ライフ

水木しげるの幸福七カ条「幸福のこと考えると幸せにならぬ」

『ゲゲゲの鬼太郎』著者である水木しげる氏は、戦争を生き延びた経験から、「人間の幸せ」については深い関心をもっている。そんな水木氏が『水木サンの幸福論』(日本経済新聞社刊)の刊行にあたり、ユニークな幸福論の核心を本誌インタビューで語ってくれた。(『週刊ポスト』2004年7月2日号より)

<第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行なってはいけない。

第二条  しないではいられないことをし続けなさい。

第三条  他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし。

第四条  好きの力を信じる。

第五条  才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条  怠け者になりなさい。

第七条  目に見えない世界を信じる>

 以上が本書の掲げる<幸福の七カ条>である。しかし幸福などという言葉はあまり使わんほうがいいよと、前提を覆すようなことをいう。

「幸せとか幸福とか、しょっちゅう考えている人は、案外幸せにはならんようですよ。

 まずは仕事は大事です、メシを食わんといけないからね。仕事に勝たなきゃならんからそれでもう精一杯。ただ仕事ばかりやっとるようでも幸せでないし、幸せなんてムツカシイものは『ない』と考えたほうが、かえってうまくいく。

 幸福というのはたぶん戎(えびす)サンや大黒サンと同じ。ありもしないものをあるように拵(こしら)えてみんながお願いをする。だけど本当は何もないです、ないから、でも欲しいから、いろいろと拵えて。その点、こんな状態が幸福と感じる習慣が水木サン(水木氏は自分のことを“水木サン”と呼ぶ)にはベビイのころからない。幸福は求めるより、与えられるという感じのもので、結局は成り行きに任せるしか、しようがないのです」

 自身の幸不幸には無頓着なのに、周囲には幸せだとよくいわれるのはなぜだろう。それはエラクなったからでも金持ちになったからでもなく<好きな道で六十年以上も奮闘して、ついに食いきったからです>。食いきった・・・・・・強い言葉ではないか。

関連記事

トピックス