国内

明治期~昭和初期にできた東京の埋立地は液状化の可能性低い

「内陸だから大丈夫」――東日本大震災では、従来のそんな認識を覆す液状化現象が起きた。液状化するか、しないかの分かれ目は「地形」にある。40年以上前から液状化の研究をしている関東学院大学工学部教授の若松加寿江さんによると、以下の条件に当てはまる場所では、液状化が頻発し、震度4程度の比較的弱い地震でも液状化することがあるという。

【1】戦後の新しい埋め立て地
【2】大河川の沿岸
【3】昔の川筋があったところ
【4】沢や沼を埋めた造成地
【5】海岸砂丘の裾、砂丘間低地
【6】砂鉄や砂礫を採掘した跡地の埋め戻した土地

若松さんは、過去750年間で液状化した地点を調査。首都圏では、千葉県の湾岸沿いに液状化した地域が集中している。

「ここは、【1】の埋め立て地に当たります。高度成長時代以降に造成された土地が多く、埋め立てに使われたのは主に海底の砂。1987年の千葉県東方沖地震により大規模な液状化が起こりました」(若松さん)

関西圏で見られる兵庫県湾岸部の液状化地帯も、山間部の土を切り崩して地盤を造成していた。

一方、同じ湾岸の埋め立て地でも、東京都内では比較的少ないのはなぜだろうか。

「都心に近い埋め立て地は、明治期から昭和初期にかけて造成されたので、年数を重ねるなかで締め固められ、地盤が安定してきたと考えられます。東日本大震災では一部で液状化しましたが、大きな被害にはなりませんでした。しかし、東京から横浜にかけての戦後の埋め立て地は、今回よりもっと強い地震が来たら大規模な液状化が発生すると予想されます」(若松さん)

首都圏では荒川や多摩川沿い、東海圏では天竜川や木曽三川沿い、関西圏では淀川沿いといった大きな河川周辺で液状化が多発している。

「これは主に【2】の大河川の沿岸にあたります。昔は治水技術が発達しておらず、大河川沿いは頻繁に氾濫が起きていました。氾濫が起きるたびに、周辺には土砂が堆積するので、地盤が非常に緩くなるんです。また、河川周辺は地下水脈があり、水位が浅い。液状化が起こりやすい条件が揃っています」(若松さん)

とりわけ危ないのは、川が合流したり、蛇行していたりする土地。氾濫常習地帯で液状化しやすいと推測される。

また、川がまっすぐに流れている土地でも【3】の昔の川筋があったような場所は注意が必要だという。

「治水のため、蛇行部分の川の流れをまっすぐに変える工事が明治以降、盛んに行われてきました。このような土地は、もともと氾濫常習地帯で、地盤が非常に緩くなっていると予想されます」(若松さん)

数は少ないが、大きな河川沿いではない内陸部でも、ポツポツと液状化が発生している。

「田んぼになる以前は湿地や沼だったところが特に危険になっています(【4】)」(若松さん)

例えば、東日本大震災でも、内陸部の埼玉県久喜市や千葉県我孫子市で大きな液状化被害があった。

また、3大都市圏からは外れるが、新潟県などの日本海側では、河川沿いでも埋め立て地でもない土地で液状化が頻発しているという。

「季節風の影響で日本海側は砂丘ができますが、この地盤は砂がさらさらで緩いので地下水が加われば液状化が起きやすい。また、砂鉄の採掘をするために大きな穴を掘り、その後砂で埋め戻した砂州などでも液状化しやすい。今回の地震でも千葉県九十九里浜の北部で発生しています」(若松さん)

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号

関連記事

トピックス