芸能

スザンヌと結婚・斉藤和巳の元妻 6畳一間アパートで生活中

福岡ソフトバンクホークスの優勝で沸き立つ福岡にまた一つめでたい話が舞い込んだ。同チームの元エースでコーチと並行して現役復帰を目指す斉藤和巳(34)と、“おバカ”キャラでお茶の間の支持を得るタレントのスザンヌ(25)の結婚だ。

2人は約2年前、知人を介して知り合った。もともと斉藤コーチはスザンヌの大ファン。友人関係から恋仲に昇華するのに時間はかからず、昨年の初めから交際をスタートさせていた。

190センチ以上の長身から150キロ超の速球を投げおろしていた元エースも、2007年に右肩を痛めて以降、実戦マウンドに上がっていない。

4年におよぶリハビリ生活を支えた末のゴールインに、芸能界は祝福ムードだ。

「とっても幸せな気持ち。花嫁修業して、いい奥さんになれるよう頑張ります」

スポーツ紙やワイドショーは、スザンヌの喜びの言葉を盛んに取り上げている。

だが、同じ福岡という街にいながら、そうした状況を複雑な心境で眺める女性がいる。2006年に離婚した斉藤の前妻・Nさんだ。

本誌記者がNさんのもとを訪ねると、静かな口調でこう答えた。

「既に離婚して時間もたっていますし、もうあの人とは関係がないので申し上げることはありません。ただ、私と娘が2人(斉藤とスザンヌ)の結婚の重荷になっているかのように報じられるのだけは違和感があります……」

Nさんはそれだけ語ると、黙り込んでしまった。友人の一人が事情を明かす。

「Nさんは、結婚の事実というよりもそれを報じたワイドショーに、強いショックを受けているんですよ」

友人によると番組では、斉藤が06年に離婚した前妻に多額の慰謝料と(娘の)養育費を支払わなければならない、それにもかかわらずスザンヌは愛を貫き献身的に支え続けたことなどが、美談調に語られていたという。再び友人が語る。

「多額の慰謝料や養育費といわれてますが、Nさんは離婚後、斉藤さんから1円も支払いを受けていないといっていました。それどころか母娘は母子手当をもらって生活している。(こうした報道がなされることで)あの母娘は、本当はお金を蓄えていると思われて(役所から)給付をとめられたらどうしよう、とNさんは嘆いていました。福岡はホークスの本拠地で、何かと人の話題にのぼりますからね」

現在、Nさんは福岡市内にひっそりと佇む6畳一間のアパートで長女とともに生活している。

※週刊ポスト2011年12月23日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト