スポーツ

井川慶・肩を酷使せぬのが幸い 故障なく日本球界の評価高い

 かつて日本人野球選手が大量に海を渡り、メジャーの世界へ足を踏み入れたが、今オフは球団との契約満了に伴い、多くの日本人メジャーリーガーが帰国すると見られている。

 最大の注目株は、米メディアに「最悪の買い物」という称号をもらった井川慶(ヤンキース傘下の2Aトレントン)だ。

 2006年末にポスティング移籍した井川だが、2年目からはほとんどマイナー暮らしで、片道2時間以上かけて球場に通う毎日。しかし肩を酷使していないのが幸いしてか、「故障もなく、体力的にもメジャー移籍時と変わらない。まだ日本では十分に活躍できる」(在阪球団編成担当)となぜか評価が高い。

 井川獲得に動いているのは阪神だ。井川に加え、川上憲伸(ブレーブス傘下の2Aミシシッピ)と、金本の穴を埋める福留孝介(インディアンス)を狙う。

 左の中継ぎ候補として楽天、西武などが目をつけているのが、岡島秀樹(レッドソックス傘下の3Aポータケット)だ。マイナーでは8勝1敗と好成績だが、メジャーから声はかからなかった。

「本人は泣きそうな勢いで“来季もマイナー契約なら日本に帰る。12球団どこでも行く”と漏らしている」(岡島に近い関係者)

 他に日本復帰が濃厚なのは五十嵐亮太(メッツ)、斎藤隆(ブルワーズ)、建山義紀(レンジャーズ)、黒田博樹(ドジャース)。

「黒田は能力的には十分米国でやれるが、1200万ドルという年俸がネック。財政破綻したドジャースにとっては費用対効果が悪く、放出される可能性が高い」(在米スポーツジャーナリスト)

 ちなみにもう一人、超大物がいる。アスレチックスの松井秀喜だ。こちらも契約は今年までだが、「松井を買っているメルビン監督代行が来季から監督に昇格することが決まったので、年俸減を受け入れて残留が濃厚」(同前)とされ、日本復帰はなさそうだ。

 日本勢がMLBを席巻したのも今や昔か。

※週刊ポスト2011年10月7日号

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン