• TOP
  • 国内
  • “美魔女”とは「まだまだ!」とあきらめぬ人だと前田典子語る

国内

2011.03.03 16:00  女性セブン

“美魔女”とは「まだまだ!」とあきらめぬ人だと前田典子語る

 いったいいくつまで女はキレイでいられるのだろうか? マエノリの愛称でトップモデルとして活躍する前田典子さん(45)。そして、小説『中年前夜』(小学館)でR40女性の生き方を生々しく描いた、作家の甘糟りり子さん(46)。このふたりが、共通の趣味であるマラソン、R40、R50女性にとっての美しさについて語り合った。

――ふたりには、マラソンが趣味という共通点も。前田さんは44才のときにオーストラリアのゴールドコーストマラソンを、甘糟さんは42才のときにロンドンマラソンを完走。

甘糟:「体、変わりますよね」

前田:「締まりますよね」

甘糟:「私は体重は変わらなかったんですけど、体脂肪が落ちました。代謝がよくなるので、いい汗をかけるんです。でも体のケアは必須。40才で走り始めたんですが、46才のいまは悲しいことに、前と同じようにはいかないですね。ストレッチやリンパマッサージをさぼると、すぐに体のどこかにガタがきちゃう。アンチエイジングという言葉は好きではないですけど、四十過ぎてフルマラソンに挑戦したくなったのは、やっぱり年齢に抵抗したかったのかもしれません」

前田:「私は42才のときに始めたんですよ。雑誌の企画で。最初はマラソンなんてとんでもない!って感じでした(笑い)」

甘糟:「でも走ったんですよね」

前田:「結局、ハーフマラソンにチャレンジしたんですけど、ゴールしたとき“まだいけるかも”って余裕があったんです(笑い)。そして2年後にフルマラソンを完走しました」

甘糟:「今年も、どこかの大会に出て走ってそうですね。(笑い)」

前田:「もしあのときにマラソンを始めてなかったら、いまのように体は絞れてなかったんじゃないかなって思います」

甘糟:「運動を定期的にしていると、体が必要な食べ物を欲してくれるんですよね。マラソンを始める前は、ジムの指導できつい食事制限をした時期もありますけど、極端な食事制限って精神的によくない。それこそ心が老けちゃう」

――ふたりが20代、30代を過ごしたのは世間がバブル景気に沸く時代。常に“主役”として時代をリードしてきた世代だ。

甘糟:「“美魔女”ブームって、私たちのようなバブル世代が中心ですよね。30代、40代と自分たちの年齢があがるのにあわせて次々とファッション誌が創刊されて、常に時代の中心だった。エラソーだけど、時代が後からついてくるという感じで。ずっと主役気分が抜けない世代なんですよ」

前田:「バブル世代って、貪欲な人が多いんじゃないかな。もっと楽しいことあるんじゃないの。まだいけるんじゃない、私。もっときれいになるためにはどうしたらいいの。まだまだ!って。つまりあきらめてない人が“美魔女”という…」

※女性セブン2011年3月17日号

関連記事

トピックス