スポーツ

八百長問題告発した元・大鳴戸親方と協力者が不審死した過去

組織を揺るがす大騒動が起きると、やがてキーマンが鬼籍に入り、疑惑は「なかったこと」になる――。何とも後味の悪い幕引きは、角界の伝統といっていい。11月7日の鳴戸親方の急死により、鳴戸部屋をめぐる暴力事件等への調査は打ち切られた。

本誌の角界浄化キャンペーンを知る読者は、15年前の「大鳴戸事件」を思い出すのではないだろうか。1996年4月14日。元・大鳴戸親方(元関脇・高鐵山)が愛知県内の病院で死亡した。

元・大鳴戸親方は協力者の橋本成一郎氏とともに、同年1月から角界に蔓延る八百長問題を本誌で告発した人物である。14週にわたる連弾手記の内容は八百長以外にも、年寄株に絡む脱税疑惑や力士たちの薬物汚染、さらには暴力団との深い関係に及び、角界のみならず社会的に大きな反響を呼んだ。

この問題は外国人記者の関心も集め、4月26日には日本外国特派員協会で講演会が開催される予定だったが、11日に息苦しさを訴えて入院した親方は、わずか3日後に「重症肺炎」でこの世を去ったのだ。

さらに、その15時間後に同じ病院に入院していた協力者の橋本氏も、同じ症状で死亡した。2人とも糖尿病を抱えていたが、肺に持病はない。当時の日本では「重症肺炎」など、滅多に死に直結するような病気ではなかった。しかし、病院からは病理解剖を勧められず、2人の遺体は葬儀を終えるとすぐに荼毘に付された。

その後、協会は2人の死を見計らったかのように本誌を刑事告訴する。だが、2年後に嫌疑不十分で不起訴処分となり、角界の八百長が事実上認定された。この経緯は『新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた』(小学館101新書)に詳しいのでそちらに譲るが、最終的に元・大鳴戸親方と橋本氏の不審死は闇に葬られた。

鳴戸親方の急死は、この「大鳴戸事件」と符合する点があまりに多い。

直前まで元気だった人物が、急死したこと。病理解剖されなかったために、「何が死に繋がったのか」がわからないこと。2人の親方の置かれた立場も似ている。

八百長の蔓延を憂慮し、大相撲の存続に関わる重大問題と受け止めていた。そしてその存在は、時の相撲協会の主流派から目の敵とされていた。

元・大鳴戸親方が死亡する直前、親方の自宅にはひっきりなしに無言電話がかかっていた。また、ある協会幹部が暴力団関係者に「何とか高鐵山の口を押さえられないか」と相談していたとの情報もあった。そうした「脅し」は、鳴戸親方に突き付けられた「稀勢の里の出場停止要求」と重なるものがある。

※週刊ポスト2011年11月25日号

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト