スポーツ

中島裕之、川崎宗則、青木宣親ら今年の海外挑戦野手に低評価

いつにも増して海外移籍組やFA組が多い今年のプロ野球のストーブリーグだが、海外挑戦組は「人数は多いがレベルは低い」との評価が多い。

「全体的に小粒な印象。目立つのは“日本が国際舞台で戦えた”と自負しているWBC組の“勘違い”ぶりです。いくら優勝したとはいえ、野手のパワー・スピード不足は否めないし、投手は高校野球からの勤続疲労を米球界が嫌っている。松坂大輔(レッドソックス)らの失敗に加え、長びく不況のために、割高な日本人選手より中南米の選手に感心が集まっている」(MLBアナリスト)

実際、メジャーを目指す選手の話題はパッとしない。ポスティングでメジャー移籍に挑む西武・中島裕之は、本人より球団の方が「移籍金がいくらになるのか」とワクワクしているという。

「松坂で大儲けしたことが忘れられないのでしょうが、常識的に見て年俸はせいぜい3億円。昨年移籍した同じ遊撃手のロッテ・西岡剛(ツインズ)が期待外れだったため、中島も“連れ安”になっており、入札も大した金額にはならないはず」(スポーツジャーナリスト)

当然、海外FAを目指すソフトバンク・川崎宗則も辛口評価。

「線が細すぎる。流し打ち専門で2割6分の打者はメジャーでは通用しない」(メジャー球団スカウトの一人)

ポスティング移籍となるヤクルト・青木宣親も散々だ。

「ミートの上手さ、首位打者の実績は認めるが、メジャーの外野に求められるのはやはり長打力。内野手を獲るよりはマシだが、松井秀喜(アスレチックス)や福留孝介(インディアンス)が苦労しているのを見れば、年俸300万ドル(約2億5000万円)が相場だろう」(同前)

※週刊ポスト2011年12月9日号

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン