• TOP
  • 芸能
  • 最近の家政婦事情 片づけられない独身女性からの依頼急増

芸能

2011.11.03 16:00  女性セブン

最近の家政婦事情 片づけられない独身女性からの依頼急増

松嶋菜々子(38)主演・日本テレビ系ドラマ『家政婦のミタ』が高視聴率を記録し、にわかに注目を集める「家政婦」というサービス。家政婦というと、少しセレブなイメージもついて回るが、条件や金額さえ折り合えば利用してみたいと考えている主婦もいるのでは。

「家政婦の形態はさまざま。高齢者など体の不自由な家族がいる場合、家事に加えて介助ができる人という要望も可能ですし、共働き家庭などで、足りないところだけを短時間にカバーするパート的な利用もできます。ほかにも住み込みなど、各家庭の事情によって使い分けることができます」(家政婦協会関係者)

価格設定も条件次第。平均的な家政婦の相場は以下の通り。

●1回3~5時間で4500円程度から。
●1日6時間だと8500円程度から。
●住み込みなら1日1万5000円から。

そのほか別途、家政婦の交通費、紹介手数料などがこれに加算される。

さらに最近では、ワンルームに暮らす独身女性など、片づけられない人による家事代行の需要も高まったため、安価なプランも数多く見られるようになった。例えば、家賃5万8000円のワンルームに住んでいる38才の派遣社員の場合はこうだ。

「私の収入は手取りで月16万円。それでも床の見えない汚部屋が片づくならと思って、4時間2万5000円で2人に来てもらいました。知らない人だから最初は緊張しましたけど、終わったころには家はピカピカ。その後も月に1回2時間5000円で掃除してもらっています」

全国規模で家事代行のサービスを行っている長谷川興産メイドサービス事業部はいう。

「1年前まではほとんどいませんでしたが、ワンルーム、1Kに住まれていらっしゃる20代・30代のお客さまからの依頼が急激に増え、現在では全体の20%近くを占めています。女性が目立ちますね。また、シェアハウスをされているかたは住んでいる誰が掃除するのかという問題が出てくるので代行を頼むケースもあります」

※女性セブン2011年11月17日号

関連記事

トピックス