• TOP
  • 国内
  • 原発周辺の立ち入り禁止地区 「カラスが遺体に」との証言

国内

2011.04.11 07:00  女性セブン

原発周辺の立ち入り禁止地区 「カラスが遺体に」との証言

 災害救助犬の調教師・村田忍さん(39)は、今回の東日本大震災の救助要請を受けて、災害救助犬で愛犬のレイラとともに岩手・大船渡にはいった。そして、3月24、25日には福島に出動。しかし、福島では、むごい状況と直面することになった。

 * * *
 原発の周囲は立ち入り禁止になっているので、遺体があるとわかってもそこへ行くことができないんです。ですから、避難先の高台から双眼鏡などで自分の家のほうを見ている人たちがいるんです。たいていカラスが集まっているところに遺体があるんですが、ただ見ていることしかできなくて、

「おら! おれの爺さまがカラスに食われてる!」

 と叫んでいる人までいました。地獄ですよ。ようやく1週間前に、防護服を着た自衛隊員が遺体の収容作業にあたるようになったそうですが、愛する人も、愛する動物たちも、カラスや野良犬の餌食になっているんです。

※女性セブン2011年4月21日号

関連記事

トピックス