ライフ

「余暇の多様化が若者を恋愛から遠ざけている」の意見出る

 香里奈(27)、吉高由里子(23)、AKB48・大島優子(23)という豪華キャストが共演していることでも話題の、月9ドラマ『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系・月曜・21時~)。

 それぞれが演じるのは、照明スタッフとして働く男勝りな27才の恵美(香里奈)、就職浪人中だが“大手出版社に勤めている”と嘘をついてキャバクラでバイトしている24才の咲(吉高)、派遣社員として働く男性経験のない22才の真子(大島)という20代の3人だが、いずれも恋愛から遠ざかっている独身女性だ。

 著書に『「エコ恋愛」婚の時代』(光文社新書)などがある、マーケティングライターの牛窪恵さんはいう。

「いまの20代は“省エネ恋愛”世代です。65%の女性には彼氏がいなくて、70%以上の男性には彼女がいない。すでに40代半ばを過ぎているバブル世代は、ドキドキする恋愛や波瀾万丈な展開を求めていたけれど、1999年に“癒し”という言葉が流行ってからは“疲れるから、ドキドキする恋愛はしたくない”という女性が増えました。加えて、その恋愛対象になる同世代の男性が“草食系”でガツガツしていないので、どちらも踏み込まないから恋愛に発展しにくいんです」

 恋愛をすると相手とふたりだけの時間を過ごすことが増えてくる。が、ドラマの女性たちはふたりきりの時間よりも女同士でいる時間がラクで楽しいと感じているようだ。『私が~』の3人は素敵な一軒家で同居生活をスタートさせる。気の合う女同士で暮らしていれば寂しくないし、仕事から帰れば料理上手な真子のごはんが待っている。

 また、はやりの“女子会”のほかにも、余暇の過ごし方が増えたことが、若者を恋愛から遠ざけているともいえる。

「いまの時代、楽しいことがたくさんあるんです。女子会、ライブ、DVD鑑賞…。どれも趣味の範疇ですが、恋愛もこのカテゴリーにはいる。つまり恋愛も“趣味”のひとつ、ワンオブゼムであってマストではないんです」(前出・牛窪さん)

 また、この世代は、女性は男友達が多く、男性は女友達が多いというように“異性の友達”が多いことが特徴。ただ、彼らは男女を意識することはなく、むしろ同性の友達と何ら変わらない感覚でいるため、友達から恋愛に発展することが少ない。

「だから、男友達に恋愛相談もするし、生理の話も平気でできるんです」(前出・牛窪さん)

 前述したように、20代には恋愛を面倒くさいととらえている人も多い。

「相手が自分のことを好きかどうか確かめるのが面倒くさいし、自分以外の女性と仲良くしているのを知ってヤキモチを焼くのも疲れる。ましてや他の女性と彼氏を取り合うようなことになったら耐えられない…とまさに“省エネ感覚”です」(前出・牛窪さん)

※女性セブン2011年11月17日号

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン