• TOP
  • ライフ
  • 30代半ばを超えて侘しく飲むために東京の場末酒場を訪ね歩く

ライフ

2010.10.29 10:00  週刊ポスト

30代半ばを超えて侘しく飲むために東京の場末酒場を訪ね歩く

【書評】『場末の酒場、ひとり飲み』(藤木TDC著/ちくま新書/756円)

 30代の半ばを超えてから侘しい雰囲気の店で飲むことが好きになったというフリーライターが、自らの足で東京の場末の酒場を訪ね歩く。戦後の闇市から発展した区域、工場街に生まれた酒場、もと赤線地帯の現在……。著者なりの酒場の流儀も語られる。

※週刊ポスト2010年11月5日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス