• TOP
  • 国内
  • 宝塚音楽学校の泥沼いじめ裁判 コンビニ万引騒動が引き金に 

国内

2011.04.07 07:00  女性セブン

宝塚音楽学校の泥沼いじめ裁判 コンビニ万引騒動が引き金に 

宝塚音楽学校では一昨年、前代未聞のトラブルが起きている。“清く正しく美しく”という校訓とはかけ離れた泥沼の“いじめ裁判”だ。

いじめがあったのは、昨年3月に卒業した第96期生。彼女たちは2008年4月に宝塚音楽学校に入学したのだが、そのなかのひとり、A子さん(19)は入学からわずか半年後、万引行為などを理由に学校側から退学を通告される。

A子さんは事実無根を主張して、神戸地裁に退学の取り消しの仮処分を申し立てた。2009年1月に、地裁は退学処分を無効とする決定を出したが、学校側は再び退学処分を通知。これに対してA子さんも再び退学取り消しの仮処分を申請。これも認められたにもかかわらず、学校側は退学を取り消さなかった。その後1年にわたって、話し合いが続けられたが、平行線をたどり、ついにA子さんは2009年11月に退学処分の取り消しと1000万円の慰謝料を求めて裁判を起こしたのだった。その裁判のなかで明らかになったのが、A子さんへの同期生からのいじめの数々だった。

きっかけは入学直後の2008年5月、ネット上に、予科生(音楽学校1年生)の中で<1番美人なのはA子さん>という書き込みがあったことだったという。

A子さんの洗濯物がゴミ箱に捨てられたことから始まり、6月には、彼女の寮の自室のベッドに「寮内で紛失した」とされる複数の品が並べられていた。どれも身に覚えのない品だったというが、彼女は窃盗の容疑をかけられた。

また夏休みに帰省したA子さんは地元テレビ局から取材を受け、思わぬ形で番組に出演。これは、重大な校則違反だと同期生から「実家へ帰れ」「死ねばいいのに」といった言葉を浴びせられたという。

そして退学の直接的な原因となったのが、同年9月の万引騒動だ。学校帰りに同期生ふたりとコンビニに行ったA子さん。このときにA子さんが万引をしたと同期生が告発。A子さんは「疑うなら店の防犯カメラを見てください」と主張したが聞き入れられず、9月末からの修学旅行への参加も許されないまま、11月に退学処分を通告されるのだ。

裁判は昨年7月、学校側が2度の退学処分を取り消し、A子さんの卒業資格を認める代わりに、A子さんが宝塚歌劇団への入団を求めないことで合意して調停が成立した。学校側からの謝罪や慰謝料支払いの有無については、非公表とされた。

※女性セブン2011年4月21日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス