• TOP
  • スポーツ
  • 元西武の剛腕中継ぎ・森慎二 わずか3球でメジャーの夢断念

スポーツ

2011.07.02 16:00  週刊ポスト

元西武の剛腕中継ぎ・森慎二 わずか3球でメジャーの夢断念

 松井秀喜、イチローなどメジャーリーグで成功した日本人選手はいるものの、残念ながらメジャーに挑戦しながら、志半ばに帰国した男もいる。そんな彼らの姿をノンフィクションライターの柳川悠二氏が追った。

 * * *
 元西武ライオンズのセットアッパーで、2006年にタンパベイ・デビルレイズへポスティング移籍した森慎二。彼は現在、松井秀喜を育んだ金沢を本拠地とするBCリーグ「石川ミリオンスターズ」の監督を務めている。

「独立リーグの監督という立場ですが、現役の道を諦めたわけではないんです」

 西武5年目の2001年オフからポスティングによる移籍を球団に訴え続け、5年をかけてようやく実現した彼のメジャー挑戦――それはわずか3球で終わった。

 初の実戦初登板となったスプリングキャンプのオープン戦でのことだ。日本時代、左足を高く上げる独特のフォームから投げ込む、剛速球と鋭く落ちるフォークボールを武器に打者を牛耳っていた森は、メジャーリーガー相手でも真っ向勝負を挑んでいく。

 最初の打者の3球目。腕をしならせ、白球をリリースした瞬間に腕が打者方向に飛んでいくような嫌な感覚が襲った。

「すぐに痛みでうずくまって、腕の異変に気付いた。腕をしならせすぎたために上腕骨が脱臼し、腕が脇の下から出ているような状態だったんです。上腕骨と肋骨がゴリゴリぶつかっているのが分かりました。腕が人の形をしていないんだから、『ああ、終わったな』って思いました」

 ドクターから「この脱臼から復帰した例はこれまで3例しかない」と聞かされても、森はメジャーの舞台を諦めきれず、わずかな可能性に賭けようとした。

「いつか治ると信じてリハビリに励みました。キャッチボールの球数制限を課されていたんですが、ばれないようにひとりで球場の壁にボールを投げたこともありました」

 ケガから1年半後、現役に未練を残したまま帰国する。1年の浪人生活の末、石川ミリオンスターズの選手兼コーチとして誘われ、2010年に監督専任となった。

※週刊ポスト2011年7月8日号

関連記事

トピックス