• TOP
  • スポーツ
  • 美人プロボウラー中山律子さん 家族でやるのはゴルフ

スポーツ

2010.12.27 20:00  週刊ポスト

美人プロボウラー中山律子さん 家族でやるのはゴルフ

 1970年代に湧き起こった空前のボウリング大会で、国民的アイドルだった『さわやか律子さん』こと中山律子(1942年生まれ)。その後の人生を彼女自身が振り返った。(週刊ポスト2002年8月30日号より)

 * * *
「ボウリングブームの一番華やかな時代を経験した者として、今は競技の振興と後輩たちのために奔走しています」(中山)

 1969年、女子プロボウラーの1期生としてデビュー。翌年、女子初のパーフェクトゲームを達成し、人気・実力とも頂点に。本人はこう振り返る。

「会社にはサイン色紙が400~500枚山積み状態。大会会場に人が集まりすぎで中止になったこともありました」

 熱狂的なブームが冷め始めた1974年に結婚、女児に恵まれた。さらに肩の故障などで、1980年代はボウリングを休んだが、1992年に復帰。

「ただ、故障して40歳を過ぎてからは満足に投げられたことはないですね。それでも“ボールの重さを使って投げる”技術が分かってきました」

 1998年7月、JLBC(ジャパン・レディース・ボウリング・クラブ)の会長に就任。ボウリング指導と講演活動で全国を駆け回った。ちなみに家族でボウリングをすることはほとんどないという。

「主人も、私とやると負けるのでもっぱらゴルフ。でも、ボウリングのほうが安い(笑い)し、奥が深いので老若男女どなたでも楽しめますよ」

 相変わらずの“さわやか律子さん”であった。

関連記事

トピックス