携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20110728_26481.html

注目のビジュアル

CBCテレビの江田亮(りょう)アナ(25才)

「子供の頃から囲碁一筋で幸せです」と藤沢里菜二段

高級路線に舵を切った牛丼チェーン「松屋」

北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」

ラジオ沖縄出身の伊波紗友里さん

山形テレビ出身の佐々木真奈美さん

業田良家4コマ「根拠のないデマ」

東大→長銀→キャバ嬢→株トレーダーの道のりを語る村田美夏さん

関連商品も大人気の妖怪ウォッチ

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


核燃料最終処分場の誘致で雇用1年2800人で30億円の税収

2011.07.28 16:00

たとえ原発を止めても、「核のゴミ」はなくならない。その「最終処分場」には、日本全国、どこの自治体も手をあげていないだが、当事者たちの知らないところで、候補地選びは進められていた。すでに北は北海道から南は鹿児島県まで88か所の候補地が存在している。その候補地選びの過程を追うと、そこには「原子力行政と自治体」の在り方の“歪み”が凝縮されていた。ジャーナリストの伊藤博敏氏が報告する。

 * * *
 88か所のリストは決して広く世に知られているものではない。どのような自治体の名が記されているのか。

 例えば、北海道は厚沢部町、今金町など11か所、新潟県は朝日村、入広瀬村など7か所、鹿児島県は阿久根市、出水市など10か所といった具合だ。
 
 原発同様、寒村僻地が中心で、東京、名古屋、大阪、福岡といった人口密集の太平洋ベルト地帯には「適正地区」はない。いや、調べてないと言うべきだろうか。
 
 NUMO(ニューモ、原子力発電環境整備機構)は各電力会社の寄り合い所帯。出向経験がある東京電力元幹部は、「原発立地も最終処分場も、説得の手法は同じ」とうそぶく。
 
「要は、カネです。財政難の自治体であるのが前提で、その上に誘致に積極的な政治家がいれば、話は進めやすい」
 
 原発が設置された自治体には、「電源三法交付金」が支給される。原発のある自治体への支給総額は、約1359億円にのぼる(資源エネルギー庁のモデルケース)。
 
 また、地元企業や一般家庭への電力料金の割引制度はあるし、さらに例えば福島県では原発への“迷惑料”として東電が建てた建設費130億円のサッカー施設「Jヴィレッジ」などもある。
 
 原発の誘致は、自治体を潤す。最終処分場もアピールするところは同じ。NUMOは、建設・操業期間(約60年間)の経済効果を次のように弾いている。
 
地元発注額が年間150億円で累計約8700億円。
生産誘発効果が年間360億円で累計約2兆円。
直接雇用が年間340人で延べ約1万9000人。
雇用誘発効果が年間2800人で延べ約16万人。

 さらに年間約30億円の固定資産税が期待できる。まさに、「札びらで横っ面をはたく」やり方である。

 これだけの手厚い“用意”をしても、応募してから反対派の総攻撃を受けた高知県東洋町の町長が、選挙で信を問うて大敗した例が示すように、根回し不足は確実に失敗する。

 前出の東電元幹部がこう語る。

「最初にやるのは、徹底的なリサーチです。そこが市なら、誰が本当の実力者かを調べ、有力な市議をまず味方にします。それから漁協を押さえる。漁業補償がつきものですからね。次に商工会議所の有力メンバーを囲い込み、最後に市長にアプローチする。その時、市長の親族企業が土建業者なら申し分ない。発注事業を優先的に回すことを匂わせるんです。県レベルでも、同じやり方でさかのぼり、最後に県知事に行き着く。徹底的なボトムアップ戦略です」

 酒食の接待から始まって、実利(仕事)に結びつける。営業の王道だが、電力会社の場合は懐が深い。有力者の子弟は、本人が望むなら電力会社本体かその周辺企業に就職させたり、親族が店を経営していれば、物品販売であれ飲食であれ「電力御用達」の店にしてしまうこともあるという。

 それだけでは終わらない。

 現実問題として、原発、中間貯蔵施設、再処理工場、高速増殖炉といった原発絡みの施設には、さまざまなトラブルが発生する。それが自治体の首長や地元選出の政治家を悩ませ、電力会社を揺るがすこともある。そんな時の“火消し”も用意している。

 東電協力企業の幹部はこう語る。

「原発予定地の一部を暴力団関連企業が買い占めたり、政治家と電力会社との“癒着”を事件屋が突いたり、といったトラブルは頻繁に起きます。暴力団、企業舎弟、総会屋、事件屋といった反社会的勢力との関係を、電力会社本体が持つわけにはいかない。それを収めるフィクサーがいて、その処理費用を捻出する“仕組み”もできあがっています」

 清濁併せ呑まなければ、原発も最終処分場も建設できない。

※SAPIO2011年8月3日号


人気ランキング

1.
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
2.
ネットの「加トちゃんがヤバい」説にロケ地の住民が同調する
3.
壁ドンに続く「股ドン」は定着するか 「されたい」女子も多数
4.
加藤茶の地方公演に同行した45才年下妻 荷物を持ってあげる
5.
河野太郎氏が「真の年金納付率」の資料入手 衝撃的数字並ぶ
6.
加藤茶留守中に若妻家族がマンションで花火 管理人に怒られた
7.
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白
8.
サムスン経営者の復帰なければ韓国は国家的な危機に直面も
9.
警察の隠語「踊る」「ゆみへん」「H」「てんぷら」の意味
10.
ASKA逮捕で芋づる式か 元プロ野球選手や有名歌手も戦々恐々

今日のオススメ

提供元一覧

エストロゲン

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話

おっぱいバイブル

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。