芸能

松平健の4才長男 母・友里さんの自殺をいまだ知らず

 11月15日、自宅で自らの命を絶った松平健(56)の妻・松本友里さん(本名・鈴木友里子、享年42)。本誌取材に、友里さんの兄が胸中を語ってくれた。

「私たちは双子みたいなもんだからね! というのが妹とおふくろの口癖でした。何をやるんでも一緒だった」

「一卵性母娘」―自らそう語るほど、友里さんにとって母の鈴子さん(享年71)は最愛の存在だった。その母が10年ほど前から体調を崩し、友里さんは介護に全力を注ぐようになった。そして6月、闘病むなしく、母は逝った。

「妹はふさぎ込んでしまって…。でも、しばらくして、『おふくろが亡くなったのは順番なんだから。最後の介護は、おふくろが用意してくれたお別れの準備だったんだよ』と私が話すと、『そうだよね。これで区切りをつけて元気になっていくんだよね』といってたから…」(友里さんの兄)

 兄から見れば、友里さんには、1児の母としての強さもあるはずだった。

「健太(4才、2006年に生まれた長男)の存在が、妹の助けになるはずだと思っていたんです。(母の)代わりになってくれると」

 兄の前では気丈に笑顔を見せていた友里さんだったが、夜になると自宅の一室でひとり泣きじゃくるようになっていたという。ベビーシッターが泊まりがけで健太くんの世話をするようになったのも、鈴子さんが亡くなってからだ。「妹はシッターさんのことを本当に信頼していました。シッターさんというより、友人でしたから」

 しかし、友里さんは、その自宅で自ら命を絶った。健太くんはそのとき、何も知らぬまま、別室ですやすや眠っていたという。わずか4才にして母を亡くした健太くんは、ベビーシッターを母代わりにいまも自宅で生活しているという。できるだけ以前同様に過ごせるよう、松平が気を配っているようだ。

「健太には(母の死を)まだ伝えていません。健太がいちばん、受け入れられる状態、理解できるときにと…。環境が変わると何かあったって気付いてしまうでしょう? だからいつも通りの生活をさせているんです」

※女性セブン2010年12月9日号 

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン