• TOP
  • スポーツ
  • 杉原輝雄プロが飛ばし屋・石川遼のスイングの“弱点”を分析

スポーツ

2010.11.26 17:00  週刊ポスト

杉原輝雄プロが飛ばし屋・石川遼のスイングの“弱点”を分析

ゴルフの杉原輝雄プロ(73)は通算63勝(うち海外1勝、シニア6勝)を重ね、1989年にレギュラーツアーの永久シードを獲得した。その実績だけでなく、歯に衣着せぬ人柄から“ゴルフ界のドン”としてファンから親しまれてきた。1997年に12月に前立腺がんが発覚し08年4月にはリンパ節に転移。それでも杉原プロはプレーに影響が及ぶ手術を避けてきた。そして、再び病魔は襲いかかる。この8月、リンパから肺への転移が確認されたのだ。「後悔はしてへん、でも反省はせなあかんとは思うてます」。杉原プロが入院先の病室で、その胸中を明かした。

* * *
石川遼クンや池田勇太クンや薗田峻輔クン、あるいは日本オープンで最後まで優勝争いを演じたアマチュアの松山英樹クンといった若い世代が活躍するのはええことやと思う。けど、それでゴルフ界は将来も安泰―としたらアカンでしょう。

いくら実力を持っていても彼らは若すぎるし、今は純粋にプレーを楽しんでいるだけで、ファンの顔も見えてへん。本来、彼らに“プロゴルファー”の心得を教える立場の中堅世代がもっとがんばらんといけません。

米ツアーで揉まれてきたはずの丸山茂樹クンや片山晋呉クンは、どないしとんやろ。このままでは安心して僕も死ねへんがな(笑い)。

石川クンにおんぶに抱っこではみっともないし、彼にしてもまだまだ発展途上や。飛ばすことに執着しすぎているのかトップからの切り返しが早い。もう少しスイングにゆとりがあったほうがええな。

期待しているからあえていうんやけど、石川クンも、かつてのジャンボのように毎週のように優勝を狙えるようなプレーヤーになってもらわんと。

※週刊ポスト2010年11月26日・12月3日号

関連記事

トピックス