芸能

“手から金出す”高嶋政伸 精神世界にハマるも妻に強要せず

 泥沼の離婚裁判が続く高嶋政伸(44)と妻・美元(32)。報道では、政伸が離婚を希望する理由として、妻の浪費癖をあげているが、妻の側にもいい分があるようだ。美元の友人であるA子さんが高嶋家の実態について明かした。

 政伸は10代のころ、四柱推命の先生の下へ弟子入りし、毎週白着を着て修行していた。毎月1日と15日には、東京・渋谷の氷川神社へ参拝。神様からの言葉が書いてある紙を自宅のクローゼットの扉に貼ったりもしていたという。

 そんなスピリチュアルな世界は高島家に受け継がれてきたものだった。父・高嶋忠夫(81)は、母・寿美花代(79)と円満にやってこれた理由について、かつて女性セブンのインタビューで「長男が霊になって、私と家内の肩のところに座っている」からではないかと話していた。その寿美と政伸の兄である政宏は、もともと霊媒体質であることを公言し、長男と対話しているという。A子さんは、こう話す。

「この話は、私はちょっとこわいなぁと思ったんですが。ある日、政伸さんが実家に帰ると、家族みんなで仏壇に手を合わせていたそうなんです。それで『実は(長男の)命日なんだよ』と教えられたとき、彼が自分の手を見たら金粉が出てきたんだそうです。

びっくりして長先生(高嶋家と数十年にわたって親交がある長昌弘氏。神道密教・象学の長年にわたる研究・修行を通じ、独自の運命学を確立した人物)に相談したら、『とっておきなさい』といわれて、全部丁寧に小皿にいれてラップをして大事に保管していたんだそうです。政伸さんは美元にその話をしながら小皿を見せたことがあるそうですが…彼女には『何にも見えなかった』といっていましたね…」

 ただ、何かひとつの宗教とかにどっぷりハマるという感じではなかったようだ。

「チベット呪文を唱えたり、般若心経、神道の詔、梵字を切ったりなど、自分がいいと思ったものは全部取り入れていくようでした。美元はちょっとびっくりしていたんですが、政伸さんは決して彼女に強要しなかったから、美元も受け入れられていたんです」(A子さん)

※女性セブン2011年8月11日号

関連記事

トピックス