芸能

辻希美の「できちゃった会見」に吉澤ひとみが怒っていた

「ファンの皆様、仕事関係のかたがたにご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません」

 謝罪で始まった、前代未聞の結婚報告会見。リポーターからは、「避妊は考えなかったんですか?」といった厳しい質問まで飛び出した。(女性セブン2007年5月31日号より)

 俳優の杉浦太陽と、できちゃった婚することになったモーニング娘。の元メンバー・辻希美。しかし、周囲の雰囲気は祝福ムードとはほど遠いものだった。

 特に厳しかったのが、モーニング娘。の元リーダー・吉澤ひとみ。

「よっすぃ~(吉澤)は姉御肌で面倒見がよく、何があっても後輩を守るというタイプで、批判めいたことはめったにいわない。その彼女が今回ばかりは”アイツ(辻)のせいでこんなことになって、ファンの申し訳ない”ってかなり怒っていましたからね」(舞台関係者)

 吉澤はプロ意識が強く弟が交通事故で亡くなったときでさえ、ステージに立ち続けた。責任感は人一倍強く、メンバー全体のことも考えて行動している。それだけに、辻のような言動には我慢がならなかったのだろう。

 結婚報告会見で「がんばって赤ちゃんを産んで、また仕事をしたい」と、出産後も仕事を続けると明言した辻だが、意外に風当たりが強いことに気づいていなかった?

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン