• TOP
  • 芸能
  • ゴマキの弟・祐樹は全身タトゥーで「狂犬」と呼ばれていた

芸能

2010.09.30 07:00  女性セブン

ゴマキの弟・祐樹は全身タトゥーで「狂犬」と呼ばれていた

 07年10月20日、元モー娘。後藤真希の弟・後藤祐樹容疑者(当時)が、東京・江戸川区の工事現場から大量の金属ケーブルを盗んだ窃盗の疑いで逮捕された。(女性セブン2007年11月8日号より)

 祐樹は00年につんく♂プロデュースの男女ユニット『EE JUMP』をソニンと組んでデビュー。 が、01年8月に夜間の外出を巡ってマネジャーと口論になり、翌日から仕事2本をドタキャン。休業発表となった。

 半年後の02年1月に復帰したが、そのわずか3か月後に、当時15才でキャバクラに通い飲酒している姿が写真週刊誌に報じられ、ユニットを脱退、芸能界引退となった。

「引退後もお騒がせぶりは続いていました。

高校は中退、全身にタトゥーを入れていて、地元ではバイクを騒音をたてて乗り回し、喧嘩っ早いことから『狂犬』といわれるなど、よくない評判もありました。

それでも、結婚して、いまは2児の父。実家に住んでいたんですが…」(近所の住人)

 07年12月には、窃盗の目撃者を殴ったとして、強盗傷害容疑で再逮捕された。その後、懲役5年6月の実刑判決を受けている。

関連記事

トピックス