役中から社会と断絶したプログラムではなく、社会に適応しやすい環境を作ることを心がける必要があります」(前出・矢幡さん) 欧米諸国や韓国では、性犯罪者の居住情報を公開したり、出所者にGPSを取り付ける再犯防止策が講じられている。日本では人権への配慮からなかなか進まないが、欧米並みの厳罰化を求める声は年々高まっている。 一方、少年法に詳しい千葉大学大学院教授の後藤弘子さん(刑事法)はこう指摘する。「性犯罪者の居場所を公開したり、GPSで監視するのは、再犯の防止に直接つながるわけではありません。むしろ、社会との隔絶が広がったり、出所後の社会復帰が難しくなるので、再犯までの期間が短くなるという指摘もあります。日本は初犯の数が年々減少していますが、一方で検挙された人のうち再犯者の占める割合は高くなっています。 湊容疑者の場合は『なぜ出所後20年近く逮捕されていないのに今回犯罪に手を染めてしまったのか』、その原因をはっきりさせることで、社会に戻った際の周辺の人々の不安を払拭することにもつながります。このように、より充実して個人に合わせた更生プログラムを組むなど、現状の問題点を解決することが再犯防止につながるはずです」 これ以上悲劇を繰り返してはいけない。※女性セブン2018年9月13日号
2018.09.03 07:00
女性セブン
綾瀬コンクリ殺人の犯行グループのその後 4人中3人が再犯
綾瀬コンクリ殺人の犯行グループのその後 4人中3人が再犯
 8月19日、埼玉県川口市で、32才男性の首を刃渡り8cmの折り畳み式ナイフで刺したとして、45才の男が殺人未遂容疑で逮捕された。この男は川口市の無職、湊伸治。彼は、約30年前に日本中を震撼させた「東京・綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯行グループの1人である。 犯行グループの主犯格の少年A(当時18才)は、中学の後輩のB(当時17才)とC(当時15才)、D(当時16才)と共に、たまり場だった東京都足立区綾瀬の住居2階に少女を連れ込んだ。この家はCが両親と同居する自宅だった。そして、このCが湊容疑者である。 少年たちは少女を監禁。凄惨な暴行の末、殺害し、遺体をドラム缶に詰めてセメントを流し入れて東京都江東区の埋立地に遺棄した。 1989年3月、別の婦女暴行容疑で逮捕されたAの自白によって遺体が発見され、事件は明るみに出た。裁判の結果、Aが懲役20年、Bが懲役5年以上10年以下、Cが懲役5年以上9年以下、Dが懲役5年以上7年以下で量刑が確定した。 その後の彼らの人生は、更生への期待を裏切るものだったと言わざるをえない。 主犯格のAは2009年に刑務所を出所した後、養子縁組をして名前を変えた。それから3年半後の2013年1月、振り込め詐欺の容疑で逮捕された。「無作為に全国の個人宅に電話をかけ、『パチンコ必勝法』の情報料名目で現金を騙し取る詐欺グループの一員とみられましたが、取り調べに黙秘を貫いて不起訴処分で釈放されました。Aは逮捕時に定職についておらず、アルバイト感覚で手を染めた可能性があります」(捜査関係者) 出所後のAについて、彼らの“その後”を追ったあるジャーナリストが語る。「Aはキックボクシングのジムに通っていて、よく後輩をバーベキューやキャバクラに連れて行っていた。BMWを乗り回して高級腕時計やブランド品を身に着けていた。“暴力団とつながりがある”と吹聴していて、マルチ商法で儲けていたそうです。セックスの話が大好きで、“100均の縄で女を縛るのが好き”と自慢していた。“都内の振り込め詐欺グループには知り合いが多い”とも言っていました」 しかし、Aは周囲で自身があの事件の犯人であることが噂され始めた直後、姿を消したという。現在の行方は知れない。 裁判中に深い悔悟の態度を見せたBは1999年に満期で出所した。受刑中にパソコンのスキルを学び、出所後はIT関連の仕事をしていたが、前科が知られ人間関係に行き詰まり、退職後は暴力団の構成員になった。 出所からわずか5年後の2004年、Bはあの事件を彷彿とさせる騒動を起こす。「“おれの女をとっただろう”と知人に因縁をつけて車のトランクに押し込み、母親の経営するスナックで5時間にわたって監禁して暴行を加えたんです。Bは事件を起こす直前、コンクリ詰め殺人について、“面白かったけど相手が簡単にしゃべらなくなり、抵抗しなくなったのでつまんなくなった。抵抗しているうちは楽しかった”と話し、知人を暴行する際は“おれは人を殺したこともある。殺すぞ”と脅したそうです。これでは、裁判中の反省はポーズと見られても仕方ありません」(全国紙社会部記者) Bは逮捕監禁致傷で懲役4年の実刑判決を受け、2009年に2度目の出所をした。 冒頭の暴行事件で逮捕された湊も出所後は定職につかず、近所の評判は悪かった。「2か月ほど前に引っ越してきたんですが、いつも短パンにTシャツで肩で風を切って歩き、周りを睨みつけて威嚇していた。“キエー!”“ウォー!”と奇声を発することもあり、身の危険を感じて目を合わさないよう注意していました」(近所の住民) 残るDは1996年に出所後、地元を離れて母親と一緒に暮らしていたが、家にこもりがちになったといい、消息はわからない。 実に犯行グループの4人中3人が再犯しているのだ。※女性セブン2018年9月13日号
2018.09.01 16:00
女性セブン
犯行少年が再犯で逮捕、女子高生コンクリ殺人事件の凄惨さ
犯行少年が再犯で逮捕、女子高生コンクリ殺人事件の凄惨さ
「なんだコラァ!」「てめえ、この野郎!」。日曜日の夕方、静かな住宅地に怒声が響いた。続けざまにバンッバンッと車のボンネットを激しく殴る音がして、2人の大人が駐車場で取っ組み合いを始める。馬乗りになった男がナイフを振り下ろすと、相手が首を押さえ、アスファルトがみるみる鮮血に染まった。 8月19日、埼玉県川口市で、32才男性の首を刃渡り8cmの折り畳み式ナイフで刺したとして、45才の男が殺人未遂容疑で逮捕された。「駐車トラブルになって、逮捕された男が先に因縁をつけたみたいです。刺した後はそそくさと逃げていきました。首の後ろを刺されたかたは血だらけで、かけつけた救急隊員に“あと5mmずれていたら死んでいたぞ”と言われていました」(近所の住民) それだけなら、素行の悪い男がカッとなって犯した暴力事件。だが逮捕された男の名前が全国紙で報じられると、一部の捜査関係者の脳裏におぞましい記憶がよみがえった。 男の名は、川口市の無職、湊伸治。彼は、約30年前に日本中を震撼させた「東京・綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯行グループの1人である──。◆「もう殺してよ!」と泣き叫ぶと、少年らは笑い転げた 検察をして、「わが国の犯罪史上においても、稀にみる重大かつ凶悪な犯罪」と言わしめた事件だった。 事件発生は1988年11月25日午後8時半頃。アルバイト先から埼玉県三郷市の自宅へと帰宅途中だった女子高生(当時17才)が突然、拉致された。 犯行グループの主犯格の少年A(当時18才)は、中学の後輩のB(当時17才)とC(当時15才)、D(当時16才)と共に、たまり場だった東京都足立区綾瀬の住居2階に少女を連れ込んだ。この家はCが両親と同居する自宅だった。 以降、少女は約40日間の監禁生活で、筆舌に尽くしがたい残虐行為の数々を受けることになる。監禁後、少年らは少女の着衣をはぎ取って輪姦し、たばこやシンナーを無理やり吸わせた。抵抗すると罰として陰毛をカミソリで剃り、さまざまな異物を性器に押し込んだ。 12月上旬、少女が隙を見て110番通報を試みると暴行がエスカレートした。少年BとCが少女の顔面を殴り、Aが手足をライターで焼いた。激痛と熱さに彼女が「もう殺してよ!」と泣き叫ぶと、少年らは笑い転げた。 やけどした手足が膿みただれて異臭をはなつと、階下の家人に気づかれないようトイレの使用を禁じて飲料用の紙パックに排尿させ、尿が布団にこぼれるとリンチした。暴行で目の位置がどこかわからないほど腫れ上がった少女の顔を見ても、少年らは「おまえ、でけえ顔になったな」とニヤつくだけだった。 12月下旬になると1日に牛乳1本しか与えず、少女は心身とも極度の衰弱状態に陥った。同居するCの両親は少女の存在に気づいていたが、息子たちの暴力を恐れて何も手を打たなかった。 少女が短すぎる人生を終えたのは、1989年1月4日。前日に賭け麻雀で大敗したAは腹いせのため3人を誘い、ぐったりする少女に殴る蹴るの暴行を加えた。さらにロウソクに火をつけて少女の顔にロウをたらし、約1.6kgの鉄アレイを腹に落とした。 その日、2時間にわたり凄惨なリンチを受けた少女は横たわったまま息を引き取った。翌日、少年らは遺体を盗んだドラム缶に詰め込んでセメントを流し入れ、東京都江東区の埋め立て地に遺棄した。 昭和から平成になって3か月足らずの同年3月、別の婦女暴行容疑で逮捕されたAの自白によって遺体が発見され、事件は明るみに出た。 裁判の結果、Aが懲役20年、Bが懲役5年以上10年以下、Cが懲役5年以上9年以下、Dが懲役5年以上7年以下で量刑が確定した。この少年Cが、冒頭の事件を起こした湊である。 17才の少女の尊厳と人生を奪った大罪に対し、最大で懲役20年は軽すぎるとの声が出る一方、少年の社会復帰を助ける少年法の理念から、判決を支持する声もあった。※女性セブン2018年9月13日号
2018.08.30 07:00
女性セブン
プレイバック平成元年 消費税導入、流行語はオバタリアン
プレイバック平成元年 消費税導入、流行語はオバタリアン
 1989年よりスタートした平成の時代が、来年4月で幕を閉じる。30年間におよぶ平成という一時代。それは1月7日、昭和天皇崩御によって始まった。14時35分頃、小渕恵三官房長官(当時)による改元記者会見が行われる。会見の様子はテレビや新聞等で何度も取り上げられ、人々に新たな元号「平成」への印象を強く残すことになった。 4月には消費税が3%でスタート。スーパーのレジ前では、電卓を片手に支払額の計算をする主婦らの姿が続出。消費税率はその後5%、現在の8%へと引き上げられ、来年度より10%となる。 残虐な手口で世間を震撼させたのは、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で逮捕された宮崎勤元死刑囚(2008年、死刑執行。享年45)。この年は、女子高生コンクリート詰め殺人事件、坂本堤弁護士一家殺害事件も発生した。海外では中国・北京の天安門広場で民主化を訴えた若者たちが武力弾圧によって死傷(天安門事件)。ドイツではベルリンの壁が崩壊し、翌年、東西ドイツが統一した。 昭和天皇崩御の後、自粛ムードに包まれていた世間を一転、明るくさせたのが、礼宮(現・秋篠宮)さまと紀子さまの婚約発表。相撲界では横綱千代の富士(故・九重親方)が965勝の通算最多勝利を達成。一方で貴花田光司(現・貴乃花光司)が史上最年少の17才2か月で十両に昇進した。 伝説の歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)、人気お笑い番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)がそれぞれ終了。 日経平均株価が史上最高値の3万8915円(終値)を記録。この年のベストセラー本は、吉本ばななの『キッチン』だった。流行語には「オバタリアン」や「セクシャルハラスメント」などが挙げられる。■平成元年の主な出来事1月7日 昭和天皇崩御。元号が平成に4月1日 消費税スタート4月11日 神奈川県・川崎市の竹やぶで1億3000万円の札束発見4月21日 任天堂『ゲームボーイ』発売6月4日 中国で天安門事件発生6月24日 美空ひばりが死去(享年52)7月23日 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯を逮捕8月26日 礼宮さまご婚約9月27日 横浜ベイブリッジ開通9月28日『ザ・ベストテン』放送終了11月4日 坂本弁護士一家殺害事件11月9日 ドイツ・ベルリンの壁崩壊12月28日 日経平均株価が最高値を記録※女性セブン2018年8月23・30日号
2018.08.15 07:00
女性セブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト