• TOP
  • ライフ
  • 現役東大生が考案 2ケタのかけ算の暗算を6時間で学べる方法

ライフ

2011.11.29 16:00  女性セブン

現役東大生が考案 2ケタのかけ算の暗算を6時間で学べる方法

学習ドリルとしては異例の12万部突破

現役東大医学部生が考案した小学生向けの算数ドリルが異例の注目を集めている。マスターすれば、2 ケタ×2ケタの暗算が超カンタンにできるようになるというこのドリル。「子供を天才に育てる」「認知症予防にも効果が期待」という声も。果たして、どんなメソッドなの?

10×10から99×99まで、およそ8000通りもある2ケタ×2ケタの計算問題。あなたは暗算できますか?「はい」といえる人はまずいないはず。でもなんと、九九を覚えて間もない小学3年生でも、たった6時間勉強するだけで、それが簡単にできるようになってしまう暗算法がある。

現役の東大医学部6年生の岩波邦明さん(24)が考案した岩波メソッドだ。

「昨年末に思いつき、試しに塾に通う小学3年生と4年生の9人に教えてみると、3時間のトレーニングで15問すべて正解した子供が2人。6時間で全員2ケタ×2ケタの暗算ができるようになったんです」(岩波さん)

岩波さんは数学オリンピックで2度決勝に進み、大学入試センター試験で900点満点中881点を記録した、とびっきりの頭脳の持ち主。

この岩波メソッドを小学3年生以上向けにまとめた学習ドリル『6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算』(小学館)はNHKの情報番組『サキどり↑』(11 月6日放送)で紹介されると人気に火がつき、11月6日から3日間、アマゾンの書籍ランキングであのスティーブ・ジョブズ氏の伝記を抑えて1位を記録。あっという間に12万部を超えるベストセラーになった。

子供のころから算数好きだった岩波さんは、脳の働きに興味があり、東大医学部に進学した。人の病を研究するうち“社会の病”に興味を持ち、誰もが住みやすい社会にするにはどうすべきか考え、教育の大切さを改めて感じた。

「計算が素早くできれば物理や化学などの理系教科も得意になります。IT立国となったインドのように、数学ができる人が増えると、その国の科学技術が発展する。日本が技術立国の地位を高めるための優秀な人材の育成にもつながります。そういう人が増えれば、みんなが暮らしやすい社会に近づけると考えたんです」(岩波さん)

大学5年生のころから計算に特化した教育メソッド開発に臨んだ岩波さん。メソッドへのアドバイスをもらおうと、有名な脳科学者で、脳トレの提唱者である東北大学・川島隆太教授の研究室を訪れたときのこと。メソッド実行中の岩波さんの脳の動きを検査してもらうと、論理的なことに働く左脳と、芸術的なことに働く右脳がともに活発に働いていたのだ。

「絵を浮かべながら計算することで、脳全体を活性化しているようです。この働きにより、認知症予防への効果も期待できるようになりました」(岩波さん)

噂が広がり現在は小学生だけでなく、高齢者からの問い合わせも殺到している。

※女性セブン2011年12月8日号

関連記事

トピックス